【アーチャー伝説】死の大鎌の性能と使い方まとめ【入手方法やおすすめスキルも解説】

アーチャー伝説 死の大鎌 アーチャー伝説

この記事を読んで知れること

  • 死の大鎌の性能
  • 死の大鎌の使い方
  • 死の大鎌の入手方法
  • 死の大鎌のおすすめスキル
  • おすすめしないスキル

この記事ではアーチャー伝説の武器死の大鎌について解説しています。

実際に死の大鎌を使った感じですと火力は高いですが、癖のある武器ですね。

アーチャー伝説【死の大鎌の性能】

  • 攻撃力高い(145%)
  • 攻撃速度遅い(85%)
  • ノックバックあり
  • 攻撃力+5%、チャージ攻撃は貫通効果あり(レア)
  • 50%の確率で、HP30%以下の敵を即死させる(エピック)

死の大鎌は攻撃力が高い代わりに攻撃速度が遅めです。

しかしノックバックと高火力で、攻撃速度の遅さはある程度カバーしていますね。

強烈なノックバックのおかげで突進型モンスターは大して怖くありません。

蛇とかオオカミとか突進してくる間合いに入る前にノックバックし続けて倒せることも多々あります。

死の大鎌の最大の特徴はエピック以上で付与される即死です。

HP50%以下という条件付きですが、雑魚狩りがめちゃくちゃ楽になるんですよ。

モンスターを早く処理できるようになれば、攻撃を食らうリスクも下がるので弾幕の多いモンスターが湧きまくりのダンジョンにおすすめの武器です。

では死の大鎌の細かい性能について見ていきましょう。

 

攻撃力が高い

死の大鎌は攻撃力が高いです。

とはいえ攻撃速度が遅いのであまり火力を活かせていないな、という印象。

そのため攻撃速度ブーストを取ることで攻撃速度の遅さがカバーでき強力な武器になります。

スキルで「ピアーシングショット」をとると突進型モンスターを一気に削りきることができて楽になりますよ。

 

攻撃速度は遅め

死の大鎌の攻撃速度は遅めです。

なので取れるスキルで優先順位の高いものがなければ、攻撃速度アップをとるといいでしょう。

攻撃速度を上げることで死の大鎌の攻撃力を活かせるようになりますからね。

 

ノックバックあり

死の大鎌はノックバックが強めです。

そのためモンスターを近づかせない立ち回りが簡単にできます。

スキルで「ピアーシングショット」をとれば、持ち前の攻撃力を活かしつつ、ノックバックでモンスターを近づけなくするのでダンジョン内での立ち回りがさらに楽になりますね。

すでにノックバックが強いので、精霊のフクロウは必要ありません。

 

死の大鎌の使い方

死の大鎌はスキル次第でかなり強さが変わってきます。

攻撃速度が遅いので、良いスキルがないときは攻撃速度ブーストを取りたいところ。

死の大鎌はノックバックが強いですが、攻撃速度は遅いので遠距離攻撃メインのダンジョンには向いてませんね。

 

死の大鎌の入手方法

死の大鎌は以下の方法で入手することができます。

強力な武器なので手に入れられるタイミングがあれば入手しておきましょう。

 

レア度 入手場所
コモン ゴールデンボックス、ダンジョン内ドロップ、謎の商人
グレート ゴールデンボックス/黒曜石の宝箱、ダンジョン内ドロップ、謎の商人、融合(コモン×3)
レア 黒曜石ボックス、ダンジョン内ドロップ、謎の商人、融合(グレート×3)
エピック 黒曜石ボックス、謎の商人
パーフェクトエピック 謎の商人、融合(エピック×3)
レジェンド 融合(パーフェクトエピック×3)
エインシェントレジェンド 融合(レジェンド×2)

 

エピック以下の死の大鎌は宝箱やダンジョンで入手することができます。

しかし、パーフェクトエピックとレジェンド、エインシェントレジェンドは融合でしか手に入れることができないので、地道に集めていくしかないですね。

 

死の大鎌のおすすめスキル

死の大鎌のおすすめスキルについてまとめていきます。

死の大鎌は高い攻撃力とノックバックを活かしつつ、攻撃速度の遅さをカバーできるスキル選択がおすすめです。

 

マルチショット

マルチショットでは鎌を2つ飛ばせるようになります。

とはいえ攻撃力が2倍になるわけではありません。

マルチショットをとると攻撃力補正で約0.9倍になるので、合計1,8倍の攻撃力になるんですね。

マルチショットの大きなメリットはフロントアロー、ダイアゴナルアロー、サイドアロー、リアアローなどの他の矢が増えるスキルの本数まで増やせることです。

マルチショットをとると一気に手数を増やせるので、迷いなく取っていきましょう。

手数を増やすことで攻撃速度が遅いのをカバーできるので、マルチショットが出た時は迷う必要なしです。

また死の大鎌でマルチショットをとった場合、モンスターのノックバックが2回になります。

敵が近づけなくなるので、かなり立ち回りが楽になりますよ。

ダイアゴナルアローとマルチショットで半端ないダメージ量になるので、上記2つのスキルが取れたときはダンジョンクリアのチャンスです!

 

フロントアロー

フロントアローは前方への攻撃が1本増えます。

横並びで2本の大鎌が飛ぶようになるので、攻撃が外れるリスクを減らすことができ攻撃力を増すことが可能です。

ただし、単純に攻撃力が2倍になるわけではなく、1本あたりの攻撃力が75~80%程度になってしまうんですよ。

なので攻撃力は1,5倍程度に落ち着きます。

フロントアローを2回とると3本飛ぶようになりますが、左右のブーメランが当たらない可能性もあるので、フロントアローは1つとれればOKです。

 

ダイアゴナルアロー

死の大鎌でのダイアゴナルアローは優先順位が高めです。

ダイアゴナルアローは攻撃の倍率が等倍です。

フロントアローやマルチショットでは1撃のダメージが減りますが、ダイアゴナルアローは1本ごとのダメージが下がらないんですよ。

なので、死の大鎌のダイアゴナルアローで3本ともモンスターに命中した場合攻撃力は3倍になるんです。

とはいえ死の大鎌ではちかづくメリットがあまりありません。

死の大鎌は攻撃速度が遅いのでモンスターに近づかれると攻撃することなく移動が多くなります。

火力が落ちてしまうので、ダイアゴナルアローを3本当てるのはドラゴンのような場所が固定されてるボス戦になるんですね。

そのためマルチショットやフロントアローよりも優先順位は低めです。

ですが強力なスキルなことに変わりはないので、とるものがないときは取っていきましょう。

 

 

ウォールバウンド

ウォールバウンドで壁に跳ね返った後の攻撃は攻撃力が50%になります。

ですが死の大鎌には強いノックバックがついているので、壁でバウンドした後でもノックバックできるんですね。

そのためサイドアローやダイアゴナルアローと組み合わせて壁にぶつけると様々な方向からの攻撃でモンスターを足止めできるようになります。

死の大鎌とウォールバウンドは相性がいいのでスキル選択で出てきたら取りましょう。

 

 

跳ね返り

跳ね返りはモンスターが2体以上いるともう一体のモンスターに向かって跳ね返っていきます。

死の大鎌は攻撃速度が遅いので、攻撃の手数が増えるタイプのスキルとの相性がいいんですね。

火力アップのためにスキルの選択肢に出てきたら取りましょう。

 

 

攻撃速度ブースト

攻撃速度ブーストをとることで死の大鎌の高い攻撃力を活かすことができます。

攻撃力の高さとノックバックを活かすことで、ノックバックしている間に倒せるようになるんです。

攻撃速度ブーストは優先順位が高くないので、上のスキルが出てこなければとってもいいでしょう。

 

 

ピアーシングショット

死の大鎌に貫通を付与することで即死の効果が高まります。

HPを一気に削りつつ1回の攻撃で複数モンスターに即死判定を付けられるので、さらに雑魚狩りが楽になるんですね。

 

おすすめしないスキル

では死の大鎌でおすすめしないスキルについても見ていきましょう。

 

ヘッドショット

死の大鎌にはエピック以上で即死効果がついています。

そのためヘッドショットをとるぐらいなら他のスキルをとったほうがいいです。

ヘッドショットで即死効果を強化してもボスには効果なしなので、役に立つシーンは他の武器に比べても少ないですね。

 

 

まとめ:アーチャー伝説の死の大鎌は強い。攻撃力とノックバックを活かして近づかせないようにしよう。

アーチャー伝説 死の大鎌 まとめ

死の大鎌はノックバックが強力なためうまく立ち回ればモンスターが近づいてこれなくなります。

近距離モンスターの多いダンジョンで活用していきましょう。

ノックバックしまくりで楽しい武器ですよ!

 

 

 

コメント