【アーチャー伝説】黄金のチェストプレートの評価は?性能と使い方まとめ

アーチャー伝説 黄金のチェストプレート アイキャッチ アーチャー伝説

この記事を読んで知れること

  • 黄金のチェストプレートの性能
  • 黄金のチェストプレートの使い方
  • 黄金のチェストプレートの入手方法

この記事ではアーチャー伝説の防具・黄金のチェストプレートについて解説しています。

実際に黄金のチェストプレートを使った感じですとステータスの燃焼でダメージを稼げる攻撃的な防具ですね。

【アーチャー伝説】最強の防具(鎧)ランキング一覧【2021年版】
アーチャー伝説の最強防具ランキングについてまとめています。随時更新していくので参考にしてみてください。

アーチャー伝説【黄金のチェストプレートの性能】(パーフェクトエピックレベルMAX時)

アーチャー伝説 黄金のチェストプレート ステータス

  • 最大HP+3873
  • ダメージ耐性+5%
  • ハートの回復効果+20%
  • 燃焼ダメージを近くの敵に与える

黄金のチェストプレートは部屋に入ったら近くの敵を燃焼で攻撃することでダメージを稼げる防具です。

黄金のチェストプレートの攻撃のメリットはファントムマントとは違い、自動で攻撃できるということですね。

めちゃくちゃ強いわけではありませんが、じわじわとダメージを増やせるのはいいですね。

しかし、黄金のチェストプレートに付いている「ダメージ耐性+5%」は微妙。

10%あれば他の防具よりも耐久力が高められましたが、5%なので後半のステージになればほとんど効果を感じられなくなるでしょう。




黄金のチェストプレートは耐性をあげるヒーローとの相性良し

アーチャー伝説 黄金のチェストプレート ローラ

黄金のチェストプレートは耐性を上げるヒーローとの相性も良いです。

ダメージ耐性は5%しかアップしませんが、弾耐性や接触ダメージ耐性を持つヒーローを使えばダメージを一気に減らせます。

弾耐性アップできるヒーローは、フォレンですね。

フォレンはレベル40で弾耐性を15%アップするので、黄金のチェストプレートのダメージ耐性+5%との合計で20弾耐性を%アップできます。

弾限定ですが、20%もダメージを抑えられれば結構違いますよね。

弾が多いステージで活用できるでしょう。

【アーチャー伝説】フォレンの評価は?【スキルやステータス解説】

接触ダメージ耐性はローラが持っています。

ローラの接触ダメージ耐性は20%なのでこちらは合計25%アップさせることができます

ローラは遠距離攻撃がやばいときはあえて近くの敵に突撃してダメージを減らすという立ち回りも可能になります。

ローラ自体が強いヒーローなので、後半のステージでも使えますからいいんじゃないでしょうか。

【アーチャー伝説】ローラの評価は?【スキルやステータス解説】

【アーチャー伝説】ローラの評価は?【スキルやステータス解説】
アーチャー伝説のローラの評価をステータスとスキルを通してまとめています。ローラは単純に火力が高く使いやすいヒーローなので参考にしてみてください。




 

黄金のチェストプレートの入手方法

黄金のチェストプレートは以下の方法で入手することができます。

強力な武器なので手に入れられるタイミングがあれば入手しておきましょう。

 

レア度 入手場所
コモン ゴールデンボックス、ダンジョン内ドロップ、謎の商人
グレート ゴールデンボックス/黒曜石の宝箱、ダンジョン内ドロップ、謎の商人、融合(コモン×3)
レア 黒曜石ボックス、ダンジョン内ドロップ、謎の商人、融合(グレート×3)
エピック 黒曜石ボックス、謎の商人
パーフェクトエピック 謎の商人、融合(エピック×3)
レジェンド 融合(パーフェクトエピック×3)
エインシャントレジェンド 融合(レジェンド×2)

 

エピック以下の黄金のチェストプレートは宝箱やダンジョンで入手することができます。

しかし、パーフェクトエピックとレジェンド・エインシャントレジェンドは融合でしか手に入れることができないので、地道に集めていくしかないですね。

効率的に防具を手に入れたいなら「飛び交う銃弾」と「ヒーロー部隊」は確実に攻略していきましょう。

【アーチャー伝説】飛び交う銃弾攻略【装備を大量ゲットせよ】

【アーチャー伝説】ヒーロー部隊攻略!無課金でもクリア可能!




まとめ:アーチャー伝説の「黄金のチェストプレート」はダメージ耐性をつけつつ燃焼で攻撃もする両対応の防具

黄金のチェストプレートはダメージ耐性を上げつつ敵に攻撃する攻守揃った防具です。

しかし、ぶっちゃけめちゃくちゃ強いわけではない防具なので黄金のチェストプレートと同じレア度の「巧みのベスト」や「虚無のローブ」を使った方がいいでしょう。

 

コメント