筋トレの後に有酸素運動!プロテインはいつ飲めばいい?

ダイエットを目的とした場合筋トレを行った後に有酸素運動を行うことがありますよね。

筋トレの後はプロテイン!って思っている人もいるんですがじゃあプロテインいつ飲むん?って感じです。

いつでもいいんちゃう?って思うかもしれませんがタイミングによってはダイエットの効率が悪くなってしまうかもしれないんですね。

それじゃあせっかくの運動がもったいないですよね!

今回は筋トレと有酸素運動をする場合プロテインをいつ飲めばいいのか?について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

プロテインのタイミングはいつがいいのか?

先に筋トレ?有酸素?

まず筋トレを先にするか有酸素運動を先にするかという問題がありますよね。

これはトレーナーによっても意見が分かれたりするんですが、基本的には筋トレの後に有酸素運動を行うという順番で大丈夫です。

筋トレを先に行うことで成長ホルモンの分泌量が高まるんですね。

成長ホルモンには脂肪分解作用があってその後に有酸素運動を行うことで、脂肪分解をしっかりと進めることができます。

また有酸素運動で効率よく脂肪が使われるのは20分程度運動してからですが、筋トレを先にすることで有酸素をスタートした瞬間から脂肪を燃焼することができるんですね!

有酸素運動自体はかなり速いスピードで走らない限り時間に対しての消費カロリーはあまり高くありません。

筋トレは短時間でカロリーを消費できるのでカロリー消費の面からみても筋トレ後に有酸素運動を行うことはオススメです。

ただし有酸素運動は筋トレで疲れたからといって軽すぎては意味ないので心拍数をできるだけ7割を保つようにしましょう!

そうすればどんどん痩せていきますよ♪

トレーニングの目的は?

まず運動を始める目的はなんでしょうか?

筋肉を付けていきたい場合とダイエットで脂肪を減らしていきたい場合は行うトレーニングが違ってきます。

筋肉をつけたい場合

細マッチョになりたいという場合は有酸素運動なしでまずは筋トレをしましょう。

筋トレをしていくと正しい方法だったらしっかりと筋肉がついていきます。

ですが効率よく筋肉を大きくするには消費カロリー<摂取カロリーの状態でないといけないんですね。

ということは多少なりとも脂肪はついてしまうんですね。汗

本格的に体作りをしている人は筋肉をつけるための”増量期”と筋肉をできるだけ維持しながらついてしまった脂肪を一旦落とす”減量期”にわけて理想の身体に近づけていっています。

ダイエットしながら細マッチョを目指すのはあまり効率が良くないんですね。汗

女性でちょっと綺麗な身体になりたいという場合はあまり気にしなくても大丈夫ですが、男性の場合は覚えておくと効率よく理想の体に近づけますよ♪

体脂肪率を下げたい場合

ダイエット目的で体脂肪率を下げたい場合は筋トレの後に有酸素運動を取り入れると早くから効果が出てきやすくなります。

さっきも書いたように短時間で消費カロリーが増えたり、成長ホルモンの分泌を増やせるからですね!

成長ホルモンは高負荷のトレーニングで分泌量が増します。

上手く利用してがんがん体脂肪率を下げていきましょう!

ダイエットが目的ということは食事制限をしている場合が多く消費カロリー>摂取カロリーの状態です。

なのであまり筋肉がつきやすい状態ではないため、筋トレは痩せやすくなるのと筋肉の現状維持のためになります。

筋肉を増やしたいときはやっぱりしっかりと食べないといけませんね♪

プロテインのタイミングは?

では目的によってトレーニングの内容を変えるとしたら有酸素運動の後にプロテインがいいのか筋トレ後かいいのか?ということになります。

結論からいうとプロテインの摂取は筋トレと有酸素運動の後の完全にトレーニングが終わってからでいいでしょう。

理由としては

  • 心拍数が下がる
  • プロテインにも糖質は含まれている
  • 血流が分散される

というものがあります。

心拍数が下がる

筋トレは高負荷で行った場合無酸素運動なのでかなり心拍数が上がっています。

少し休憩して心拍数を自分の最大心拍数の7割程度になった状態で有酸素運動を始めると効率的に脂肪を燃焼できるんですね。

ですが一旦プロテインを飲む時間を作ってしまうとその間にどんどん心拍数は下がってきてしまいます。

インターバルが長すぎてほとんど普段の心拍数まで下がっているとまた上げることから始めないといけないので身体への負担も大きいですし、脂肪燃焼が効率よくないんですね。

プロテインには糖質も含まれている

プロテインは英語でタンパク質のことですが、商品としてはタンパク質以外に糖質やビタミンなども含まれているんですね。

糖質が含まれているのはトレーニング後に糖質を摂ることで疲労回復が早まるためなどあります。

ですが糖質をトレーニング中に摂ってしまうとまたその糖質を消費するまでに時間がかかります。

もう脂肪使える身体の状態になってるのにもったいないですよね!

糖質制限中でもうトレーニングするエネルギー残ってないという場合はいいかもしれませんが、できるだけトレーニング中に糖質をとるのは避けたいところです。

血流が分散される

筋トレと有酸素運動を行うと胃などの内臓に行き渡る血液が少なくなって全身に行き渡るようになります。

ですがプロテインももちろん消化吸収が必要なのでトレーニング中に摂ると内臓に血液送らないといけないし、筋肉とかにも送らないといけないってなるんですね。

結果両方中途半端になってプロテインはうまく吸収できないし、血液不足で胃痛くなって走れないとか散々なことになりかねません。汗

プロテインはトレーニングが完全に終わってから飲むようにしましょう!

プロテインは栄養面もいい

プロテインってがっつり筋トレをする人が飲むイメージですよね。

ですが実は栄養面から考えてもめちゃくちゃいいものなんですよ♪

現代人は忙しいとかめんどうとか色々理由をつけてコンビニ食が多いです。

ですがコンビニ食は栄養が偏りやすいんですね。

炭水化物はめちゃくちゃ多いですが、タンパク質やビタミンやミネラルはなかなか摂りづらいんです。

そこでプロテインの出番なんですね!

プロテインはタンパク質以外にもある程度ビタミンが含まれています。

食事制限で栄養不足にならないためにも効果的なんですよ♪

ちなみに夜遅く夕食を食べて寝ると太るので仕事が遅い日はプロテイン飲んでお風呂入って寝る生活をしていますが、体調は良く体重も増えない状態をキープできてますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロテインは筋トレと有酸素運動を終わらせてから飲むのがトレーニング中は効果的です。

しっかりと飲んで疲労回復や筋肉の修復を早めましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする