水中ウォーキングがダイエットに効果的な3つの理由

痩せたい!と思っても腰や膝が痛くて運動がなかなかできないという人がいます。

膝に怪我をしている場合でも陸上でウォーキングやジョギング、エアロバイクをするのは結構勇気がいりますよね。

無理に運動をすると余計に症状が悪化する場合もあります。汗

そんなときに運動できるかも?と思わせてくれるのが水中での運動です。

今回は水中ウォーキングについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

水中ウォーキングがダイエットに効果的な理由

陸上のウォーキングに比べて消費カロリーが2倍以上

陸上と違って水中ではめちゃくちゃ水圧がかかっています。

浅いプールでも水面で浮いているよりも、潜っている方がつらいですよね。

それだけ多くの水圧が体にかかってるってことです。

陸上と違って水圧がかかることで同じ動作をしても消費カロリーが全然違ってくるんですよ!

どれくらい違うかって言うと2倍以上違う場合もあります。

2倍というと普通に外をウォーキングした場合は1時間かかって消費できるカロリーを30分で消費できるってことです。

陸上で2時間のウォーキングかかるカロリーも水中だったら1時間で消費できるんですね!

すごい差だと思いませんか?

2時間運動できる人なんてかなり少ないと思います。

でも1時間だったら運動できるよって人はかなり増えると思うんですね。

体の膝や腰に負担が少ない

長時間の運動でも体に負担になりにくいし、年齢による膝の痛みも水中ではましになるのでダイエットには効果的です。

なによりプールで運動するのって精神的な負担がすごく軽いんですよ。

ウォーキング1時間だったらまだかなーって気になって結構疲れます。

ですがプールだったらいつの間にか1時間経っていたりします。

肉体的にも楽だし、プールは大きいのでたくさんの人と一緒に楽しく運動できるからいいんですね!

楽しく運動した方がダイエット中の食事制限とか運動のストレスを解消することができます。

今まで一人でウォーキングしてた人は一度試してみると面白いですよ♪

全身の運動になる

水中では全身を結構頑張って動かすことになりますよね。

水が全身にまとわりついてるのでその分力をこめないと動けないわけです。

といってもめちゃくちゃ頑張らないと動けない、というわけでもないので気づかないうちにかなり全身の筋肉を使うことができています。

運動不足が1年ぐらい続いた年に海やプールに行った次の日は全身筋肉痛になったりしませんか?

それぐらい水中では筋肉を使ってるってことなんですね♪

水分不足には気を付けて!

プールは冷たいので汗をかかないと思われがちですが実はかなり汗をかいています。

まあ陸上で運動するよりハードなので当然ですよね。

でも水が冷たいし洗い流されているので気づかないうちに水分不足になってしまうことがあるんですね。

温水プールだと温かいので余計に汗をかく量は多いです。

水分不足に気づかないで水をとらないとダイエットがうまくいかなくなるのはもちろん、健康にも影響が出てくるので頻繁に水を飲むようにしましょう。

脱水症状にもなりかねないので水中ウォーキングなど水中で運動するときは水を飲む、ということを覚えておくといいですね。

陸上で運動しているときは水飲まないと、ってすぐ気づくんですが水中だと結構気づきにくいんですよね。汗

水がダイエットには効果的!?水の重要性を知ろう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

水中ウォーキングはかなり短期間で痩せることができます。

プールにいかないといけないという面倒さはありますがそれ以上にメリットが大きいので是非ためしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする