たるんだ二の腕をどうにかしたい!簡単にできる3つのトレーニング方法

学生の頃は自転車通学だったり部活をしていたから全く気にしていなかった体の状態。

20歳を過ぎて気づいたら二の腕がたるんたるんに。

おい、やべえ!って思ったもののもうすでにたるんでた、という経験ありませんか?

運動をしなくなるとすぐに体はだらしない方向に進んでいきます。

まあ人間ほっておくと楽な方に動いてしまうので仕方ないんですが。汗

でも二の腕がたるんでる!って気づいたらほっとくわけにはいかないですよね?

今回はたるんだ二の腕を若い頃のより引き締まった状態に戻す方法を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

たるんたるんの二の腕撃退!

二の腕のたるみは運動不足

まあわかってると思うんですが二の腕がたるたるになってしまうのは、運動をあまりにもしていないからです。

ただ足の筋肉とかと違って結構使われていない筋肉なんですね。

何かを持ち上げる時とかは”力こぶ”って言われている辺りに力が入ってます。

でもその裏側の”二の腕”と言われてるところに力を入れることってあまりないんですよ。

二の腕の筋肉に力を入れるときというのは”物を押す”時です。

あんまり押すことってないですよね?

日常であるのは片手で戸を開けたり閉じたりするぐらい。

意識していないとすぐに筋肉が落ちていってしまう部分なんです。汗

なので二の腕のたるんたるん撃退のために運動していきましょう!

二の腕の鍛え方

二の腕はダイエットして痩せてもなぜか引き締まらないということがありますが原因は筋肉不足です。

皮だけになるほど痩せたら関係ないですがある程度健康に痩せても残ってしまいやすいので、しっかりと運動して筋肉をつけて引き締めていきましょう。

試してみて簡単な順で乗せてみました。

完全に運動不足だという人の場合一番最初の運動だけでも充分に引き締めることができます。

3つ目は結構きついですね。汗

大切なのは毎日続けることです。

二の腕は普段使われにくいのでたるみやすいですが使えば使うほど引き締まってきます。

運動が面倒だという人は最初はストレッチから始めてもよいです。

ストレッチを習慣にしてから運動の習慣をつけていくんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は二の腕のトレーニング方法についてでした。

どのトレーニングもダンベルなどの器具を使っていないので気軽に家でいつでもできます。

毎日決めた時間帯にトレーニングすることで忘れずに習慣にすることができます。

習慣になればトレーニングするのが当たり前になってどんどん綺麗になっていきますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする