大胸筋を鍛えるためのトレーニングを4つ紹介!

by Pablo TorresCosta

胸筋って鍛えにくいですよね。

腕立て伏せをするものの正しいフォームでやってないとほとんど腕の後ろ側がトレーニングされて胸にはほとんど効果がなかったり。

ダンベルトレーニングはまずダンベルを買わないとできないですし。

でも胸筋て結構大切ですよね。

人と会ったときは顔とか上半身を見られることが多いです。

足元とかもみますが一番最初に太ももから見るってあまりないですよね。

男性の場合特にしっかりと鍛えられた胸筋があればかなりかっこよく見えます。

女性でも鍛えるとバストアップなど色々といい効果がありますよね♪

今回は胸筋を大きくするためのトレーニング方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

大胸筋を鍛える

よく胸筋って言われているのは主に”大胸筋”という筋肉です。

大胸筋をトレーニングして大きくすることで効果があるんですね。

大胸筋のトレーニングは色々ありますが大きくするって意味で一番効果があるのはやっぱり筋トレですよね♪

どんどんトレーニングしていきましょう。

大胸筋の筋トレ

バランスボールを使ったトレーニングですね。

椅子に座る必要はなくバランスボールを押しつぶすようにトレーニングすればテレビの前に陣どってバラエティなり映画なりを観ながらでも鍛えることができます。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

大胸筋を鍛えようと思ったらまず考えるのが腕立て伏せです。

なんとなくやってると胸あたりは全然疲れなくて腕の後ろ側ばかり疲れてくると思います。

腕立てはかなり一般的にも知られていますが正しいフォームで行わないと全然大胸筋を鍛えられないので注意しましょう。

器具なしから始められるので家で簡単にできてオススメです♪

もしもっと追い込みたいって場合は器具を買ってみるのもありですね!

トータルフィットネス(TotalFitness) プッシュアップバー STT020

同じように腕立て伏せですが角度を変えることで大胸筋の上の方を鍛えることができます。

普通に腕立てをするだけだと大胸筋の上の方と下の方はあまり鍛えられないので意識的に鍛えていく必要があるんですね。

今度は大胸筋の下部を鍛えるトレーニングですね。

動画では公園の遊具を使ってトレーニングしてますが、家でもできます。

椅子の背もたれとか使ったらできますよね♪

ただ椅子は不安定なので誰かに座っといてもらったり一人暮らしだったら椅子に物いっぱい置いて重りにしてから行いましょう。

筋トレしてて怪我したら意味ないですから。汗

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大胸筋を鍛えることは家でも可能です。

ボディビルを目指すとかだったらしっかりとジムで鍛えないといけませんが、ダイエットや多少の細マッチョならなれるんですね。

しっかりと追い込んでどんどんトレーニングしていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする