ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

水分不足はダイエットの大敵?水の効果知って上手く活用していこう!

      2017/01/23

 

 

水、ちゃんと飲んでいますか?

のどが渇くまで飲まないという人は常に水分不足な状態です。

 

水分不足だと体に色々な悪影響があるんですね!

もちろんダイエットにとっても水分不足は大敵です。

 

今回はダイエットにとって水分不足はどのように関係しているのか?について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

水は代謝を上げる

 

 

水分をしっかりとっていると代謝を上げることができます。

正確には普段が水分不足の状態だと下がっている代謝を元に戻すことができる、ということですね。

 

代謝とは欲しいものを体内に取り込みいらないものは外に出すことです。

水分をしっかりととっていると問題なく流れている血液ですが、体内の水分が足りていない状態だと当然血液はサラサラじゃなくなっていくんですね。

 

そうすると血液が全身に回りにくくなってしまって体内の色々な場所にたまっている老廃物を取ってくることがないし、栄養素も行きわたりにくくなってしまうんですね。

 

成人の血管の長さは合計10万mあると言われています。

全く想像もできない長さですよね。汗

 

このものすごい長さを血液をしっかりと巡らせないといけないということを考えると、サラサラな血液かドロドロの状態の血液か、の差は大きいということがなんとなくわかると思います。

 

代謝が上がると体温も上がるのでそれだけで以前よりダイエット効果があります。

体温が1℃上がると代謝は12%アップすると言われているので何もしていない状態でも痩せやすい体になるんですね。

 

12%も下がっている状態と普通の状態でダイエットをするとしたら、かなりの差が出ると思いませんか?

 

 

やらないと損!?代謝を上げて楽に痩せる8つの方法

 

 

水を飲むことで得られる効果

 

 

便秘改善

 

 

水分不足だと便から水分が出ていくのをできるだけ防ごうと必要以上に水分がとられて便が硬くなってしまいます。

その結果便秘になるんですね。

 

便秘になったら今度はその便からさらに水分が吸収されてしまうという悪循環。

この状態だと食物繊維が便をカサ増しするための水分もないため意味がなくなってしまうんですよ。汗

 

 

便秘の原因は運動不足も!?解消するための6つの方法

 

 

 

頭痛改善

 

 

血液がドロドロになることで血行不良が起こります。

勉強やデスクワークで動かないときでも1時間にコップ1杯程度は水を飲むようにして対処していくといいですね!

 

頭痛が起きると1日の効率がものすごく落ちますし、もっと悪ければ1日中頭痛で何もできなくなることもありますよね。

なので早め早めに対処していきましょう。

 

 

 

美肌効果

 

 

便や尿から老廃物がしっかりと出されるようになるため美肌にも効果があります。

ニキビや吹き出物といった肌荒れは体から老廃物が出るためにできることもあるんですね。

 

また乾燥肌などで悩んでいる場合は水分不足も関係があるかもしれないので水意識的に飲んでないなーと思った場合は水を飲むようにしてみましょう。

 

 

 

筋肉痛の改善

 

 

運動すると筋肉に疲労物質がたまり使った筋肉は破壊され炎症を起こします。

この状態で筋肉痛が起こるわけですが水分不足だと熱をとれないため炎症が抑えられず、回復に必要な栄養素もなかなかうまく運べないんですね。

 

結果筋肉痛が長引いてしまうことになってしまいます。

 

筋肉痛が長引くと次のトレーニングができなかったりやったとしても強度を落とすことになり効率良くトレーニングできなくなってしまうので、筋トレやジョギングをする場合は筋肉痛を早く解消するためにも水分摂取をしっかりするといいでしょう。

 

 

 

ダイエットにも効果的!

 

 

冷え性も血行不良が原因の場合があります。

水分不足で血行不良の場合は水を飲んで血液をサラサラにすることで全身に熱も送ることができて冷え性が改善されるんですね。

 

水を飲むことで代謝が30%アップすることもあるのでダイエットにはかなり効果的ですね!

 

 

 

バストにも影響が!?

 

 

これも血行不良が関係している場合有ります。

水分不足で冷え性だったり血行不良が起こっていることで胸にしっかりと栄養素が送れていない可能性があるんですよ。

 

また体温が低いとホルモンもしっかりと活動してくれないためバストの成長も止まっている可能性があります。

もちろん他にも猫背だったり全身のストレッチ不足で凝りが生じて血行不良になっていることもあるので、ひとつの原因として思い当れば試してみてほしいですね!

 

 

テストステロン増加

 

 

水分不足の場合は水をしっかり飲むことでテストステロンを増やすことができます。

 

男性ホルモンであるテストステロンは男女ともに分泌されていて脂肪分解ややる気を高めてくれる作用があります。

テストステロンが高い人の方が何もしなくても太りにくいというわけです。

 

またテストステロンが低下するとやる気も出にくくなってしまい筋トレやジョギングなどのトレーニングをやる気にもなりません。

それどころかダイエットとかどうでもいいかと思いだす原因になったりもするのでしっかり水分補給をするようにしていきましょう。

 

 

テストステロンを減らす原因は?知れば防げる8つの理由

 

 

 

効果的な水の飲み方

 

 

1日に2ℓを目安にコップ1杯の水を小分けにして少しずつ飲みます。

1度に吸収できる量はだいたい200cc程度らしくこれ以上の量をいっきに飲んでも体内に吸収されずに出ていってしまうので意味がないのです。

 

運動するときや夏場の暑い時期は3ℓ飲んでも大丈夫です。

ただこの場合もゆっくり飲むようにしましょうね♪

 

あまり飲みすぎるとむくむんじゃないか?と言われるかもしれませんが、飲む量を増やして少しの間はむくむ可能性があります。

普段毎日水分不足の状態だった人が急に水分補給をしっかりし始めたのが原因です。

 

ですがこれは今よりも健康に向かうための途中なので全然気にしなくていいことなんですね♪

なので体がしっかりと水分をとっている状態に慣れるとむくまなくなってくるので最初だけです。

水分が上手く使えるようになってくると体調が良くなりますよ。

 

何日かかるかは個人差がありますが慣れてくるとむくみもなくなって老廃物も前より出ていくので身体もスッキリして楽になってきます。

 

むくむから嫌だという人は今までに2ℓ以上の水を飲む生活を1週間以上やってみたことがありますか?

やったことがない人は一度試してみてください。

 

2ℓ飲んでいる状態が普通になってくると2日ほど飲まないとだるくなってきます。

あー前はこんなしんどい状態が普通だったのか、と思いますよ。笑

 

水分補給をするときの場合の水分とは水や麦茶などカフェインを含まないカロリー0のものでコーラや酒などのいわゆる嗜好品は含みません。

一番いいのは水ですね!

 

カフェインやアルコールには利尿作用があるので飲んだ分水分が外に出ていってしまうんですね。

1ℓのビールを飲むと1.1ℓの水が出ていくそうです。

 

これじゃあ体内の水分量は減っていますよね。汗

水分はできるだけ飲んでたくさん出してしまうことが大切です。

 

 

 

 

食事前に水分を摂ると量を控えられる

 

 

お腹が減った時に飲むと空腹感がまぎれてダイエットのとき役に立ちます。

水が胃に残っているとあまり食事も量を食べられなくなるので食事制限も少し簡単になりますよ♪

 

冷たい水は吸収が早いので運動をしているときに飲むといいですが、胃に負担がかかります。

普段は吸収をゆっくりにして胃への負担を少なくするために常温かぬるめの水をのみましょう。

 

のどが渇いたと思ったときはすでに少し脱水気味なので渇く前からすこしずつ飲むといいです。

 

水分はもちろん食事からもとっています。

ですがダイエットで食事制限をしているときはいつもよりとれていないので意識的に水を飲む量を増やすといいですね♪

 

 

 

まずは一日一杯増やすことから

 

 

2ℓの水をいきなり飲み始めるというのはかなり難しいので少しずつ量を増やしていくのが良いと思います。

普段水なんてほとんど飲まないよ、って人の場合はとりあえず今週は朝起きたらコップ一杯水を飲むようにする。

次の週は朝と寝る前にも飲むようにする。

 

というように毎週1杯ずつ飲む量を増やしていくと2か月後には1,5Lは飲めるようになっているはずです。

少し時間はかかりますがこの方法だとむくむ可能性も少ないですし飲むタイミングを決めているので忘れにくく習慣にしやすいんです♪

 

後は普段コーヒーやジュースを飲んでいるのなら少しずつ水に変えていくとかすると無駄に糖質を摂らなくなるのでダイエットにはめちゃくちゃいいです。

 

 

 

運動をした後はしっかり水分補給

 

 

運動直後に体重を量って1kg減った!とか言って喜んでいる人がいますが実際はほとんど減っていません。

1kg減ったほとんどは汗で水分が減ってしまっているからなのでしっかりと水分をとることが大切です。

 

ここで水分をとらないと脱水症状になってしまって最悪の場合は死に至る可能性があるのでとても危険です。

 

水分をとるとほとんど元の体重に戻ってしまうのですが問題はないです。

水自体にカロリーはないので体重がほとんど戻っても運動ではしっかりと脂肪が使われているので脂肪が増えてしまうということはありません。

 

脂肪は1gで9kcalのエネルギーになります

たとえば、一回の運動で300ckal消費したとしても30g程度しか減っていないんですね。

 

だからと言って運動をせずに極端な食事制限だけで痩せようとするのは基礎代謝が下がってしまう原因になるのでオススメできません。

 

もし運動して水飲んでを繰り返して体重が増えていってしまう場合は原因は水ではないと思います。

 

運動したことによってちょっと運動したから大丈夫、と思って食べる量を増やしてないですか?

さっきも書いたように1回の運動で脂肪が燃焼される量は多くないです。

 

ですので油断していつもよりも食べてしまうと結局増えてしまうんですね。

食べる量を増やしていないのに増える場合は元の食べる量が多すぎるか代謝が低すぎてまだ体内の水分をうまく排出できていない可能性があります。

 

代謝が低い場合はしっかりと水分をとって運動を続けていくことで代謝は徐々に上がっていくのでとにかく継続すること!

 

綺麗に痩せて体型をずっとキープできている人と痩せたり太ったりとリバウンドを繰り返している人の差は運動をしているかどうか、です。

 

ダイエットに運動は切っても切れないので少しずつ習慣にしていきましょうね。

その時の水分補給もしっかりと!

 

 

 

まとめ

 

 

水分不足はダイエットにとっても避けたいことですが健康保つため絶対に避けたいことです。

自分の思っている以上に飲まないといけないので最初は辛いかもしれませんが慣れてくると結構余裕です。

 

続けていきましょう!

 

 

よければ「水を飲むだけでダイエット!?苦労せずに痩せやすい体を手に入れる方法」を合わせて読んでみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - ダイエット