ダイエットの成功率を上げるために知っておきたい12のこと

ダイエットの成功率って知ってますか?

実はあなたが思っているよりもっと低いんですよ!

でも周りに細い人いっぱいいるしなーって感じだと思います。

元から痩せてた人もいればダイエットに成功して痩せた人もいます。

ですがもっとよく見てください。

服で隠れてるだけの人めちゃくちゃ多いんですよ!

今回はダイエットの成功率を高めるために知っておきたことについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダイエットの成功率を高めるために知っておきたいこと

ダイエットに成功する人は始めた人の1割以下

実は最終的にダイエットに成功した!と言える人はダイエットを始めた人のうちたった1割しかいないそうです。

100人がダイエットしたら10人以下しか成功しないことになりますよね。

ダイエット成功の基準が一旦痩せたのか痩せた後維持している状態を言ってるのかがわからないですが。汗

といってもこれだけダイエットに成功しないということはやはり体重を減らすということが誰でも難しいということがわかります。

基礎代謝は年々下がっていく

基礎代謝は年々下がっていきます。

20代の基礎代謝は男性が1500kcal、女性が1200kcal程度です。

30代になるとそこからさらに100kcal程度下がります。

もちろん人によって筋肉量や体重が全然違うので正確な数値を出すことはできませんが、基礎代謝が100kcal減るって相当ですよね。

1日だったら100kcalなので大したことないですが1年経つと36500kcalになるんです。

体重でいうと5kgも差が出てしまうんですね。汗

基礎代謝の減少によって太るのを防ぐために筋肉を付けたり健康的な生活を送って基礎代謝を維持、向上していかないといけません。

自分が太った原因を知る

あなたが太ってしまった原因は何でしょうか?

食べ過ぎ?睡眠不足?運動不足?ストレス?色々ありますよね。

ストレスが原因で食べ過ぎたとか食べ過ぎてはいないけど、運動してないから消費カロリーが少ないとか。

原因がわからなければ今以上に太らないための対策を立てられないのでダイエット計画を立てることができません。

ストレスが原因だったらストレス解消しないといけませんよね。

まずはあなたが太った原因について考えてみましょう。

考えて掘り下げてみると思わぬところに原因があることも。

なぜ痩せたいか?を明確にする

あなたが痩せたい理由はなんですか?

「痩せたいから。」とか「なんとなく。」は理由としては弱すぎます。

あいまいで弱いダイエットの理由はいざダイエットを始めて辛くなったときにあなたを支えてくれないんですね。

明確で強い理由を作りましょう。

「痩せたい」といっても痩せたい理由がありますよね。

彼氏(彼女)が欲しいとか痩せてファッションを楽しみたいとか。

自分が強く願っていることを心の中から出してきて明確にすることでダイエット中挫折しそうになっても「痩せて今年中に絶対彼氏作るんだ!」って感じで差さえになってくれます。

ダイエットのことを考えなくていい環境を作る

ダイエット中はあまりダイエットを意識しない環境を作るといいでしょう。

隣にお菓子があれば「ダイエット中だから絶対食べたらダメ!」って我慢しないといけませんよね。

仕事帰りにコンビニでお菓子を買えるお金を持っていればつい寄りたくなってしまいます。

隣にお菓子がなければわざわざ我慢する必要がないですし、財布にお金が入ってなければ買いたくても買えません。

夕食を作るのが面倒でついコンビニに頼りがちな人は朝食を作るついでに夕食のおかずも作っておきましょう。

そうすればもう帰ったら夕食があるのでコンビニに寄る理由がなくなります。

朝に夕食を作るのは面倒ですがダイエットを挫折させる誘惑に勝つためにはこういった方法もあるんですね。

夕食後に夕食の準備をしておけば朝は調理するだけで良くなるので、少し気が楽になります。

身体には元に戻ろうとする機能がある

身体はとにかく元に戻ろうとする機能があります。

勉強を始めたのに数日後にはだらだらテレビを観ていませんか?

早起きするって決めたのに3日も経たないうちに元の起床時間に戻っていませんか?

これはホメオスタシスという機能が働いて身体を元の状態に戻しているんですね。

禁煙のような自分にとっていいことでも身体は「あ、なんかいつもと違ってる。戻さなきゃ。」って思います。

その結果いつも通りの生活に戻るんですね。

これは体重にも同じことが言えるんです。

たとえば1ケ月で3kg痩せたとしましょう。

でも身体は変わるのを嫌うので元に戻そうとします。

ここで油断するとしっかり3kg戻ってリバウンドです。汗

元に戻らないためには目標体重になってからも気を抜かずに体重維持するようにしましょう。

数か月経つとようやく身体が今の状態を”当たり前”と思いだして今度は太りにくくなっていきます。

ダイエット成功というには目標体重になってから半年~1年程度体重を維持できてからのことになるので、気を緩めず体重維持していきましょう。

食事制限ではなく食事内容の”改善”を!

ダイエットを始めるとなるといきなり食事制限から始めると思いますが、まずは食事内容の改善を行っていきましょう。

食べる順番を変えるだけで太りにくくなりますし、白米や麺などの炭水化物が多すぎる場合は肉・豆腐・魚などのタンパク質が多いものに替えます。

このとき大切なのは食事量は変えないことですね。

食事内容を変えたことに慣れた1か月程度経った頃に夕食だけ白米抜きとか少しずつ食事制限をしていきましょう。

意志力は鍛えられる

意志弱すぎてダイエット全然成功しない。

という人も多いです。

ですが実は意志力って鍛えられるんですよ!

めちゃくちゃ簡単にいうと我慢することで意志力は高まっていきます。

ですが我慢をすると意志力は消費されるので休息なしに我慢し続けることはできないんですね。

意志力は筋トレと同じです。

使えば一旦落ちますが休息をしっかりとれば前以上に強くなって戻ってきます。

自分は意志が強くないと知っておく

あなたは意志が強くありません。

知ってる?

でも「今度こそは絶対ダイエットするから。明日から頑張る!」とか思ってませんか?

この考え方が実は自分は意志が強いと思い込んでいる証拠です。

まずは自分には強い意志力はないということを認めてしまいましょう。

でないと意志力に頼らない対策を考えることもできません。

認めるのは簡単です。

「自分はそこまで意志が強くない。むしろ弱いぐらいだ。」と自分に言えばOKです。

そうすれば今度はどうすれば意志に頼らずにダイエットを進められるか?ということを考え始めることができるんですね。

やることは1ケ月にひとつずつ増やしていく

ダイエットの習慣化は難しいです。

たいていの人が一度にたくさんのことをやろうとします。

ですが結局なにも身につかずダイエットに失敗しますよね。汗

同時に2つのことを習慣化しようとすると2倍意志力が必要になります。

増えれば増えるほど3倍4倍と意志力が必要な量も増えてくるんですね。

そんなに強い意志を最初から持ってる人はほんの一握りでしょう。

残念ながらあなたはその一握りではないので、焦らずにひとつずつ習慣化していきましょう。

思ってる以上に睡眠は大切

睡眠をあなどってはいけません。

睡眠不足はダイエットの大敵です。

ホルモンバランスの崩れから直接的に太りやすくなりますし、ストレスがかかりドカ食いをしてしまったりというように間接的にも太りやすい状態を作ってしまいます。

睡眠不足では的確な判断ができなくなってしまうので気を付けましょう。

長期間と短期間のダイエットはどっちの成功率が高いのか?

長期と短期のダイエットでは短期間の方が成功しやすいようです。

短期と言っても2,3ヶ月の単位なので1週間や2週間で-5kgとかは難しいですね。

なのでダイエットは短期間で終えられる目標を立てるといいでしょう。

1年で-10kgという目標もいいですが少し遠いですよね。

なので1年で-10kgを目指すときは3か月で-2.5kgというちょっと小さめで短い期間の目標も一緒に立てておきましょう。

そうすれば3か月で2.5kg減を繰り返すことになるのでわかりやすくモチベーション維持にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイエットの成功率を高めるには意志力に頼らないことが大切になってきます。

また意志力を高める練習をしておくことでいざ意志力に頼るときがきたときに対応できるようにもしておきましょう!

停滞期を早めに抜ける方法知っているとダイエットに成功しやすくなりますよね。

良ければ「ダイエットしたら停滞期きた!すぐさま脱出する方法は?」も合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする