ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

猫背を改善するには筋トレ!3つの鍛える筋肉とは?

      2016/04/01

 

 

猫背って見た目からしてあまりかっこよくないですよね。

ですが周りを見てみると猫背の人ってめちゃくちゃ多いですよね。

 

電車でスマホ見てる人なんてほとんど猫背ですし、会社や学校でも机やパソコンに向かっている人はたいてい猫背です。

猫背を改善することができれば見た目は当然良くなりますし、ほかにも様々なメリットがあります。

 

今回は猫背を改善する方法について書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

猫背になってしまう原因は?

 

 

猫背になる原因はひとつではありません。

あなたの原因を知って合った改善方法を行っていきましょう。

 

 

 

腸腰筋の筋力低下

 

 

腸腰筋(ちょうようきん)はふとももの付け根の部分にある筋肉で歩くときや足を上げる時に使っています。

この筋肉が弱っていると骨盤がお尻の大臀筋(だいでんきん)という筋肉に引っ張られて後ろにから向いてしまいます。

 

そうするとバランスが悪くなった分をカバーしようと猫背になってしまうんですね。

腸腰筋が弱っている場合は鍛えて筋力を補うことで猫背は改善されます。

 

 

 

簡単なので少しずつトレーニングしてみましょう♪

腸腰筋が弱っている人は最近多くなっていると思います。

 

自分は弱っているかな?という目安としては

 

  • 歩くことが少ない(デスクワークとか)
  • 歩いたとしてもほとんど足を上げない(階段使うの大嫌い)

 

このふたつに当てはまる人ってめちゃくちゃ多いんじゃないでしょうか。笑

 

 

 

背筋の筋力低下

 

 

背筋の筋力が落ちている場合も猫背になります。

 

筋力が落ちているわけでなくても腹筋ばかり鍛えている状態で腹筋がめちゃくちゃ強かったりしても引っ張られて猫背になってしまいます。

 

これも背筋のトレーニングをすることで改善できるのでしっかりと対策していきましょう。

 

 

 

 

 

 

腹筋の筋力低下

 

 

腹筋と背筋はバランスが大切です。

どちらか片方が強かったり弱すぎたりすると猫背になりやすくなってしまうんですね。汗

 

普段猫背になっている人は腹筋を全然使えていないので猫背の状態を維持しているとだんだん腹筋は弱くなっていきます。

腹筋が弱くなると更に猫背になりやすくなるっていう悪い循環になってしまいます。

 

 

 

 

 

普段の姿勢

 

 

さっき言ったように猫背の状態だと腹筋が弱くなってしまいます。

なので普段から猫背になっていたら意識的に姿勢を正していきましょう。

 

ずっと猫背だったら正しい姿勢をちょっとキープしただけで結構辛いと思います。

 

それだけ筋肉が使えていないってことなんですね。

 

姿勢がいい人は自然と背筋とかを使って姿勢をキープしているのでわかりませんが常に姿勢維持のために筋肉は使われています。

 

 

 まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

猫背は一か所が原因とは限りません。

 

背筋が弱っているから猫背になるって思っている人が多いですが違う場合もかなり多いです。

自分が猫背になっている原因は何か?とよく考えて改善していきましょう♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 運動