スロージョギングでダイエット!室内でもできるから継続しやすい!

ジョギングにも種類がありましてスロージョギングというものがあります。

これはとくにダイエット序盤や運動不足の人にオススメのジョギング方法です。

名前の通りゆっくり走るジョギングですね。

スロージョギングでももちろんダイエット効果はあります。

今回はスロージョギングでダイエットについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スロージョギングでダイエットをするメリットは?

怪我をしにくい

スロージョギングはものすごくスローペースで走るので運動強度は低めです。

なので身体への負担が少なく怪我をしにくいんですね。

運動を習慣化させるのに怪我をしないというのはめちゃくちゃ大切です。

今運動する習慣があっても怪我をして数か月休んでいるとまた運動を始めるときってなかなか気持ちが乗ってきませんよね。汗

なので怪我をしない程度の運動をずっと続けていくのが大切になってきます。

ウォーキングよりも消費カロリーが高い

スローショギングはウォーキングの1,6倍の消費カロリーがあると言われています。

ということは同じ時間同じ距離を歩くのに比べて1,6倍は痩せやすいということです。

これはとくに運動する時間がないという人には嬉しいことじゃないでしょうか?

運動時間が短くなってもある程度カロリー消費ができるので、「ちょっとだけ走っとくか。」という気持ちになりやすいです。

室内でもできる

スロージョギングは室内でもできるんですよ!

家ではうるさくてなかなか取り入れにくいジョギングですがゆっくり走るイメージでその場ジョギングをすれば、全然うるさくないです。

なので雨の日にはテレビを観ながらその場でスロージョギングという方法も使えるわけです。

テレビみながらの30分なんてあっというまですよね!

運動習慣がついていない時期に雨が降って運動できないとそのままやめてしまう人が多いです。

ですがスロージョギングは室内でもできるということを知っていれば、ずっと継続していくことができるので運動に対してのモチベーションを下げなくてすむのもメリットになります。

短時間でOK!

1回のスロージョギングは5分程度でも大丈夫です。

朝ちょっと余った時間とか昼休みに5分だけとかでもジョギングを取り入れると効果が出てきますよ!

もちろん時間が短いので劇的なダイエット効果が得られるわけではありませんが健康には効果がありますし、リラックスしてストレス解消には十分な効果があるので取り入れてみるといいですね。

筋肉痛になりにくい

スロージョギングはかなり楽な運動です。

なので急にがっつりジョギングをしたら筋肉痛になるという運動不足の人でも比較的筋肉痛になりにくいです。

といってもここ数年運動なんか全くしてないという場合は最初は少し筋肉痛になるかもしれませんが。汗

筋肉痛になったときは毎日続けるよりもひとまず筋肉痛がおさまるまで、休憩してからスロージョギングしていきましょう。

慣れてきたら筋肉痛知らずで快適なスロージョギング生活ができますよ♪

体力がつく

ウォーキングに比べて全身の筋肉への負荷が強いの筋肉がつきやすいですし、有酸素系の能力も高まってきます。

体力がつくので日常生活もより楽になってくるんですね。

下半身の筋肉がつくため階段を登るのとか長距離歩くのも楽になります。

日常での活動が楽になれば普段エレベータ使ってたのを階段にしたりとちょっとした運動も取り入れやすくなりますよね。

辛くない

ジョギングはきついというイメージが強い人は多いと思います。

ですがスロージョギングは普通のジョギングよりもゆっくりと走るため気持ち的にもかなり楽です。

ダイエットでも健康のためでも大切なのは継続して習慣にしていくことです。

習慣化できれば成果はあとからついてきます。

なのでもしジョギングをしたいという人でもまずはスロージョギングで運動する習慣を作ってからジョギングに変えていくという方法もありでしょう。

オーバーワークになりにくい

筋トレやジョギングは強度が高めなため1週間毎日行うとオーバーワークになりやすいです。

オーバーワークになると筋肉がつくどころか減っていってしまうし、疲労も抜けずに疲れ切った身体になってしまうので注意しないといけないんです。

それに比べてスロージョギングは強度が低いためオーバーワークにはなりにくいんですね。

もちろん毎日長時間行えばそれだけ疲労はたまっていきますが、毎日何時間も走らなければ大丈夫です。

デメリット

ウォーキングよりは運動強度が高い

運動の強度が低いといってもウォーキングよりは高いわけです。

なのでもう何年も運動していない上にデスクワークでしかも肥満気味。という人がいきなり始めると膝や腰への負担が大きすぎる可能性があります。

そういった人の場合はウォーキングから初めて下半身の筋肉をつけていきましょう。

ウォーキングを取り入れるだけでも筋肉はつきます。

その後にスロージョギングに切り替えていくといいでしょう。

スロージョギングに切り替える時も最初は週1で走って残りはウォーキングといった感じで少しずつ替えていけば身体への負担も最小限になるのでオススメです。

ジョギングやランニングに比べると消費カロリーが少ない

ウォーキングより消費カロリーが高いですがランニングやジョギングに比べるとやはり消費カロリーは少ないです。

なのでジョギングを楽しく行える人は消費カロリーを増やしたいならジョギングをした方が早いでしょう。

ただやっぱり運動不足だったり運動は嫌いという人も多いですよね。

運動嫌いが無理してジョギングしても続かないので気持ち的に楽なスロージョギングで消費カロリーを増やしていくことでダイエットが効率よくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スロージョギングはダイエットだけでなく健康にも効果的です。

しかも室内でもできるお手軽な運動なのでぜひぜひ始めてみてください♪

ジョギングに興味がある方は「走るのはダイエットのためだけじゃない!他にも得られる8つの効果」も合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする