自炊はダイエットに効果的?料理することで痩せられる11の理由

何回ダイエットしてもうまく痩せない。

最近太ってきた。

そんな人には自炊をオススメします。

実家暮らしだと親が作ってくれて調整できなかったりするのでたまに手伝ってみるといいでしょう。

今回は自炊がダイエットに効果的な理由について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

自炊がダイエットに効果的な理由

低カロリーな料理を作れる

外食で低カロリーで済ませようと思うと結構難しいです。

サラダだけになったりしますよね。笑

これだと全然食べてる感じがしないし空腹感で結局後から食べてしまう可能性が高まってしまいます。

帰りにコンビニ寄ったり。

でも家で作るようにすると低カロリーで割とお腹が膨らむものがあるので食べ過ぎを防ぎやすくなるんですよ。

もう家に帰ってるから帰りにコンビニでデザート買ったりしないですし。

慣れてくるとだいたいカロリーがわかる

最初は作っててもそれが何kcalぐらいなのか全くわかりません。

でもレシピを見たり材料のカロリーを見ているうちにだんだん作ったもののカロリーがわかるようになってくるんですね。

1食に付きだいたいでもどれぐらいカロリー摂取したのかわかっていれば、食べ過ぎたときは次の食事で減らすことができますし少なめだった場合は次ちょっと多く食べても大丈夫ということがわかり摂取カロリーの調整が楽になってきます。

外食でも最近はカロリー書いてくれてるところが増えてきていますが、高カロリーというのがわかるだけだったりします。汗

他のものも食べたいという誘惑が少ない

外食に出かけると食後のデザートだったり、食べる前の空腹時についでにポテトモ食べたいなとか思ったりしますよね。

食前の空腹時に頼んだものの食べきるのにお腹いっぱいになってしまうことあると思うんですよ。

それにおいしそうなデザートとか新商品あったら食べたくなりますよね。

こういったところで余分なカロリーを摂る結果太ってしまうんです。

自炊ならあらかじめ作った分だけしかないですし、追加で作るのも面倒なので食べ過ぎる心配は少ないです。

作り置きが可能

外食ならお腹いっぱいでももったいないから全部気合で食べきろうとしますよね。

僕はお腹いっぱいの手前が一番幸せなので残しますが。笑

自炊なら明日に持ち越せるので1日で食べ過ぎるということを防ぐことができますし、明日の分もまとめて作ることも可能なのがダイエットにはかなり効果的なんですよ。

料理するのも結構消費カロリー大きい

実は自炊で調理するときの消費カロリーって結構大きいんですよ。

ちょっとカロリー計算してくれるサイトで僕の場合計算してみました。

58kg男の場合1時間調理やその片付けをすると213kcal消費するそうです。

毎日行うと1か月で6000kcal以上になりこれだけで1kg近く痩せる計算になりますね。

この差は大きいと思いませんか?

外食だと作ってくれるので僕たちは何もしません。

でも自炊だとカロリー消費しながら料理できるんですよ!

ながら運動でダイエット!すぐにできる15個をまとめてみました

外食時にもカロリーがなんとなくわかる

最近は書いてるとこが多くなりましたが書いてないところも多いですよね。

ですが自分で料理にチャレンジするようになると材料からある程度カロリーがわかるようになってきます。

もちろん自分が知らないものを使われていたりすると曖昧になってきますが、全くカロリーを気にせず食べるよりは太りにくいですよね。

間食も作れる

普段間食はお菓子とか買ってくるが自炊が当たり前になれば間食を作るという選択肢もできます。

間食を作れるのも結構大きなメリットになるんですよ。

さっきも言ったように作るだけでカロリー消費されますし、自分で作るとかなりカロリーオフでおいしいものを作ることもできます。

間食をやめてダイエット成功!おやつをやめるための9つの工夫

満腹になりやすい

質の高いものを食べれば少量でもお腹いっぱいになります。

カップ麺とか食べてもすぐ腹減ると思うんですよ。

あれはほとんど炭水化物だけで質が悪いからなんですね。

自炊する場合は質の高い食べ物を使って食事を作ることができるのでしっかりと料理すれば空腹感もあまり起きにくくなりますよ。

栄養バランスが整う

実はタンパク質不足など栄養バランスが崩れていることで空腹感が起きやすくなってることが多いんですね。

普段から筋トレしてしっかり栄養のことも考えて細マッチョを目指してるような人でない限りほとんどの人はタンパク質不足です。

何もしなてない人の場合は体重×0.8gのタンパク質が必要とか言われてるんですが実はこれじゃあ全然不足してるんですね。

普通に生活している人でも体重×1,5kgは必要です。

ということは60kgの人の場合はタンパク質90g毎日摂取する必要があることになります。

これは牛ステーキでいうと毎日500gほど食べないといけない計算になります。

食えないですよね?笑

なので出来る限りタンパク質を多くしていくために自炊してタンパク質の多い食品を色々取り入れていく必要があるわけです。

場合によってはプロテインを摂るのもありでしょう。

自炊で節約する

自炊を始めると割と節約になります。

ガス代とか考えてもやはり安いんですね。

自炊を始める前にどれくらい外食で消費がかさんでいたかによりますが、外食が多ければ多いほど自炊にした場合はお金が浮くんですよ。

このお金そのまま貯金して手はもったいないです。

ジムに行くのに使うことでトレーニング器具とやる気を手に入れることができます。

ジムに通いだすとお金払ってるから使わないともったいないと思いますし、面倒でもジムにいけば周りでガンガントレーニングしてるのでやる気をもらうこともできるんですよ。

自宅だとちょっと面倒になったらサボってしまうこともやる気をもらって続けることができます。

調味料を調整できる

クックパッドなどのレシピを真似れば確かにおいしいものができますが調味料がたくさん使われていて摂取カロリーが多くなることもあります。

ですが自炊なので調味料も調整できカロリーを減らすこともできるんですね。

意外と調味料でのカロリー摂取もばかにならないので細かいカロリー調整ができる自炊はオススメです。

自炊は複雑にしすぎない

低カロリーだからと言って毎日時間のかかるものを作っていると面倒になってきて自炊をやめてしまうことがあります。

特に慣れていない最初の頃に気合を入れすぎるとやめますね。汗

趣味になればそれが楽しいんですが、最初は簡単で低カロリーなものを探していくといいでしょう。

まとめ

自炊は最初面倒かもしれませんが慣れてしまうと何も考えずに行うことができるようになります。

ダイエットにも近道だと思うので試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする