ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

低体温症を劇的に改善!今日から使える8つの解消法

   

 

 

最近の日本人は平均体温がどんどん下がってきています。

以前は36℃後半が平熱だったのが最近では36℃前半になっているんですね。

 

人によっては35℃前半とかの日ともいるようでかなり下がってしまってますよね。汗

人間は体温が下がれば下がるほど免疫力が低下したり、代謝が下がったりと様々な影響が出てきます。

 

もしかしたらあなたの疲れがとれないのも低体温が原因かもしれません。

今回は低体温症の改善方法について書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

低体温症を改善するには?

 

 

運動する

 

 

現代人は以前に比べて運動量がものすごく少ないです。

1日中動かない日も珍しくないでしょう。

 

週2回程度のウォーキングでも全く運動をしないという人と比べると圧倒的な差が出てきます。

 

運動をすることで筋肉を動かしますよね。

そうすると今まで動かしていなかった部分をうごかして凝りをほぐすことができるので血流を改善することができます。

 

時間がないとか運動大嫌いと言う場合はストレッチでもいいでしょう。

ストレッチならテレビを観ながらとかできるのでわざわざ運動してるよって気分にならないから楽にできます。

 

また運動をすることで細胞内のミトコンドリアの量が増えます。

ミトコンドリアは熱を作っているので量が多ければ多いほど体温も上がるんですね。

 

エネルギーを作る量に関係しているので元気な身体を作ることができます。

 

 

 

 

 

ダイエットはしない

 

 

極端なダイエットはしないようにしましょう。

ダイエットで体温が下がる一番の理由は筋肉量の低下です。

 

筋肉はタンパク質が足りなければ簡単に減っていきます。

ですが逆に増やすのはかなり難しいんですね。汗

 

筋肉を増やすことで体温が上昇するので筋肉が減ると体温は下がってしまうことに。

増やすのが難しいなら最低今の状態を維持するのが大切ですが、ダイエット中は維持するのすら難しいので相当太っている場合以外は食事制限でのダイエットはやめておいた方がいいでしょう。

 

間食が多すぎて太っている場合は減らしても問題ないですよ!

 

と言っても多少食べる量を減らすことで逆にミトコンドリアの働きが良くなるそうなので少しだけ少食ぎみにすると効果があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

冷たいもの、甘いものを避ける

 

 

冷たいものや甘いものは直接体温を下げてしまいます。

なのでキンキンに冷えたジュースやビールはもちろんお菓子類もできるだけ減らしていくといいですね。

 

たしかに低体温だったり冷え性の人ってお菓子が好きな人多いんですよね。

お菓子がどうしてもやめられないという場合はせめてジュースはやめるとか少しずつでも改善していきましょう!

 

 

 

 

 

食品添加物を避ける

 

 

食品添加物が入っているものをたくさん食べると血液がドロドロになってしまいます。

カップめんやお菓子、ジュースなどがそうですね。

 

血液がドロドロの状態になるとうまく酸素や栄養素、酵素などを運ぶことができなくなるんですね。

その結果熱を作る部分にも酸素などが行き渡らずに十分な量の熱を作れなくなって低体温になってしまいます。

 

食品添加物を全くとらないというのは不可能なのでできるだけ減らしていきましょう。

毎日カップ麺食べてるって場合はとりあえず2日に1食に換えてみるとか、ジュースじゃなくてお茶や水に換えるとかですね。

 

 

 

 

 

半身浴などしっかりと湯船につかる

 

 

シャワーだけで済ませている人は要注意!

湯船でゆっくりと身体を温めないと深い部分まで温まることができません。

 

シャワーだと表面上だけさらっと温まって全然中は冷えたままの状態なんですね。

低体温をしっかりと改善させるには身体の中から温まる必要があるのでゆっくりとリラックスしてお風呂を楽しみましょう!

 

毎日続けていればかなり効果的ですよ♪

 

 

 

 

 

リラックスする

 

 

リラックスすると体温は上がります。

普段からリラックスを心がけましょう。

 

どうしても仕事や環境のせいでストレスがたまっててリラックスできないという人も多いですよね。

半身浴や読書、運動はいいストレス解消になるのでオススメです。

 

ゲームも趣味としてはストレス解消になると思うんですが、特に格闘ゲームは交感神経がんがんに働くし負けたときストレスたまると思うのでどうかなーと思ったりはします。笑

 

カフェインは交感神経を高ぶらせるので夕方以降に飲むのは控えましょう。

 

 

 

 

 

寝る

 

 

身体のバランスを調整する方法としてはやっぱり寝るのがいいですね!

睡眠不足だと自律神経のバランスは狂っているといっていいでしょう。

 

寝不足の状態は身体にとってものすごくストレスですし疲れもとれません。

とくに一時的に睡眠不足になる場合そこから体調を崩してしまうこともあるので注意が必要ですね。

 

睡眠不足は筋肉を鍛えるときも筋トレからの回復を遅くしてしまってなかなか筋肉が育たない原因になります。

低体温症の改善として筋トレをする場合はとくにしっかり睡眠をとりたいですね♪

 

 

 

 

 

 

空調を効かせすぎない

 

 

冷房を効かせすぎていると身体がどんどん冷えてしまって低体温症になってしまいます。

会社や学校だと一人の意見では調整できない場合もあるため、我慢してたら体温下がってしまうんですね。汗

 

自分の席が冷房に直接当たるような位置の場合はできれば場所を換えてもらえるようにしてみましょう。

無理な場合はぎりぎりまで温かくするように服装で調整します。

 

腹巻やカーディガン、ひざ掛けなどを常に持っておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

ひとつひとつの対処を積み重ねることが改善への近道

 

 

今上げていった低体温症改善方法はひとつ行ったからといって体温がものすごく上がるということはないでしょう。

もしかしたら睡眠不足を改善するだけだったら0.1℃上がるだけかもしれません。

 

ですがそういった少しずつの改善を足していくことで平均体温ぐらいまで戻していくことができるんですね!

ひとつの改善に1ケ月かかっても問題ないので少しずる変えていきましょう!

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ひとつひとつの対策は簡単なものが多いです。

睡眠などどうしても都合上今は改善できないという場合もあると思いますが、そのときは他の方法を試してみましょう!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 疲労回復