オレンジジュースには効能がたくさん!知って得する3つのもの

オレンジジュース好きですか?

ホテルの朝食などでよく見かけますよね。

ホテルで朝食を摂るときは一杯のオレンジジュースを一緒にとるといいでしょう。

実はオレンジジュースにはとてもよい効能があるんですよ!

今回はオレンジジュースの効能について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

オレンジジュースに含まれているもの

ビタミンC

ビタミンCは強力な抗酸化作用があります。

そのためアンチエイジングに有効と言われています。

オレンジジュースにはそのビタミンCがたくさん含まれているためアンチエイジングだけでなくストレス耐性も高めることができます。

ストレスが多い仕事をしている人はオレンジジュースを飲むといいですね!

ビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することで相乗効果を生むことができるので、朝食にアーモンドなどのナッツ類を取り入れてみるのもいいでしょう。

クエン酸

オレンジジュースにはクエン酸が含まれているため疲労回復に効能を発揮します。

運動後や仕事で疲れた後に一杯飲むと効果的です。

またクエン酸はカルシウムの吸収を高めてくれます。

なので運動と組み合わせることで骨粗鬆症を予防してくれるんです。

骨粗鬆症予防には栄養素をしっかりと摂るのも大切ですが運動をして骨に刺激を入れることも大切になってきます。

クエン酸で疲労回復!知っておきたい6つのこと

フラボノイド(ヘスペリジン)

フラボノイドはポリフェノールの一種です。

オレンジジュースにはヘスペリジンが含まれているのですが、これには抗酸化作用や血管を強くする働きがあるため血流を改善し高血圧の人の血圧を下げたり、コレステロール値の低下にも効能が発揮されます。

また血流が良くなるので末端冷え性などの改善にも役立つんですね!

冷え性の方は朝一杯のコーヒーをオレンジジュースに替えてみてはどうでしょうか。

血流が良くなると脳の働きにも影響が出るようです。

オレンジジュースを1日一杯飲むことで集中力の向上が見られます。

これもフラボノイドにより血流改善の効果ではないかと言われているんですね。

オレンジジュースを飲んだ後の集中力は6時間経った後でも切れないそうです。

と言うことは6時間ごとに一杯飲んどけば1日中集中力を維持できるんじゃないか?と思いますがそんな単純なことではないですよね。笑

100%のオレンジジュースがいい

オレンジジュースと言っても1種類じゃないですよね。

しっかりとオレンジの効果を得たい場合はストレートのオレンジジュースを飲むようにしましょう。

濃縮還元のものは砂糖や甘味料など添加物がたくさん含まれているためオレンジとしての効能は少ないです。

むしろ飲みすぎることで砂糖を摂りすぎる原因にもなってしまいます。

冷え性改善を期待したのに余計冷え性が悪化したということにもなりかねないので注意しましょう。汗

オレンジをジューサーにかけて作ると一番健康的ですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オレンジジュースは市販されているので手に入れやすいですよね。

1日1,2杯を飲んでオレンジジュースの効果をしっかりと得ていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする