牛乳はダイエットに効果あり?うまく利用することで効率よく痩せる体に!

世の中にはたくさんのダイエット方法が紹介されていますよね。

そんな中で簡単に取り組めるのが牛乳を使ったダイエット方法です。

「いやいや、ちょっとまって。牛乳で痩せるとかありえないわ。だって脂肪多いじゃん。」って思った人もいると思います。

ですがしっかりと取り組めば牛乳をうまく使って痩せることもできるんですね。

今回は牛乳ダイエットで効果が出る理由について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

牛乳がダイエットに効果的な理由

牛乳コップ1杯のカロリーは?

200mlの牛乳で約140kcalと言われています。

なので牛乳でダイエットしようと思ってあまりに飲みすぎると逆に太る原因にもなりかねないんですね。

もちろん牛乳を飲んだ分食事を減らすことが出来なければ太りやすくなってしまいます。

でも牛乳自体は本来太りやすい飲み物ではないのでうまく活用することでダイエットに効果的なんですね!

食前に飲めば食欲を抑えられる

食べ始める10~20分ほど前にコップ1杯程度の牛乳を飲むことで、食前に少しお腹を満たすことができます。

これでダイエット中に空腹感からドカ食いや早食いをしてしまう可能性をかなり抑えることができるんですね。

ドカ食いや早食いはリバウンドの大きな原因です。

でもやはり食事制限をするとそれだけお腹が減るのでつい反動で食べ過ぎてしまうこともありますし、食事制限中の食事は美味しいですからつい早食いしてしまうこともあります。

牛乳を飲んで一旦空腹感を落ち着かせることで太りにくい状態を作ることができます。

たんぱく質をメインに栄養素が豊富

たんぱく質はダイエット中の筋肉量を維持するのにとても大切です。

筋肉はたんぱく質不足でトレーニングしないとすぐに落ちてしまうのでリバウンド防止のためには必須の栄養素ですね。

ですが日本人は不足しがちと言われています。

たんぱく質は普段の生活でも不足している人が多いですがダイエット中となるとなおさらですよね。汗

そこで牛乳を習慣的に飲むようにすることで普段足りていないタンパク質を意識的に多く摂ることができるんです。

牛乳には他にもビタミン類などが豊富なので栄養摂取から考えてもオススメの飲み物ですね!

寝る前に飲めば睡眠の質が高まる

寝る1時間ほど前に飲むとトリプトファンが含まれているので睡眠の質が高くなります。

またホットミルクにして一旦深部体温を高めることで寝るときに体温がぐっと下がり睡眠の質が高まることで成長ホルモンの分泌が増すんですね。

成長ホルモンには強力な脂肪分解作用があるため成長ホルモンの分泌量が増えるだけで体脂肪率が下がっていくこともありますよ!

成長ホルモンを増やすには?分泌量を増やす4つの方法

牛乳は脂肪が多いから太る?

牛乳にはたくさん脂肪が含まれていますがだからと言って太りやすいわけではないんですね。

太りやすかったらダイエットにはオススメできないから。笑

脂肪よりも炭水化物が多い方が太りやすいので食前に牛乳を飲むことで食事でパンや白米を食べ過ぎるのを防いで太りにくい状態を作ることができます。

また牛乳はGI値が27と低いため食前に飲むことで食後高血糖を防ぎ太りにくい状態を作ることができるんですね。

GI値が低い食べ物がわからないときはとりあえず野菜や牛乳から食事を始めるといいでしょう。

牛乳を飲む場合は低脂肪以外で

低脂肪だと太りにくいというイメージがありますが実は逆です。

低脂肪乳は脂肪が少ない代わりに炭水化物が多いため少し太りやすいんですね。汗

なので牛乳の味は低脂肪乳じゃないと嫌だという人以外は炭水化物の量が少ない牛乳を選ぶようにしましょう。

低脂肪よりも普通の牛乳の方が甘みもあるので満足しやすいと思います。

牛乳ダイエットが飽きないための飲み方

ホットミルク

普通に飲んでばかりでは飽きると思うのでホットミルクにしてみましょう。

ホットミルクの場合は寝る1時間ほど前に飲んで睡眠の質を高めるためにも効果的です。

もしくは朝一のまだ内臓がしっかりと活動していない時間帯にホットミルクを飲むことで体を起こすこともできます。

ハチミツを少し加えてみる

ハチミツを加えるので少しカロリーが高くなるため毎回入れていると太りやすくなるので注意しましょう。

ただ純粋なハチミツはかなり栄養価が高くダイエット中の栄養不足を防いでくれるのでオススメです。

きなこ牛乳でダイエット

きなこは大豆からできているため栄養が整っているんですね。

牛乳だけではとれないものが摂れるため栄養バランスを維持しやすいんです。

食物繊維が豊富なので牛乳だけで飲むよりも満腹感を得られ食べ過ぎを防げるのもダイエットには効果的ですね。

食物繊維によってダイエット中に起こりやすい便秘も改善できます。

またきなこに含まれているオリゴ糖により腸内環境の改善もできるので色々と便利なものなんですね!

きなこと牛乳で胸にも影響が!?

さっきも言ったようにきなこは大豆から出来ています。

なのでイソフラボンが含まれているため女性の場合はバストアップにも効果があることも!

ダイエット中は脂肪が減るのでサイズダウンに悩むこともあると思いますが、それをきなこをとることで対処することができるんですよ。

じゃあ牛乳じゃなくて豆乳とかでいいんじゃない?って思うかもしれませんが、バストアップに大切なのは栄養バランスや腸内環境など様々です。

きなこにはイソフラボンだけでなくたくさんの栄養素や腸内環境を改善してくれるものも入っているため体調を整えるために良いものがたくさん含まれているわけで、これがバストアップに効果的です。

どれだけ頑張ってバストアップさせようとしても栄養が足りてなくて体調不良だったり、栄養素を行き渡らせるための血液の循環が悪ければ効果は低くなってしまうため個人差が大きいんですね。

エストロゲンを増やすために知っておきたい11のこと

乳糖不耐性の人は注意!

牛乳に含まれている乳糖を分解できないか、もしくは少量しか分解できない人がいるんですよ。

そういった人は牛乳を飲むことでお腹に違和感を覚えたりお腹を壊したりします。

乳糖不耐性は生まれつきの場合と後天的な小腸の粘膜が傷ついている場合があるのでどっちかはすぐに判断できません。

正確に判断するためには医師に診断してもらうしかありませんが、乳糖の含まれているものや腸内環境が悪くなることを2週間ほど避けてみて乳糖不耐性が改善すれば後天的な腸が傷ついている可能性が高いそうです。

そういう場合は腸の粘膜が傷付いている場合は回復させることで乳糖不耐性も改善されていくんですね。

乳糖不耐性のままだと牛乳ダイエットに成功しない上体調不良にもなりかねないので気を付けてください。

お腹壊しっぱなしでダイエットなんてできませんから。汗

ダイエットより先に健康維持が重要です。

まとめ

牛乳はダイエットに不向きと思われていますがGI値や栄養バランスを考えてみるとかなりダイエットに効果的な飲み物なんですね!

しっかりと意識して牛乳を飲んで食べ過ぎを防げば筋肉量を維持したまま痩せることができるでしょう。

綺麗に痩せるためにたんぱく質は必須なのでしっかり摂っていってくださいね!

食事制限をできる限り軽くしたまま痩せたい方は「GI値の低い食品をうまく使ってダイエットを簡単に!太りにくい食べ物を選ぼう」を合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする