ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

体重を増やす方法を知ればすぐに太れる!?7つの太る方法

   

 

 

体重を減らしたいという人は多いですが中には「体重を増やしていきたい。」という人もいます。

わざわざ体重を増やしたい理由は様々ですが、スポーツをやっていてもっと重くならないといけないとか、さすがに細すぎるという人ですね。

 

体重を増やすことは痩せることに比べるとかなり簡単です。

といっても全然体重増えないんだけど!って言う人もいるんですよね。笑

 

すぐに太ってしまう側から聞くと羨ましい限りですが。

 

でも太る方法を知っているということはその方法をやらなければ太らないってことになるんですね!

ダイエットで痩せるときにも応用することができます。

 

今回は体重を増やす方法について書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

体重を増やす方法

 

 

体重を増やすには消費カロリー<摂取カロリーが鉄則

 

 

体重を増やすには絶対に摂取カロリーが消費カロリーを上回っていないといけません。

消費カロリーの方が少なかったらどう頑張っても体重は減っていくんですね。

 

太ることができない人の一番の原因は摂取カロリーが足りていない場合が多いです。

「え?結構食べてるつもりなんだけど。」って思うかもしれませんがまだあなたの消費カロリーの方が少ないんですよ。

 

部活とかで毎日運動しているんだったら相当食べないといけないし、お腹いっぱいになってるからといって摂取カロリーも多いとは限りません。

 

1週間ほど自分の摂取カロリーを計算してみましょう。

思った以上に少なくて「そりゃ体重増えないよ。」って思うかもしれませんよ。

 

 

 

 

食事回数を増やす

 

 

少しでも摂取カロリーを増やす方法として食事回数を増やしてみましょう。

一回の食事でとれる栄養素とカロリーには限界があります。

 

超大食いのフードファイターでも太ってませんよね。

フードファイターが太らないのは胃腸が荒れてるのもあるかもしれませんが、いっきに食べてもカロリーをしっかり吸収できてないんですね。

 

だからといってドカ食いしてはいけませんよ。

2500kcalを摂取したいんだったら一回の食事を500kcalにして5回食べます。

 

太れないと言ってる人に限って朝食を抜いて昼と夜だけで食べようとするんですね。

それじゃあしっかりと吸収できないのでまずは朝食を摂るようにしてみましょう。

 

もしかしたら朝食を食べるだけで体重が増えてくるかもしれませんよ♪

 

 

 

 

タンパク質の摂取量を増やす

 

 

タンパク質の摂取量を増やすことで筋肉がつきやすくなります。

普段何も意識していないとたいていはタンパク質が足りていないんですね。

 

タンパク質不足の状態なので最大限筋肉を作ることができていないわけです。

なのでしっかりとタンパク質を摂取することで筋肉量が増えることがあります。

 

筋肉は脂肪よりもかなり重いので体重を増やしやすいんですね。

しかも脂肪で体重を増やすよりも筋肉で増えた方が引き締まった身体になるので嬉しいですよね♪

 

 

 

 

炭水化物の量も増やす

 

 

脂肪を増やしたい場合一番手っ取り早いのは炭水化物の摂取量を増やすことです。

低炭水化物ダイエットってめちゃくちゃ体重減りますよね。

 

それだけ炭水化物のダイエットに対する影響って強いんですよ!

タンパク質を摂ると同時に炭水化物の摂取量も増やしてみましょう。

 

炭水化物といえば、お米やパン、麺類などですね。

オススメはお米の食べる量を増やすことです。

 

パンや麺類に比べると栄養バランスが整っているのでオススメです。

もし余裕があれば玄米でもいいですね♪

 

 

 

 

 

胃腸の調子を整える

 

 

摂取カロリーを計算してみたら消費カロリーは越えてたけど全然太らないという人もいるでしょう。

そういうあなたは胃腸の調子が悪くないですか?

 

胃腸が弱っていると消化も吸収もスムーズにいきません。

結果としてせっかくたくさん食べてるのにカロリーや栄養素が吸収できなくて無駄になってしまうんですね。汗

 

もし胃腸が弱いという人はまず胃腸の調子を整えることから始めましょう。

 

 

 

 

腹筋を鍛える

 

 

胃腸が弱い人のトレニングとして腹筋を鍛える方法があります。

腹筋と言ってもクランチみたいな見てわかる腹筋ではなく中にある腹筋です。

 

ドローインなどの運動で鍛えられるいわゆるインナーマッスルってやつですね!

インナーマッスルを鍛えることで胃腸が前に出てくるのを抑えてくれるんですよ。

 

そんなに太ってないのにポッコリお腹な人は確実に腹筋が弱っています。

「なんで胃腸が出てたら良くないの?」って感じですよね。

 

実は胃腸が正しい位置にないと機能が弱るんですよ。

しっかりと消化吸収ができなくなってしまうんですね。

 

なので食べることも大切ですが、体調を整えることも考えていってみましょう。

 

 

 

 

筋トレする

 

 

筋トレをすることで筋肉量を増やすことができます。

筋肉量を増やすことができれば徐々にですが体重も増えます。

 

当然脂肪量を増やして体重を増やす方がめちゃくちゃ簡単なんですが、お腹とか腕がぷにぷにになることは望んでないですよね。

なのである程度筋トレや運動をして筋肉量を増やすことも必要になってきます。

 

筋肉量を増やしておくと基礎代謝も上がるので太った後体重の調整もしやすいですよ♪

 

 

お腹を細くする方法はドローインが一番!その効果とは!?

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

体重を増やすことは痩せることに比べるとかなり楽です。

ですが太れないとか様々な悩みを持っている人も多いのが事実です。

 

しっかりと体重を増やす方法を知って太れるようになりましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット