お腹痩せに効果的な3つのエクササイズでポッコリ撃退!

学生時代は運動してて気にしなかったけどいつの間にかポッコリしてきたお腹。

まあ大丈夫だと思って数年放って置いたら服じゃ隠しきれないぐらい出ていた。

そんな状態になっていませんか?

お腹が出ているとどんな服装をしてもかっこよくなりません。

可愛くもなりません。

どうにかお腹をへこませて元に戻したいですよね。

今回はポッコリお腹元に戻すエクササイズについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

お腹痩せエクササイズ

猫背を改善する

猫背は見たらわかりますがめちゃくちゃお腹の部分がゆるくなってます。

背中が曲がることで常に背筋が使われて、腹筋はまっすぐの姿勢のときよりも使われていない状態になっているんですね。

猫背の人は腹筋が衰えている可能性があります。

というか衰えている場合が多いです。

なのでまずは猫背を改善するだけでも腹筋が使われるようになるので少しずつ改善してみましょう。

1日2日で改善されるものではないですが、1ヶ月も猫背改善を意識した姿勢でいるとかなり良くなってきますよ。

同時に腹筋も少しずつ鍛えられてぽっこりお腹改善の下地ができてきます。

猫背を治すには筋トレ?3つの鍛える筋肉とは?

腹直筋を鍛える

腹直筋は普段”腹筋”と言われている部分です。

マッチョな人がシックスパックでバキバキになってるところですね。

勘違いされていることが多いですがぽっこりお腹を改善したい場合腹直筋をめちゃくちゃ鍛えまくっても、あまり効果はないです。

あまり効果はないといっても全くないわけではないのでしっかりと鍛えていきましょう。

クランチは腹直筋を鍛える基本のトレーニングって感じです。

家でちょっと暇ができたらがしがし鍛えていきましょう!

お腹を細くする方法はドローインが一番!その効果とは!?

腹横筋・腹斜筋を鍛える

ポッコリお腹を改善しようとした場合腹横筋と腹斜筋という部分を鍛えると効果的です。

腹横筋・腹斜筋も腹筋の一部でお腹の横側についている筋肉です。

鍛えることでキュっと引き締まったウエストを手に入れて、落ちてきた内臓を支えるんですね。

内臓がしっかりと支えられていないためぽっこりお腹になってしまっている場合はかなり改善されます。

運動する

お腹についた脂肪は使わないとなくなりません。

脂肪を減らすことだけを考えた場合効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動は長時間できるし脂肪がメインのエネルギー源となるので脂肪を減らすにはうってつけなんですね♪

ただ筋肉もがっつりつけていきたい!って思っている場合は有酸素運動じゃあまりつかないので効果的ではないです。

家でできる有酸素運動で効果的にダイエット!9つの方法

ストレッチする

ストレッチもお腹をへこませるのに効果的です。

運動不足の場合全身の血液循環が悪くなっていることがあります。

ストレッチをして筋肉をほぐすことで血液がしっかりと流れて痩せやすい体になるんですね。

ストレッチはダイエットに効果ある?ない?体を動かすことで痩せやすく!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぽっこりお腹はしっかりと対策をすることで少しずつ改善することができます。

歳をとってくると自然に出てきてしまいますが、しっかりと鍛えてお腹をへこましましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする