背中が痩せる方法!4つのトレーニングで綺麗な後ろ姿に!

夏が近づいてくると温かい日には薄着になることもあります。

もうすぐ薄着になってどんどん背中が見えるような服装になってくるってことですね。

ところで背中についてしまったお肉はそのままで大丈夫ですか?

背中って自分からは鏡を通してじゃないと見えないので油断しがちですが、周りからはよく見えてるんですよね。汗

背中が痩せるとその分だけスタイルが良く見えます。

くびれをつくろうと頑張るよりも背中を痩せた方が見た目がスッキリしてすぐに綺麗だってわかりますよね。

今回は背中を痩せる方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

背中を痩せる方法

背中についてしまったぜい肉をとるにはダイエットするのはもちろん背中周りの運動もしていかないといけません。

痩せても全く筋肉がない状態だと綺麗になったとはとても言えないですからね。

背中痩せ器具なしトレーニング

この方法はやる気があればどこでもできますね。

トイレに行ったときかるーく1セットだけトレーニングしとくとか。

1回じゃ意味ないやんって思うかもしれませんが、やらないよりいいですよね。

1日5回トイレ行く人の場合1日に5回はトレーニングすることになります。

そこから週3回ぐらい時間をとって背中を痩せるために運動したらどんどん痩せていくと思いませんか?

こっちの方法は背中の筋肉を動かすだけでなくスクワットも同時に行っているので結構きついです。

だけどスクワットをすることで痩せるためにはほどよい運動になります。

上のトレーニングじゃちょっと運動が軽すぎるって人の場合はオススメです。

ダンベル編

これはダンベルを使ったトレーニングです。

ムキムキの背中を作ることが目的じゃないので動画みたいな重いダンベルじゃなくて2,3kgのもので大丈夫です。

2kgも重いと思う場合は1kgから始めたり500mlのペットボトルに水を入れたものから始めるのもありです。

ペットボトルを持つだけでも何も持たずにやるより負荷は大きくなります。

自分の筋力に合わせて使うものを変えていきましょう。

ローイングという方法はダンベルがひとつあればできます。

もちろん他の運動も行うためにダンベル2つあった方がいいですが、ひとつでできるトレーニングもあるんですね。

片方ずつ行うため多少時間がかかりますが、ゆっくりと背中の筋肉を意識してトレーニングしやすいのでオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

背中が痩せると後ろ姿が綺麗になります。

普段後ろ姿ってみないですけど自分の背中が綺麗だってわかってればそれだけで自信になりますよね♪

自分でできるトレーニングを取り入れてどんどん背中痩せしていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする