ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

インナーマッスルを鍛えてダイエット?引き締まりたいなら中から鍛えよう!

   

 

 

最近はよく体感を鍛えろとかインナーマッスルが大切って言われるようになりました。

インナーマッスルっていうと動かしたら目で見える部分の筋肉じゃなくて中にあって見えない部分の筋肉のことです。

 

ではなぜインナーマッスルを鍛えることでダイエットができるんでしょうか?

今回はインナーマッスルを鍛えてダイエットする方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

インナーマッスルとは?

 

 

さっきも言ったように目には見えない身体の内側の筋肉です。

目に見えている腕や胸、腹筋、太ももの筋肉の内側に隠れているんですね。

 

インナーというのは「内側の」という意味です。

インナーマッスルは身体の深い部分にあるので深層筋と言われていたりもします。

 

インナーマッスルってどこの筋肉?って思うかもしれません。

ですがインナーマッスルという名称の筋肉はなくて、深層筋のことをインナーマッスルって言っているだけなんですね。

 

 

 

 

インナーマッスルを鍛えると痩せる理由

 

 

実はインナーマッスルって普段の生活の中ではあまり効率的に使えていないんですね。

ということはそれだ筋肉が衰えているということです。

 

腕とか足の筋肉が衰えれば見た目で明らかに「うわー、筋肉落ちてきたな。」ってわかりますが、インナーマッスルは見えないので気づかないうちに衰えてしかも放置されています。

ポッコリお腹の原因も腹筋周りのインナーマッスルの衰えが原因ですね。

 

よく行われる腹筋をどれだけしてもお腹周りが細くならないのは外ばかり鍛えて内臓を支えている内側の筋肉が鍛えられていないからです。

運動をしていないと全身がたるんできますが、脂肪がついてしまうこと以外にインナーマッスルが衰えることで身体に締りがなくなるんですね。汗

 

 

 

インナーマッスルを鍛える方法

 

 

インナーマッスルを鍛える方法はたくさんあります。

全部紹介することはできないのでいくつかピックアップしてみました。

 

 

腹直筋

 

 

 

プランクでは腹直筋を鍛えることができます。

普通に腹筋って言ったらこの部分ですね。

 

マッチョの人は腹筋がバキバキなのでわかりやすい筋肉でもあります。

クランチと組み合わせることでトレーニングを飽きにくくしたり、少し違った刺激を与えることができます。

 

 

 

 

腹斜筋

 

 

腹斜筋を鍛えることでウエストがすっきりしてきます。

特に女性で腰回りを細くして綺麗なくびれが欲しいという人は鍛えるべき筋肉ですね。

 

この動画では下の足を曲げてますが伸ばした状態で行うことで強度が軽くなるのでまずは両足を伸ばした状態で始めてみましょう。

 

もう普通のサイドプランクは余裕という人はこの動画のように下の足を曲げて行うことで強度が上がると同時に、内転筋を鍛えることができます。

 

内転筋が鍛えられればO脚改善や太ももを細くすることができますよ♪

 

 

 

レッグレイズ

 

 

 

 

レッグレイズでは腹直筋の下の方と腸腰筋を鍛えることができます。

プランクで腹筋の上の部分が鍛えられるのでレッグレイズとセットで行うと腹筋の前部分を全体的に鍛えることができます。

 

腸腰筋は猫背や骨盤の傾きに関係がある筋肉です。

腸腰筋を鍛えることで猫背が改善されたり、日本人に多い垂れ下がったお尻を改善することができるんですね。

 

日本人は骨盤が後傾している人が多いです。

逆にお尻が綺麗に上がっているイメージのある外国人は骨盤が前傾しているんですね。

 

レッグレイズで腸腰筋を鍛えればヒップアップ効果が期待でき理想に近づくことができますよ♪

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

インナーマッスルのトレーニングは他にもたくさんありますが、ダイエットや綺麗なボディラインのことを考えるとお腹や腰回りのトレーニングをしていきたいですよね。

 

負荷が軽いトレーニングが多いので毎日行ってもいいでしょう。

インナーマッスルを鍛えて身体の深い部分から綺麗な身体を目指してください!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 - 運動