新陳代謝を上げる11の方法を紹介!これで体調を良くしていこう!

代謝が良くなるとダイエットにもいいし肌がきれいになったり美容面でもいいことが多いですよね。

あなたは代謝を良くする方法を知っていますか?

最近の特に女性は代謝が低いことが多いです。

原因は色々あって昔とは環境が変わったとかあるけど、動く量が減った、というのも大きいでしょうね。汗

今回は代謝を上げる方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

新陳代謝とは

新陳代謝とは簡単に言うと「古いものが新しいもの入れ替わる」ことです。

人間の場合は新しく水を飲んだ分不必要な老廃物や水を尿として出しますよね。

また細胞で見てみてると食事をして新しい栄養素を消化吸収して新しい細胞を作り体内からどんどん古い細胞を押し出していきます。

肌のターンパーバーとかで綺麗な肌に入れ替わってくるのも新陳代謝です。

ターンオーバーがうまくいかなくて肌が荒れてくるというのは新陳代謝が滞ってるということですね。汗

代謝を良くする方法

タンパク質をしっかりとる

身体の細胞はタンパク質からできています。

なのでタンパク質が足りていないとそれだけでうまく代謝することができず肌が荒れてきたりしてしまうんですね。

タンパク質は意識してとっていかないと大抵不足しているので意識的にタンパク質の多い食事をしてみましょう。

しっかり洗顔して化粧水とかでケアしてるのに肌の調子悪いなーと思ったときはタンパク質不足かもしれません。

最低1か月はタンパク質の量を増やして様子をみてみましょう。

それで改善したらタンパク質量が足りてなかったってことですからね♪

タンパク質はダイエット中も減らしてはいけない!?不足したときは驚きの影響が!

カプサイシンをとる

カプサイシンとは唐辛子などに含まれている辛み成分です。

自律神経の働きを促進し代謝をよくする働きがあるんですね。

なのでダイエットにも効果があります。

カプサイシンはにんにくと食べることで相乗効果が生まれるそうです。

ただ唐辛子などは食べ過ぎると胃を荒らしてしまうので、お腹が減っている時に単体で食べるのもやめましょうね。汗

しっかりと食事をとる

摂取カロリーが消費カロリーをずっと上回っていると徐々に太ってきてしまいます。

でも逆にずっと摂取カロリーの方が少ない状態というのもよくありません。

摂取カロリーが足りていないと身体は代謝を抑えて少ないカロリーでも生きていけるようにするんですね。

代謝が下がってしまうのは肌にも良くないですがダイエットや健康などにもよくありません。

栄養バランスの整った食事を3食しっかり食べましょう。

食事制限をしているときは定期的にチートデイというものを使って代謝を落とさないようにすると良いです。

ダイエットには必須?チートデイと取り入れ方は?

睡眠をとる

睡眠不足は色々と影響がありますのでもちろん代謝にも影響があります。

睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れるんですね。

しっかりと質のよい睡眠をとって代謝を良くしましょう。

寝る前の電子機器は睡眠の質を落としてしまいますのでできるだけ控えましょう。

経験上たしかに寝る前にスマホとか触っていると次の日の寝起きはあまり良くないです。

なんかめっちゃねむい。みたいなね。

たまたまでもスマホとかゲームをせずに寝た次の日は寝起きから快調という場合が多いですね♪

睡眠はリズムを整えるのが大切です。

毎日6~8時間で同じだけ寝てるとしても夜10時に寝る日とか午前3時に寝る日があったりバラバラだったら睡眠の質が良くならないんですね。

睡眠の質が良くなければ成長ホルモンの分泌が減って新陳代謝も落ちるの気をつけましょう。

寝る前のスマホは寝不足の原因に?電子機器の影響と4つの対処法

朝食を食べる

しっかりと朝食を食べるだけで代謝が最高で10%あがることもあるそうです。

朝食をとることで寝ている間に下がっていた体温を上げることができるので朝食は必ず食べるようにしましょう。

朝食もタンパク質をとるといいですね。

さすがにがっつり肉とかは重いからヨーグルトとか牛乳がオススメです。

コーヒーなどカフェインの入ったものを飲む

カフェインには代謝を促す働きがあります。

1日中代謝が上がるわけではなく吸収されてから2時間程度ですが結構効果はあると思います。

ただ当たり前だけど砂糖とかはちみつをドバドバ入れるのは禁止です。

摂取カロリーを増やしてはダイエットに失敗しますからね。汗

どうしても甘くしたいときは砂糖じゃなくはちみつを少しだけ入れるようにしましょう。

はちみつには砂糖と違ってミネラルも含まれているのでカフェインで流れてしまう分を多少補うことができます。

カフェインは刺激物で覚醒作用があるため寝る前に飲むと睡眠の質が悪くなってしまうので夕方以降は控えましょう。

水を飲む

全身に栄養素を送ったり老廃物をとってきたりするのは血液です。

血液の大半は水でできているので身体に水分が足りていないと血液がドロドロになってしまいますよね。

そうなったら栄養素もうまく行き渡らなくなってしまい代謝もおちていってしまいます。

水分は冷たい水ではなくて常温の水で1日にだいたい2ℓ程度飲むようにしましょう。

できるだけ水を飲むようにしジュースやコーヒーなどはカウントしないようにします。

特にカフェインやアルコールの入ったものは利尿作用で飲んだ分出て行ってしまうので注意しましょう。

最初はなかなか2ℓ飲むことは難しいですが慣れてくれば普通になるので少しずつ飲む量を増やしていくと良いと思います。

成長ホルモンの分泌を増やす

成長ホルモンは細胞分裂を活発にします。

これは何歳になっても同じことなんですね。

ただ13~17歳をピークにどんどん減ってくるので新陳代謝を維持するためにも成長ホルモンの分泌を増やす工夫が必要になってきます。

何歳になっても若さを保ってる人がいますが意識してか無意識化は別として成長ホルモンの分泌が増える方法をしっかりと行ってるんですね。

汗をかく

運動や半身浴で血流を良くして汗をかくことで体内の老廃物を出すことが出来て新陳代謝は良くなります。

最近は夏でも冷房がんがんで体が冷えて血流が悪化してたり汗をかく機会がものすごく少なくなってるので新陳代謝が悪くなってる人は多いと思うんですね。

もちろん真夏の部屋で40℃を越えるようなときは熱中症などの危険性もあるので、冷房は必要ですが寒くなるほど室温が下がるのはおかしいですよね。汗

会社とかだと自分で調整できないのでしっかりと防寒着を持って体温を下げないようにしましょう。

リンパマッサージ

滞りがちなリンパ液をしっかりと流すことで老廃物を出すことができます。

リンパマッサージって普段する機会ないのでリンパの流れが滞ってる人多いんですね。

簡単にできるのでお風呂に入ったときとかに少しずつリンパマッサージしてみましょう。

規則正しい生活をする

新陳代謝を良くするのにおそらく一番大切なことです。

睡眠時間をしっかり確保したり食事内容に気を遣ったとしても毎日違った時間に寝起きしたり食事の時間帯も違ったりしているとホルモン分泌のバランスが取れないようになり代謝は落ちます。

睡眠時間を確保できれば次は同じ時間帯に寝起きするようにし、食事もいつもだいたい同じ時間帯に摂るようにするだけでも全然違ってきますよ。

まとめ

代謝を上げる方法は色々あります。

今書いた分全部やったとしたら結構な数ですよね。

自分でできる範囲のことをためしてみて合うものをとりいれていきましょう!

新陳代謝を高めるためには「成長ホルモンを増やすには?分泌量を増やす4つの方法」を合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする