ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ドーパミンを増やす6つの方法!やる気をガンガン出してダイエットしよう!

      2015/10/03

 

 

ダイエット中のやる気をキープするのってめちゃくちゃ難しいですよね。

そもそも運動が大好きなら太らなかったはずなので、運動が好きじゃない場合が多いです。

 

でもダイエットは食事制限と運動をしないと成功しません。

やる気をキープするのって自分の意志がめちゃくちゃ強くないとダメだって思うかもしれませんが、実はホルモンも関係しているんですね!

 

やる気に関係あるホルモンはドーパミンと言います。

ドーパミンの分泌量が少ないとやる気を維持できないし、そもそもやる気が出てこなかったりします。

 

でもドーパミンの分泌量を増やすことでやる気を出すことはできるんですよ♪

今回はドーパミンを増やす方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドーパミンを増やす方法

 

 

ドーパミンを増やす食べ物を食べる

 

 

チロシンを摂ることでドーパミンの分泌量を増やすことができます。

ドーパミンも元は栄養素から作られるので栄養が足りてなかったら作りたくても作れないんですね。

 

最近は栄養不足の人が多くなっています。

自分は大丈夫って思っている人ほど意外と栄養不足の場合があるので気を付けましょう。

 

チロシンが多く含まれている食品は

 

  • チーズ
  • きなこ
  • 青魚
  • アーモンドなどのナッツ類
  • カキ
  • 鶏肉
  • 牛肉

 

などがあります。

 

ダイエット中は白米とか炭水化物は取りにくいと思うのでタンパク質が豊富なチーズとかはオススメですね!

アーモンドは間食としてもいい食べ物なのでお腹減った!って思ったらアーモンドを食べましょう。

 

 

アーモンドはダイエットにも効果的!?栄養豊富で便秘も改善♪

 

 

青魚はオメガ3系脂肪酸が多く健康的な脂がとれますし、鶏肉は部位しだいでかなり高タンパク低脂質ですよね♪

特に男性の場合カキを食べることで亜鉛の不足を補いテストステロンの分泌も増やすことができます。

 

 

 

 

運動する

 

 

運動することでドーパミンは分泌されます。

勉強とかがなかなか始められないって場合は運動してからだとやる気が上がって勉強しやすくなります。

 

ただダイエットの場合は運動する気が出ないから困ってるんですよね。汗

外に出る気が出ない場合はとりあえず家の中でストレッチとかラジオ体操をしてみましょう。

 

少しでも体を動かすことでやる気は出てくるので、そのままウォーキングとかに出ていく気が出てきますよ♪

 

 

 

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

新品価格
¥2,268から
(2015/10/3 09:52時点)

 

 

 

 

イメージする

 

 

目標を立てることは大切です。

ドーパミンを増やすためにはもう一歩頑張って目標を達成したときのことをイメージしてみましょう。

 

ダイエットに成功して痩せた自分をイメージしてみると楽しいですよね。

好きな服を着てオシャレなお店に行っている自分。

なんかテンションあがってきませんか?

 

脳はだまされやすいもので想像したことでも現実に起こったものと勘違いしてしまいます。

なのでそこを利用してイメージから始めていくんですね。

 

ダイエットに成功したいなら痩せて綺麗になって、オシャレな服を着こなしてる自分を想像してみるといいですね♪

 

 

 

 

達成感を味わう

 

 

達成感を味わうことはドーパミンの分泌にめちゃくちゃ大切です。

 

そもそも運動が嫌いな原因は過去に運動で失敗ばかりだったことが多いです。

学校の授業の成績がいつも良くなかったとかですね。

 

なのでまずは運動嫌いを克服するために小さい目標を立てましょう。

小さい目標は大きな目標に比べると達成しやすいです。

 

どれだけ小さな目標でも達成するとドーパミンが分泌されるので大きな目標に向かって小さな目標を少しずつ積み重ねていきましょう。

目標をひとつずつ達成していくたびにドーパミンが分泌されてだんだん運動が嫌いじゃなくなっていきます。

 

最初の目標は達成できないわけないってぐらい簡単な目標にするといいですね!

その目標を連続1週間ぐらい達成できたら次の目標を立てていくとちょうどいい感じでダイエットを進めていくことができますよ♪

 

 

 

 

新しいことをしてみる

 

 

新しいことにチャレンジするとドーパミンは分泌されます。

3日坊主と言われるように新しいことも何日か経ったら新鮮さがなくなってドーパミンの分泌量は減っていくので小さなことをたくさん始めてみるといいですね。

 

内容はなんでもいいです。

普段家事をしてないなら家事を1日でもしてみたり、音楽聴かないなら聴いてみたり。

新しいことを少しだけしてドーパミンが上がった状態で運動に入ると続けやすいですよ。

 

運動をしながら新しいことを見つける方法はいつもと違う道を使ってみる、です。

いつもと逆方向からウォーキングしてみたり、全然違う方向に向かってみたり。

 

普段通らない道を通ると全然雰囲気が違うので楽しめます。

色々新しい店を見つけられたりと発見があるので楽しくてドーパミンががんがんでますよ♪

 

新しい発見という意味では家でのエアロバイクとかウォーキングマシンは全く景色が変わらなくて場所も同じなので飽きやすいです。

是非外に出て歩いてみましょう!

 

 

 

 

 

趣味を楽しむ

 

 

趣味はドーパミンを分泌にとてもいいです。

なんでも趣味は楽しいですよね。

 

できるだけ自分が楽しいと思うことを探してみましょう。

ただゲームとかはその場から動かない時間がものすごく増えてしまうのであまりオススメはできません。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

ドーパミンは普段から分泌されていないとやる気は全然出てきません。

うつ病や常にやる気がない人はドーパミン不足の場合が多いようです。

 

少しでもドーパミンの分泌を増やすように心がけていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - やる気向上