ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

腸内環境を良くする11の方法!日頃の積み重ねがめちゃくちゃ大切!

   

 

なんか調子悪いし肌もボロボロ。

どれだけスキンケアに時間とお金をかけても全然改善されない。

 

こんなあなたは腸内がボロボロになっているかもしれません。

腸内環境が悪化してしまうと体のほとんどが正常に機能しなくなると言ってもいいほどに影響が出てしまうんですね。

 

じゃあ腸内環境改善していかないといけませんよね。

今回は腸内環境を良くする方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

腸内環境を良くするには?

 

ジャンクフードをやめる

 

 

人工甘味料や保存料などのの添加物は腸を刺激してしまい腸内環境を悪化させてしまいます。

外で買える加工されたものには入ってると思っていいでしょう。

 

というと全部食べられない気がしてくるんですが、お菓子やジュースなどはできるだけ避けたいですね。

でも缶詰とか他のものも気にしていると本当に何も食べられなくなってしまうので、まずはお菓子類とジュースはやめる。

 

それでまだ添加物減らしていきたい場合は他のものも見ていくといいですね。

 

 

 

自炊する

 

 

材料を買って自炊するようにすることで保存料とかの添加物を避けることができます。

自炊の場合は添加物を減らせるほかに調味料も減らせますね。

 

また自分で腸内環境を整えやすい食事を作ることもできます。

総菜とかだとどうしても脂っこいものが多めになってしまい腸内環境には良くないんですよね。

 

まず朝のパンをやめて朝食を作るようにしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

運動を習慣化する

 

 

日ごろから習慣的に運動をする人はしない人に比べて腸内フローラの状態がいいそうで

す。

運動で腸内も整うんですね。

 

ただし運動のやりすぎも腸内環境悪化につながるのでハマりすぎには注意が必要ですね。汗

全く運動してない人は少しずつ運動の習慣をつけてみてください。

 

最初は5分程度のウォーキングから初めて慣れてきたら2,30分まで伸ばすといいですね。

1週間に150分ほどウォーキングできるようになれば運動量としては十分です。

 

運動をすることで腸の働きを良くして排泄を促すこともできるので便秘改善にも効果的です。

 

 

運動が続かないんだけど。どうすればずっと運動できる?

 

 

換気する

 

 

現代の家は換気が良くない上に有害物質が多くなってしまっています。

カビとかもそうですね。

 

換気しない状態だと腸内に良い細菌も住めなくなってしまい腸内環境が悪化してしまうんですよ。

定期的に換気をすることで外から必要な細菌を取り入れて腸内環境改善に役立てていきましょう。

 

夏場は暑いし冬場は寒いですが1時間に1回ぐらいは換気していきたいですね。

 

 

 

自然の多い環境に行く

 

 

森林などの自然が多い場所は良い細菌もたくさんいます。

悪者されることの多い細菌ですが身体によいものも多いんですね。

 

自然があれば森とかじゃなく近場の公園とかでもいいので昼食を公園で食べるのとかもいいですね。

春や秋なら気温もちょうどよくて気持ちいいでしょう。

 

外に出るのが嫌な時期は良く活動している場所に観葉植物を置くだけでも効果ありです。

 

 

 

善玉菌を増やす

 

 

食事内容も改善していって善玉菌の量を増やしていきましょう。

キムチやチーズ、納豆とかヨーグルトが良いと言われています。

 

現代の食生活では食物繊維が圧倒的に足りていないことが多いので、少しずつでも食物繊維の摂取量を増やしていきましょう。

食物繊維を増やすには白米を玄米に変えるだけでも結構違ってきますし、夜1食にサラダを追加と化してみるといいですね。

 

 

 

肉を減らす

 

 

動物性たんぱく質や脂質は腸内環境を悪化させてしまいます。

ただ動物性のタンパク質を減らすと毎日必要量摂取するのがかなり難しくなってしまうので0にするのはなかなか厳しいです。

 

健康的な脂質を摂るために肉類でも魚をメインにするといいですね。

また肉を減らして動物性たんぱく質が減った分は植物性たんぱく質の豊富な食べ物を多くしてタンパク質不足にならないように気をつけてください。

 

 

 

オリゴ糖をとる

 

 

オリゴ糖を摂るようにすることで腸内環境が良くなります。

砂糖よりもカロリーが少ないので太りにくいものなので気軽に使えるのもいいところですね。

 

ガラクトオリゴ糖を摂取することで腸内環境が良くなるだけでなく食欲を抑えられるのでダイエットできたり、体内の炎症を減らすことでアンチエイジングにも効果的です。

炎症を減らすことでニキビなどの肌荒れも改善することができるので、美肌になるにもオリゴ糖は使えます。

 

 

 

ストレス解消する

 

 

副交感神経を働かせることが大切です。

ストレスがたまると腸内環境はどんどん悪化してしまって体はだるくなり、なんとなくぼーっとしやすくなったりして余計にストレスがたまるという悪循環になってしまうんですね。

 

さっき紹介した森林浴とか運動にはかなりのストレス解消効果もあるので、腸内環境を整えるためにも取り入れてみるといいでしょう。

 

 

 

刺激物を減らす

 

 

刺激物は胃腸ともに荒らしてしまいます。

多いのはカフェインやアルコール、辛いものなどですね。

 

コーヒーとかお酒を完全にやめるのは難しいという人が多いと思いますが、腸内環境が改善されるまでの期間限定でも我慢してみましょう。

どうしても無理な場合は量を減らしたり、カフェインが少なめの紅茶やお茶に繰り替えて対処するといいですね。

 

 

カフェインレスに替えることで得られる6つの効果

 

 

オリゴ糖などを摂るタイミングに注意

 

 

善玉菌を増やすとかオリゴ糖とか言いましたがいつとっても効果的なわけではありません。

最初の環境が悪い時に摂ると逆効果になったりするんですよ。汗

 

善玉菌を増やすという対処法は他の方法である程度腸内環境が改善されてから試していってみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

腸内環境が悪化すると体調は悪くなり集中できないしやる気も起きない。

下痢や便秘になるし老化も進んでしまうという感じでいいこと本当にないです。

 

今まで腸内環境が悪かった期間が長いほどボロボロな分改善までに時間がかかりますが、根気よく少しずつ改善していきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - ダイエット, アンチエイジング