O脚改善は意外と簡単!?原因は生活習慣だった!

O脚ってみるからにかっこよくないですよね。汗

O脚だと足が曲がっているようにみえるので太く短くみえてしまいます。

でも実際に骨は曲がってるのか?

というと曲がってないんですね!

ごくまれに先天性で曲がっている人もいるようですがたいていの人は自分の生活習慣が原因でO脚になってしまっているようです。

体重が重いからだとか思う人がいるかもしれませんが違います。

相撲取りの人達はO脚の人がいないって言われているんですね!

それに見た目は細くて軽そうな人でも結構O脚の人はいます。

ということはほぼみんなO脚は改善できるってことです♪

今回はO脚になってしまう原因とその改善方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

O脚の原因

原因は生活習慣にあります。

骨盤がゆがんだり一部の筋肉だけ強くなってしまうような動き方をしているとO脚になりやすいんですね。

基本的に骨盤に歪みが全くないとか筋肉のバランスが完璧と言う人はいないでしょう。

  • 足を組む
  • 片方に体重をかける
  • ガニ股歩き

などをしているとどんどん身体は歪んでいきます。

と足を組みながら書いています。笑

足を組む

やるとわかりますが足を組むと絶対に骨盤が開きます。

骨盤がひらくとその分股関節が外に向いてしまうんですね。

そうするとガニ股歩きになったり股関節が外を向いているだけで太ももの内側の筋肉が使われにくくなり、外側の筋肉ばかり使われてバランスが悪くなっていきます。

片方に体重をかける

片足に体重をかけると普段2本の足で支えていた重さが片足に集中します。

しかもこのとき足全体で支えてるつもりでも外側の筋肉の方が使われている量が多いんですね。

そうなるとどんどん外側の筋肉が発達していき内側は弱くなっていってしまいます。

外側の筋肉が骨を外に引っ張っていくのでO脚になりやすくなるんですね。汗

ガニ股歩き

年齢や周りの人の影響でガニ股かっこいいとか思っているとO脚の原因になっています。

ガニ股歩きは筋肉のバランスをめちゃくちゃ悪くしてしまうんですね。

一度がに股歩きが定着してしまうと改善するのはかなり意識していかないと難しいです。

改善法

一言でO脚改善と言ってもそれぞれO脚になってしまっている原因が違うので

  • ストレッチ
  • トレーニング

など様々な方向からのアプローチがあります。

股関節周りのストレッチ

股関節のストレッチである開脚をします。

これをしっかりとやって股関節の位置を元に戻していくんですね。

股割

こんな感じで最終的にはべっちゃりとくっつくぐらいまでできれば最高です♪

毎日お風呂上りにテレビでも観ながらストレッチしていくといいですね!

太もも外側のストレッチ

外側の足の付け根あたりのストレッチになります。

腰をひねるので腰部のストレッチにもなりますね!

寝る前とか朝起きたときに行うと寝ころんでいるので習慣にしやすいですよ♪

トレーニング

O脚の人は内転筋群の筋力が低下している可能性があります。

テニスやサッカーなど太ももの外側を使うスポーツをしていたり、小指側に体重を乗せた立ち方をしていると内側が使われることがすくなくなってしまいます。

一番簡単な内転筋トレーニングです。

この方法は椅子に座っている時にものを何か挟んだ状態にしていてもできるので、仕事中や学校でもできます。

2つめは寝ころびながらできる方法です。

家でゆっくりとリラックスしているときついでに行うような感覚で取り入れていきましょう!

最後に紹介するのがこれです!

体幹トレーニングのサイドプランクで内転筋も同時に鍛える方法ですね。

サイドプランクも行うので腹斜筋なども鍛えられてウエストを引き締めたり、ポッコリお腹改善も期待できます。

ただやってみるとわかるのですがかなりきついです。汗

いきなりやると怪我してしまう可能性があるので体力に自信がある人向けです。

負荷が強いので間違いなく効果があるトレーニングなので、最初は他の軽いトレーニングで鍛えてもっと鍛えたくなったらチャレンジしてみるといいですよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何事も継続は力なり!です。

簡単に数分でO脚が治る!といったものもたくさんありますが数分で改善できることは数分で元に戻ってしまいます。汗

それだと意味ないですよね。

なのでしっかりとストレッチで骨盤を元の位置に戻したり筋肉を柔らかくしてトレーニングで鍛えていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする