ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

痩せたいのに食べちゃうのはなんで?実は記録してないのが原因?

   

 

 

痩せたい!って思っててもついつい食べちゃうことってよくありますよね。

今日から糖質制限するぞ!って朝に意気込んだのに帰ってきたらお菓子食べてるとか。

 

そんなあなたは食べないようにしっかりと対策をしていくことが必要です。

今回は痩せたいのに食べちゃう。の対策について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

痩せたいのに食べちゃうを解決!

 

必要なものはノートのみ!

 

あとにあげる3つのことを1冊のノートに書き出すだけです。

ノートでもいいしスマホのメモ張でも使いやすそうなアプリでもなんでもOK!

 

ノートが一番ぱっと見やすいと思うので出先で食べちゃったときはスマホでメモっといて帰ってからノートに書き込むのがいいでしょう。

 

 

 

いつ食べちゃう?

 

 

あなたはいつ食べちゃいますか?

1日の中でついお菓子とかジュースを食べてしまうことが多い時間帯があるはずです。

 

たとえば仕事が始まる前とか昼食まで我慢できなくて11頃に食べちゃうとか。

帰ってから夕食までちょっと時間が空いたら食べちゃうというのも多そうですね。笑

 

 

 

なぜ食べちゃう?

 

 

なんで食べちゃったんでしょうか?

言い訳使ってませんか?

 

朝食時間なかったからコンビニで甘いドーナツとお菓子買ったとか、夜食べてないから寝る直前にアイスとジュース食べたとか。

仕事や勉強中は脳のエネルギー源としてブドウ糖が必要だから甘いもの食べようとか。

 

何かしら理由をつけて食べてることって多いんですよ。

なので食べたときなんで食べたか?の理由も書いておきましょう。

 

もちろん「なんとなく」の場合はなんとなくって書いときましょう。

ちなみに甘いもの食べなくても全然頭の回転や集中力は落ちないので食べなくて大丈夫です!

 

 

 

どこで食べちゃう?

 

 

どこで食べちゃいますか?

 

出勤途中のカフェとか昼食で行った店のデザートとか帰宅直後のリビングとかですね。

デスクにアメとか常備してる場合は仕事中のデスクも大敵になりますね。笑

 

 

 

しっかりと記録する

 

 

この3つをしっかりといつどこでなんで食べたのか?を1週間~1か月程度徹底的に書いておきましょう。

そうすれば自分が食べてしまう理由がわかってくるので対処できるようになっていくんですね。

 

朝食を抜いてるから甘いもの食べちゃうぐらいならしっかり朝食を食べた方が健康的でダイエットもしやすいです。

11時とか微妙な時間にお腹が空いて食べてしまい場合は前もってアーモンドとか小魚みたいな食べても太りにくい糖質以外の食べ物を用意しておくこともできますよね。

 

家と会社の往復にあるカフェで何かしらを食べることが多い場合はカフェではコーヒーしか頼まないようにすると決めておくだけでもつい食べてしまう可能性は減らすことができます。

 

なんとなく「頑張って食べないぞ!」って決意するだけではいつの間にか誘惑に負けてしまって気づいたら「はっ!お菓子食べてる!」ってなることもあります。

ですが1ケ月ぐらいかけてしっかりと記録しておけばいつどこでなんで自分が甘いものを食べてしまうかの理由がだいたいわかってくるのでそこだけ避けていけば甘いものの誘惑からはかなり逃れることができるようになるんですよ!

 

記録をすることなのでレコーディングダイエットと似たような感じになりますね。

レコーディングダイエットに慣れてきたら食事内容も書いていきますが、同じような感覚で行うといいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

食べちゃったときのこと覚えとけばいいやって思うかもしれませんが、人間の記憶ってものすごく曖昧でいつ食べたかなんか数日したら覚えてないですし、量も本当よりも少なく記憶しがちです。

数日後のあなたの頭からはもう甘いものを食べたことなんてどうでも良くなっていて食べてなかったのと同じ状態になっています。

 

今日おいしそうなものを食べたいときに「でも昨日アイス食べたしなー」って悩むことはあっても「でも一週間前アイス食べたしなー」とは考えないですよね。

それだけ記憶って適当なんですよ。

 

なのでまずはしっかりと記録することから始めましょう!

 

 

よろしければ「レコーディングダイエットのやり方は超簡単!とにかく記録するだけ」も合わせて読んでみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット