ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

お腹がすいた…ダイエット中の空腹に耐える簡単な11の方法

      2016/03/15

 

 

ダイエットで食事制限中はとてもお腹が減りますよね。

慣れたら大したことはありませんがダイエットを始めて初期のころは本当に気がおかしくなってしまうほど食べるのを我慢するのは辛いという人もいると思います。

 

でもダイエットを成功させるには間食でお菓子なんか食べてる場合じゃありませんよね?

 

今回はダイエット中にお腹が空いたときの対処法についていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

お腹すいたときの対処法

 

 

 

歯を磨く

 

 

歯を磨いてしまったらもう一回磨くのめんどうだし食べるの我慢するかって気になりますよね。

もう夕食が済んでいてお腹がすいたときはさっさと歯を磨いてしまいましょう。

 

しかもなぜか歯を磨いた後ってあんまり食欲わかないと思いませんか?

キシリトールのすっとする感じが食欲を抑えてくれます。

 

また寝るちょっと前とかにお腹すいたなーって思ったときに歯磨きを空腹をまぎらわしたまま寝るっていうのもありですね!

 

 

 

 

 

運動する

 

 

お腹すいたなーと思ったときに運動をすることで空腹をまぎらわせることができます。

運動は激しい運動じゃなくて軽い有酸素運動で大丈夫です。

何かほかのことをしながらでもできる”ながら運動”をしてみるといい感じですね♪

 

また食後30分ぐらい経ったあたりで食べる順番とか食べたものによっては血糖値が急上昇してしまいます。

血糖値が急上昇すると逆にいっきに下がるときがあるんですね。

 

運動をすることで血糖値が上がるのを防ぐことができます。

 

夕食の後とかに外にウォーキングやジョギングに行くのは結構めんどうなことだと思うので踏み台昇降とか簡単でオススメですね♪

 

 

 

 

ガムを噛む

 

 

何かを噛むことで満腹中枢が刺激され腹いっぱい!って思うことはなくてもお腹すいたーって感覚をごまかすことができます。

 

ガム噛んでたら他のもの食べられないですし。笑

実際ガムを噛んでいるとかなり空腹をまぎらわすことができますよ♪

 

食事前にガムを噛んでおくと満腹中枢を多少刺激しているので食べ始めてすぐからしっかりと食べてるって脳に刺激が伝わります。

その結果として食べ過ぎを防ぐこともできるんですね。

 

 

 

 

水を飲む

 

 

水を飲むとその分だけ胃がふくれるので満腹だと脳を思わせることができます。

水だと結構いつでも簡単に飲めますよね♪

 

ただこのときの水はジュースだとダメです。

ジュースには結構な量の砂糖が含まれているのでカロリーを摂ってしまいます。

 

せっかくダイエット中の食事制限をしてるのに砂糖を摂ってしまうと意味がないですよね。

水より更にいいのが炭酸水ですね。

 

炭酸水は炭酸でお腹で膨れるので結構つかえますよ♪

 

 

 

 

 

少量をよく噛んで食べる

 

 

どうしても我慢できないときはカロリーが低いものを少しだけ、その代りよく噛んで食べましょう。

噛んで食べることでお腹がふくれやすいですし噛むこと自体に効果があってセロトニンの分泌を促すことができます。

 

間食としてはアーモンドなどのナッツ類がオススメです。

ナッツ類は脂質が多いので高カロリーですがナッツ類に含まれている脂質は悪玉コレステロールを減らすことができるんですね♪

 

ただカロリーが高いので食べ過ぎには注意です。

 

 

アーモンドを食べて痩せる9つの決定的な理由

 

 

 

 

だまって寝る

 

 

お腹がすいたときもう寝ちゃいましょう。笑

寝る前もお腹が減っていますが寝てしまったら次起きるまではもうお腹すいたかわからないです。

 

朝ごはんがおいしいですよ。笑

 

ただ食事制限を始めてすぐとかの場合は空腹感が強すぎて寝られない場合があります。

寝られない場合は何か食べるのはよくないので水を飲んだり炭酸水を飲むことで対処していきましょう!

 

 

 

 

3食から5食にする

 

 

ダイエットに成功させるために毎日5食食べることも効果的です。

食事の回数減らすとか太るんじゃない?って思うかもしれませんが大丈夫です。

 

5食に増やしますが一回の食事量を減らして一日でとるカロリーは同じにするんですね。

 

そうすることでお腹がすいた時間を減らすことができます。

始めは一回の量が減るので物足りないですがおかげで胃が小さくなって食べる量も自然と減っていくのでオススメですよ♪

 

 

 

ダイエットは食事回数を増やすと成功する!?1日5食ですっきり痩せられる!

 

 

 

 

早寝する

 

 

早く寝てしっかりと睡眠時間を確保することも大切です。

 

睡眠不足が続くとレプチンとグレリンというホルモンバランスが変わってきます。

簡単にいうとレプチンは食欲を抑えるホルモンでグレリンは食欲を上げてしまうんですね。

 

睡眠をしっかりととることでホルモンバランスが整うので大切にしていきましょう♪

 

 

 

 

 

好きなことをやる

 

 

自分の好きで集中できることをやってみましょう。

集中してるときってお腹減ったとかわかんないですよね?

 

なのでお腹がすいたと思う前から楽しくて集中できることをやってみましょう。

楽しいうえに空腹をごまかせるとかめちゃいいと思いませんか?

 

 

 

 

その空腹。本当にお腹が空いてる?

 

 

実は空腹感には本当にお腹が空いている場合と本当はまだお腹が空いてないけど空腹感だけが起きてしまってる場合があります。

正確には空腹”感”は事実なんですけど空腹ではないんですね。

 

食後すぐになんとなくお腹すいたなーと思う空腹感は嘘ですので、間違っても食べないようにしましょう。

ダイエット前に食後少し空いてからデザートを食べるような習慣があった場合はこのタイミングで空腹感が起きやすいので注意したいですね。汗

 

他には食事の時間帯が少しずれた日は気を付けましょう。

 

普段は夕食を7時に食べてたのがちょっと仕事の都合とかで6時になってしまった。

そしたら7時ごろにお腹が空いてきた。という場合の空腹感は気のせいです。

 

水飲んでごまかしましょう。笑

ここで飴でもなんでも食べてしまうと血糖値が上がってしまってまたちょっとしたら空腹感に襲われるという無駄な循環に入ってしまいます。

 

 

 

 

 

お腹が空いてる。食べたいという気持ちを認めるだけでも効果あり

 

 

ダイエット中って「食べたらダメだ!本当はお腹すいてない!」とか自分をなんとかだまそうと頑張ったりしますよね。

これ実は逆効果なんですよ!

 

人間は否定すればするほどその考えが脳にこびりついて離れなくなります。

試しにこれからケーキのことを考えてはいけない。って思ってみましょう。

 

どうですか?むしろケーキのことばかり考えるようになりますよね。

 

この対処法としては自分はお腹が空いてる。本当は色々なもんを食べたいということを認めることです。

自分の考えを認めるだけでかなり気持ちは楽になるんですよ。

 

我慢に我慢を重ねてもつい食べちゃうんですが、食べたいという気持ちを認めるだけでかなり無駄な間食を減らすことができます。

もちろん食べたい気持ちは認めていいですが行動に移したらダメですよ!笑

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

食事制限中におなかがすいたことをまぎらわすのは大変なことです。

でも空腹に負けてしまったらダイエットは成功しないので頑張っていきましょう!

 

空腹の対処法ひとつひとつは簡単にできることなので自分に合ったものを選んで試してみましょう。

 

 

ダイエットの成功率を高めるために「ダイエットの成功率を上げるために知っておきたい12のこと」も合わせて読んでみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 栄養