ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

自宅でトレーニング!簡単にできるメニューを5つ紹介!

   

 

 

ダイエットしたいなーと思ってもジムに通ったりパーソナルトレーナーを雇うのは金銭的にも時間的にも結構難しいです。

なのでたいていの人は家でトレーニングをすることになるんですよね。

 

ですが実際”ダイエットするため”という理由だけだったら自宅でのトレーニングでも十分痩せることができます!

今回は自宅トレーニングについて書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自宅で行いたいトレーニングメニュー

 

 

家でできるトレーニングはたくさんあります。

筋肉を大きくするには重いバーベルを持った方が効率的ではありますが、最近は軽い負荷でもしっかりと追い込むことで筋肥大すると言われているようです。

 

筋肥大を目指していない特に女性はそこまで追い込まなくてもしっかり筋肉を維持し、脂肪を減らすトレーニング量にしていきましょう。

 

 

 

スクワット

 

 

スクワットは何度も紹介してますね♪

 

太ももの前をメインにお尻や腰回り、背中など全身を鍛えることができます。

筋トレの中でも消費カロリーが高いので「ちょっと最近運動不足」というときにさっと行うとやらないよりはかなりカロリーを消費することができます。

 

 

 

下半身を筋トレすることでダイエットは成功する!3つのトレーニング法

 

 

 

 

クランチ

 

 

腹筋ですね。

バキバキのシックスパックを目指したい人は行いましょう。

 

くびれがほしいというあなたはクランチではなく腹筋の側面を鍛えるトレーニングを行いましょう。

 

 

くびれを作るための筋トレ方法!腹筋を鍛えまくっても意味がない!?

 

 

 

 

プッシュアップ

 

 

 

 

腕立て伏せですね!

スクワット同様自宅トレーニングの定番中の定番です。

 

ですがプッシュアップは結構自分が思っている部分の筋肉に効かせるのが難しいのでしっかりと鍛えたい筋肉を意識しながら行いましょう。

 

動画で行われているプッシュアップは二の腕、大胸筋、広背筋を鍛える3種類のプッシュアップを紹介してくれてます。

最後の広背筋を鍛えるトレーニングは少し強度が高くトレーニング初心者の場合できないかもしれません。

 

できなかった場合は膝をついてやってみると少し強度が下がるので試してみてください♪

 

 

 

 

ローイング

 

 

 

 

広背筋を鍛えるトレーニングです。

実はこの広背筋を自重トレーニングで鍛えるのって結構難しいんですね。

 

なので動画ではタオルを使ってフォームを意識したトレーニングをしています。

プッシュアップの広背筋を鍛えるバージョンができない場合はまずローイングで筋力を上げてから再度チャレンジしてみましょう!

 

 

 

 

自宅でトレーニングをするメリット

 

 

費用がかからない

 

 

トレーニング器具を買って本格的に行う場合はお金がかかりますが、今紹介したような自重トレーニングでは基本的にお金かかりません。

タオル代ぐらいです。笑

 

ジム費用やジムに移動するまでにお金がかかるのでお小遣いの少ないトレーナーにはジム通いは辛いでしょう。汗

ですが自宅での自重トレは基本0円でできるのでオススメです。

 

ただボディビルのようにバキバキのマッチョを目指す人は自重トレーニングはあまりにも時間がかかりすぎるのでジムに通った方が時間的なコストを考えるといいでしょう。

 

自分の目的に応じて決めるといいですね♪

 

 

 

 

移動しなくていい

 

 

家をあまり出たくない人はいいですね!

雨の日はトレーニングのためだけにジムに行くのはめちゃくちゃめんどうです。

 

ですが自宅トレだと家なので気候も交通状況も関係なくトレーニングできます。

 

 

 

 

待ち時間がない

 

 

ジムに通ってトレーニングをするとかなり待ち時間が発生することがあります。

自分が使いたい器具が空いてなかった待つしかないんですね。

 

しかも長時間独占するような人もいるので最悪の場合ほとんどトレーニングできずに帰ることになる可能性も。汗

自宅だと何も待たずにさっと自分のやりたいトレーニングを終えることができるので、時間をかけずにできるのでいいですよ♪

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ダイエットしたい、細マッチョを目指したいという理由だったら自宅でのトレーニングでも十分になることができます。

まずは家でトレーニングして少しずつ運動を継続するということを始めましょう。

 

少しずつできるようになって自分の成長がわかるとトレーニングは楽しいですよ♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 筋トレ