ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

起きてすぐ筋トレのメリットとデメリットを知って効率的な毎日を!

   

 

 

筋トレを習慣にしたいけど仕事の都合と疲れで全然トレーニングできない状態ではありませんか?

トレーニングする時間帯として一番みんなが行っている時間帯は仕事終わりですよね。

 

実際サラリーマンの一応の就業時間が終わる5時あたりからジムにも人がどんどんやってきてトレーニングをしています。

でも残業や突然の飲みの誘いなどで予定していたトレーニングができないということもあると思うんですね。

 

それで全然習慣化できないでいるとちょっと忙しくてトレーニングの間隔があくとそのままやめてしまうことになる可能性があります。

そんなことにならないように夜忙しいあなたは朝起きてすぐに筋トレしましょう!

 

 

今回は朝起きてすぐに筋トレをするメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

朝に筋トレをすることのメリット

 

習慣化しやすい

 

朝は習慣化しやすい時間帯です。

遊びや飲みに誘ってくる友人はいないし残業もありません。

 

この時間帯で筋トレをすることで毎日決まった時間にトレーニングを始めることができるため夜にトレーニングをするようもはるかに習慣化が簡単になってきます。

夜だと残業や飲みの誘いで突然トレーニングできなくなることって結構ありますよね。

 

ですが朝の場合はほとんどトレーニングできなくなるということはありません。

寝坊した場合は別ですが。笑

 

筋トレの成果を出すためには正しい負荷も大切ですが習慣的に行わないといけません。

そのために朝の決まった時間に筋トレを取り入れることはものすごく効果的ですね。

 

 

 

目が覚める

 

 

朝から筋トレをすることで目が覚めてきます。

寝起きで急いで用意して学校や仕事にいってもなかなか眠気がとれないまま始まることって多いですよね。

 

ですが始業の時間までに一度身体を動かして酸素をしっかりととりいれておくことで脳の働きが高まった状態で1日をスタートすることができます。

 

そういえば学生時代朝練してた運動部は朝から元気でしたよね。

これも朝練で身体を動かしてるおかげでしょう。

 

 

 

1日分の気合が入る

 

 

朝に筋トレをして一度がっつり気合を入れることでその後1日を気合が入った状態で過ごすことができます。

だらだらと用意をしていたときに比べて活動的になり集中力も全然違ってくるでしょう。

 

集中力が高まれば仕事を早く終わらせて帰って早く寝られれば次の日からのトレーニング時間もしっかりと確保できるようになりますよ♪

 

 

 

ジムが空いている

 

 

なんと言っても大きなメリットはジムに人が少ないということですね!

家で軽く筋トレをする人には全く関係ないことになりますが。汗

 

朝はまだジムに来ている人が少ないので夜と違ってやりたいトレーニングをやりたいタイミングでできないということもあまり多くないです。

人が少ないためある程度好きなタイミングでトレーニングできるので「あ、次使おうと思ってたのに。」ということが少なくなって気持ち的にもかなり楽です。

 

 

 

時間が節約できる

 

 

これも特にジムを利用する場合差が大きいですね。

夜にはジムが混んでいて待ち時間が出てくることも良くあることですしシャワー待ちの時間もあるかもしれません。

 

ですが朝の場合人が少ない分待ち時間は確実に減ります。

場合によっては10分以上も差が出てくるので筋トレを習慣にしようと思ったらめちゃくちゃ大きな差になりますよね。

 

家で筋トレをする場合でも夜は邪魔が入りやすいです。

朝だと一人で集中してトレーニングすることができますが夜になると家族だったり友人とのLINEなどちょっとした邪魔が入りやすいので家トレでも朝にすることで時間を節約することができます。

 

 

 

朝に筋トレのデメリット

 

怪我をしやすくなる

 

 

やはり朝起きてすぐは筋肉が固まっていて体温も低いため怪我をしやすい状態にあります。

なので怪我をしないようにしっかりとストレッチやウォーミングアップをする必要があるでしょう。

 

怪我してしまってはトレーニングを続けていけないのでストレッチの習慣がついてから筋トレを始める方がいいですね。

筋トレができなければ意味ないって思ってしまうかもしれませんが、朝にストレッチを取り入れるだけでも全身の筋肉が柔軟になり、血流が良くなることで身体が軽くなるので1日の生産性は高くなります。

 

 

 

 

初めは起きるのがめんどう

 

 

朝に筋トレをするためには5分10分でも早く起きないといけません。

今よりちょっとでも早く起きるのって最初は辛いですよね。

 

ですが慣れてきたら当たり前になりますし朝の筋トレは1日に活力を与えてくれるのでぜひ早起きして筋トレしてみましょう!

 

 

 

 

やり方間違えると筋肉量減る

 

 

朝起きたときあなたの身体はエネルギー不足の状態です。

そのままいきなり筋トレを始めてしまうと筋肉がエネルギーとなって使われてしまうこともあり、筋トレしてるのに全然筋肉がつかないということもありえます。

 

朝に筋トレする場合は朝食後にするか少なくともバナナ1本を食べるようにしましょう。

またBCAAを摂取と筋肉の維持がしやすくなります。

 

 

 

 

心臓への負担が大きい

 

 

起きてすぐの筋トレは心臓への負担が大きくなってしまうので心疾患を持っている方は医師に相談したうえでトレーニングを始めるといいでしょう。

心臓に問題がない人でも朝食後など少しだけ時間を空けた方が安全性は高くなります。

 

 

 

気を付けないと血栓ができやすい

 

 

寝起きは身体が水分不足で血液ドロドロ状態です。

さらにそこから筋トレをして汗をかくとドロドロさが増してしまって血栓ができやすい状態になってしまいます。

 

朝起きてまずは水をコップ1杯飲んでその後もトレーニング中にはしっかりと水分補給をするようにしましょう。

とくに前日の夜お酒を飲んでいる場合はアルコールの利尿作用によって脱水が進んでいます。

 

寝る前にも水を飲むことをお忘れなく。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

朝に筋トレするのは大きなメリットがあります。

デメリットも気を付ければある程度のことは回避できることですので、しっかりとトレーニング効果がでるように筋トレしていきましょう!

 

 

疲れでトレーニングできないという方は「疲れやすい体質を改善!7つのやってほしいこと」も合わせて読んでみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 運動