断食ダイエットはリバウンド確実!?体重が戻らないようにするための5つの考え方

断食で痩せたからと言って油断しているとまず間違いなくリバウンドしてしまいます。

リバウンドしてしまうとせっかく辛い辛い断食で減らした分の体重が元に戻るかもしくは、ダイエット前よりも増えてしまうことがあるのでものすごく注意していないといけません。

ですがただ単に断食して終了後は食事量を戻すという方法ではリバウンドを防ぐことはできません。

今回は断食ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

断食ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法

断食で体重が減るのは当たり前

さて、断食をすれば誰でも簡単に体重を減らすことができるのは当たり前ですね。

人間は生きているだけでエネルギーを消費しています。

なので断食で食べ物からの摂取カロリーを減らせば、体重が減るんです。

断食中は水分不足になりやすいので水の分も体重落ちてるでしょう。

排泄物も新たにたまらない分体はどんどん軽くなっていきますね♪

リバウンドを防ぐために最初に知っておいてほしいのは「落ちた体重全部脂肪ではない」ということです。

脂肪だけ3kgも4kg落とすのは普通に食事制限+運動でもかなり時間がかかります。汗

1度の断食は短期間で!

リバウンドの原因は身体が飢餓状態になって代謝を落としてるのに、摂取カロリーを戻してしまうということと、体重が減る前と同じぐらい食べていることです。

人間の身体は飢えに耐えるためエネルギーを取り込めなくなったら代謝を落としてエネルギー消費を減らします。

1日に使うエネルギーが減ってるときにがっつり食べれば身体に残るエネルギーは多くなりますよね。

問題は食べる量を増やした瞬間に代謝が元に戻るわけではないんです!

一度飢餓状態になると食事量を戻しても少しの間は、節約モードなのでどんどん溜めこんでいってリバウンドしてしまうんですね。汗

身体を節約モードにさせない対策としては「断食を長期間行わない」という方法があります。

断食は摂取カロリーが極端に減るので、長期間やれば100%節約モードになります。

ですが1日や2日だけ断食すると節約モードに入る前に終わるので、代謝が下がらない分消費カロリーも減らなくて済むんですね♪

断食は週に1日だけとか単発で行うといいですよ!

3日で痩せる!プチ断食の圧倒的な効果3つ

断食は頭の中からも食べ物を追い出す

断食中は何か別のことを行いましょう!

なんでもいいです。

熱中するレベルで行いましょう!

断食中はとにかくお腹が空きますよね。

お腹が空いている間空腹をずっと我慢していると食べたいのに食べられないことでものすごくストレスがたまってしまいます。

ストレスが増えれば増えるほどストレスホルモンであるコルチゾールの分泌も増えます。

コルチゾールには脂肪の分解を抑える働きがあるので、ダイエット中にはできる限り抑えたいんですね。

しかも「断食終わったら何食べようかなー?」ってずっと考えていると、終わった瞬間にドカ食いしてしまう可能性が高まります。

何かに熱中することで食事のことを忘れてストレス知らずになりましょう!

断食は休日などに行って1日がっつり趣味などを楽しむといいですね♪

コルチゾールを抑えるには?今日から使える8つの抑制方法

ダイエット目的で行う意味はない!?

ダイエットを目的として断食をするのは意味がないと言われますが実際はどうなんでしょうか?

断食は無意味とは言いませんが、劇的な効果があるわけではありません!

さっきも言ったように数kg減っても全部脂肪が落ちるわけではなく、水分量の低下や筋肉量の低下など色々合わさって数kg落ちてるわけです。

なので食事量を戻せば1kg程度は戻るでしょう。

でも全く意味がないわけではなくて、デトックスや消化器官を休めることで間接的にダイエットの役に立ちます。

食事を増やすなら運動で消費

断食を終わった後は元の食事量に戻すか少し減らした量にするか、になります。

もし今まで通りの食事量に戻せば今まで通りの体重に戻るわけなんですね。

食べる量に対して体重には適正があるため、ずっと同じ量を食べていれば基本的にはほとんど同じ体重を維持できます。

加齢で基礎代謝が下がるので絶対ではないんですが。汗

断食で少ない食事量に慣れれば楽に食事量を減らすことができます。

ですが食事は前みたいにがっつり食べたい!と言う人はリバウンド対策として運動を始めましょう。

運動で300kcal消費することができれば少し多めに食べても太らなくなりますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

断食後のリバウンドは対策をしなければ必ずきます。

健康目的で断食する場合はあまり気にしなくていいかもしれませんが、ダイエット目的の場合はしっかりとリバウンド対策を行っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする