痩せる生活ってどんなの?痩せてる人が普段している10のこと

ダイエットって食事制限したり運動したりめんどうですよね。

食べたいものも食べられないから辛い。

辛い生活をしてようやく痩せられるわけですが、最初から痩せる生活をしていたらダイエットを頑張らなくていいと思いませんか?

痩せる生活をしていたら太っている場合は痩せてくるし、標準体型ならずっと体重をキープしていくことができますよね。

今回は痩せる生活について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

痩せる生活とは

痩せるために食事制限をするんじゃなくて普段から太らない食事と習慣的に運動を取り入れていくといいんですね。

もちろん食事制限も「今食べるのをめっちゃ我慢してるんだ!」って思うんじゃなく、当たり前のようにカロリーを摂りすぎないようにしていくのが痩せる生活です。

そのためには生活習慣を変えていく必要があります。

生活習慣を変えることで自然と痩せる生活に変わっていくんですね。

痩せる生活習慣

お腹が空いていないときは食べない

普段から毎日3食決まった時間に食べていると「12時だ、昼飯食べよう」ってなってしまいます。

でもお腹すいてないんだったら食べなくていいんですよ。

お腹空いてから食べるようにしましょう。

昼食が15時とかになってもいいんです。

ただ昼食が15時になったからと言って夕食を22時とか食べるのは太る原因になってしまって良くないので、夜も食べるんだったら量を減らして少なくとも寝る3時間前には食べ終わっておきましょう。

できれば20時以降は何も食べないって決めておくといいですね♪

毎日3食食べないといけないと思ってる人にとっては意外かもしれませんが、お腹が空いてなかったら1日2食でも問題ないです。

2食で充分満たされるならわざわざ3食食べるのは食べ過ぎのカロリーオーバーです。

お腹が空いてなくても水分は大切なのでしっかり水を飲みましょう。

ダイエットも健康にも最高!1日2食は太らない!?

栄養バランスを整える

栄養バランスを整えるのは少食にするためにはとても大切です。

栄養素が偏りまくっているとなかなか満腹感が満たされてこないんです。

特にタンパク質が不足しているとお腹いっぱいなのになんか物足りないってなるんですね。

お腹いっぱいなのにそこから更に食べると太ります。

確実にカロリーオーバーですからね。汗

食事制限をしていない普段からタンパク質は特に他の栄養素もバランス良く摂れる食事を意識してみましょう。

タンパク質はダイエット中も減らしてはいけない!?不足したときは驚きの影響が!

コンビニを使わない

コンビニで買うもののみで栄養バランスを整えるのはかなりむずかしいです。

添加物や砂糖が使われていることが多く太りやすいんですね。

しかもコンビニに行くときってお腹減ってますよね。

だから食べ物を買いに行ったときはあれもこれも買いたいってことでいっぱい買います。

でも家に帰って食べてると「あれ、量多かったな。でも買っちゃったし食べないと。」ってなるんですが、結果お腹いっぱいなところに詰め込んで食事が終わります。

お腹いっぱいなのにもったいないから食べるのは痩せる生活とはほど遠いですよね。

できるだけコンビニを使う回数は減らしましょう。

もしコンビニで食べ物を買うときは思っているより少ない量で充分なのでいつも買う品数より1つ減らしても大丈夫です。

水を飲む

太りやすい人は水を飲む量がかなり少ない場合が多いです。

逆に痩せてる人はめちゃくちゃ水飲んでたりするんですね。

水分不足だと血液の循環が悪くなって基礎代謝が下がったり、冷え性の原因になります。

代謝が下がるとダイエットには悪影響しかないので気を付けて水を飲むようにしましょう。

1日2ℓは飲むようにするといいですね。

水を飲むだけでダイエット!?苦労せずに痩せやすい体を手に入れる方法

間食をやめる

間食をする人はしない人に比べるとめちゃくちゃ太りやすいです。

カロリーを摂取する量が多くなるので当たり前ですよね。

間食をしてしまう人って栄養バランスが整っていないことが多いんですよ。

さっき書いたようにどうも満足感が出てこないのでつい食べてしまうんですね。

間食をやめるためにはまずは栄養バランスを整えることです。

もし間食をするんだったらアーモンドやピスタチオみたいなナッツ類がオススメです。

アーモンドはダイエットにも効果的!?栄養豊富で便秘も改善♪

自炊する

栄養バランスを整えるには自炊が一番です。

自分でどの栄養素が足りていないかある程度判断しながら食事を作れるし、必要ない添加物も入ってないので健康的です。

自炊するのって最初はかなり大変なんですが少しずつレシピを増やしていけばどんどん簡単になっていきます。

週に1つずつレシピを増やしていくだけで1年経った頃には逆にレシピが多すぎて困るぐらいたまってますよ。笑

毎日体重を測る

体重を測るのはレコーディングダイエットと同じですが自分の体重を知っておくというのはとても大切です。

何か月も体重測ってなくて自分がなんとなく太ってるのはわかるけど、どれくらい太ったかはわからないって状態が一番危険なんですよ。

毎日体重を測ってたらちょっとずつ増えててもわかりますよね。

少しずつ増えていたら「あ、ちょっと食べ過ぎてるな、調整しよう」ってなりますよね。

でも3,4kg太ったあとだったらちょっと調整してなんとかなるものじゃないので食事制限をしないといけなくなります。

体重を測って少し調整するだけでいいようにしましょう。

レコーディングダイエットのやり方は超簡単!とにかく記録するだけ

運動する

痩せている人はやっぱり運動を習慣にしています。

といってもがっつり1時間の運動をしてるとかじゃなくて普段移動を少し歩くとか、階段使うようにするとかして運動をしてるんですね。

まとまった運動が大嫌いでも移動を運動にしてしまえばなんとか運動時間は作れますよね。

最初はほんの少しでいいので少しずつ運動習慣を作っていきましょう。

家でできる有酸素運動で効果的にダイエット!9つの方法

早寝する

痩せる人は早寝が多いです。

夜起きていると何か食べたくなってくることがありますよね。

そんなときはすぐ寝ましょう。

そのまま起きているとお菓子とか食べちゃう可能性があるので太る原因になるんですね。

お腹が空いたら寝る、ということを決めておくとどんどん痩せやすくなってきますよ♪

野菜から食べる

食事で食べる順番ってめちゃくちゃ大切なんですよ。

GI値が低いものから順に食べるようにするだけでかなり太るのを抑えることができます。

食事の順番って考えてる人ってそんなに多くないんですが、意外と効果あるんですね。

食事制限をする前に食事の順番を見直すだけで体重が増えなくなることもあるので一度自分の食べる順番を見直してみましょう。

GI値の低い食品をうまく使ってダイエットを簡単に!太りにくい食べ物を選ぼう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の周りで普通に食べてるのに痩せてる人ってそれなりの痩せる生活をしてるんですよ。

少しずつでいいので痩せる人が普通に行っている習慣を真似していってみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする