ダイエット中はぜひ野菜を!食べておきたい4つの理由

ダイエット中のあなた!

野菜食べてますか?

食べてない?

じゃあ今日から食べましょう!

野菜が嫌いな人って結構多いですよね。

でも野菜を食べなかったらそれだけで痩せにくくなってしまうんですよ。

今太っててこのままでいいやーって思ってる人はいいですけど少しでも痩せたいって気持ちがあるなら野菜を食べるようにしてみましょう。

野菜を食べるようにしただけで痩せるかもしれないなら得した感じですよね。

今回はダイエット中の野菜について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

野菜を食べるメリット

野菜は苦かったり独特な味を出してきたりして苦手という人も多いです。

なのになぜ食べた方がいいんでしょうか?

カロリーが低い

まずはカロリーが低いことでしょう。

枝豆とかとうもろこしは100g辺り100kcal程度はあるので少し高めですがたいてい30kcalぐらいです。

白米とか麺類を100g食べたらそれどころじゃないですよね。

野菜だけで100g食べると結構な量になります。

お米ならすっと食べられた100gの量も野菜になると少し時間がかかることで他の料理を食べる前に時間をかけることができるんですね。

食事をはじめて20分たたないと満腹中枢に刺激がいかないと言われているので最初にサラダとか野菜類を食べて食事全体を食べ過ぎないようにしてみましょう。

GI値が低いものが多い

炭水化物の多いものに比べてGI値が低めのものが多いです。

ダイエットをするなら絶対にGI値については知っておきたいことですよね。

GI値が低いものから食べ始めることで血糖値を上げすぎずインスリンの分泌を抑えられるんですね。

インスリンの過剰分泌を防ぐことで脂肪を吸収しすぎないようにしてくれます。

ただイモ類や比較的GI値高いのでできるだけ控えましょう。

どうしても食べたいってときはサツマイモとかがGI値低いのでいいですね♪

ブロッコリーとかGI値低いし栄養価もいいのでオススメですよ。

GI値の低い食品をうまく使ってダイエットを簡単に!太りにくい食べ物を選ぼう

食物繊維豊富

野菜は食物繊維が豊富です。

なので腸内環境が整います。

腸内環境が整うと体調が良くなるし便秘も改善されたり冷え性も改善されることがあるそうです!

便秘が改善してすっきりすればそれだけで下腹のぽっこりがなくなる人もいるでしょうし、老廃物を体内にためておかなくて良くなります。

腸内環境ってめちゃくちゃ大切なんですね♪

間食にもなる

野菜を間食にすることもできます。

おやつにお菓子とかパン、麺、お米を食べるなら野菜の方がはるかに健康的でダイエットに向いています。

GI値が高いイモ類のサツマイモですら普段おやつで食べるものと比べるとかなり低いんですよ。

たとえば食パンのGI値は91ですがサツマイモは55です。

かなり違いますよね!

たった一回の間食だとそこまで差は出ませんがそれが週2.3回とかだとかなり違ってくるんですよ。

少しでも太りにくい方法を選んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

野菜を食べることでダイエットはかなり楽になります。

普段白米を2膳食べてるなら1膳にして代わりに食事の最初野菜を食べるようにしてみましょう!

それだけでもかなりかわってきますよ♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする