ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ダイエットは寝ると効率が良くなる!?睡眠で痩せる4つの理由

   

 

 

ちゃんと睡眠時間とってますか?

実は寝るだけで痩せやすくなるんですよ!

 

毎日睡眠不足で眠い目をこすってる人は一度睡眠を見直してみましょう。

ではなぜしっかりと寝るだけで痩せやすくなるか知っていますか?

 

今回はダイエットが寝るだけで成功しやすくなる理由について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

寝ると痩せやすくなる理由

 

 

ホルモンバランスが整う

 

 

睡眠に関係するホルモンとして「レプチンとグレリン」という2つのホルモンがあります。

簡単に言うとレプチンは食欲を抑えてくれて、グレリンは食欲を増す働きがあるんですね。

 

しっかりと睡眠をとっていればレプチンの分泌量が正常になって程よく食欲を抑えてくれるので夜とかに「なんかわからんけどとにかく食べたい!」って気持ちになりにくくなるんですよ。

 

睡眠不足になるとレプチンの分泌量が減って、グレリンの分泌量が増えてしまいます。

そうなるとしっかりと寝ていたら思わないようなタイミングで「何か食べたい!」って思っちゃって我慢できなくなるんですね。

 

当然ダイエット中に余分なものを食べたら体重が減らないかリバウンドしてしまいます。汗

チートテイを使って計画的にがっつり食べる日を作るのはいいですが、食べる予定もなかったのに食べてしまうのはダメですよね。

 

思わぬタイミングで無駄食いしてしまわないようにしっかりと睡眠をとっていきましょう!

 

 

ダイエットと睡眠の関係はめちゃくちゃ深かった!寝るだけで痩せる理由

 

 

 

 

コルチゾール抑制

 

 

睡眠不足が続くとストレスが増加したときに分泌量が増えるコルチゾールというホルモンがあります。

コルチゾールはストレスに対抗するために分泌されるんですが、ダイエットや体作りにとっては結構やっかいなホルモンなんですね。

 

コルチゾールは寝ている間のエネルギー源として脂肪を分解してくれるんですが、なんと筋肉まで分解してしまうんですね!

筋肉が分解されると見た目が綺麗に痩せられない上基礎代謝が下がるのでリバウンドしやすくなってしまいます。

 

また睡眠中の成長ホルモンの分泌を抑える働きもあるんですね。

成長ホルモンは脂肪分解作用があるので結局寝ている間に脂肪分解する量が少なくなってしまうんですよ。汗

 

成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうとダイエットだけじゃなく美容面でも結構なダメージですよね。

肌ががさがさになる原因にもなってしまいます。

 

更にコルチゾールはテストステロンの分泌も抑えてしまうんですよ。

テストステロンは男性ホルモンですが、これが少なくなると筋肉が付くにくくなったり脂肪が分解されにくくなってしまいます。

 

男性より女性の方が太りやすい理由のひとつとして脂肪分解作用のあるテストステロンが少なく、脂肪をため込みやすいエストロゲンの分泌量が多いからなんですね。

 

コルチゾールは睡眠不足の他に、オーバーワークや過度のストレスによっても分泌量が増えてしまうのでできる限り対策をしていきましょう!

 

 

 

 

 

成長ホルモンの分泌が増える

 

 

睡眠をしっかりととることで成長ホルモンの分泌量が増えます。

成長ホルモンは脂肪の分解にかなり貢献してくれているので分泌量が減ってしまうと痩せにくくなるんですね。

 

痩せにくくなるだけならまだマシなんですが、細胞の修復にも関わるので傷の治りが遅くなったり筋肉痛が長引くとか肌の調子が悪くなったりもします。汗

成長期なら身長の伸びにも影響してくるので大変ですね!

 

 

成長ホルモンを出すには?分泌量を増やす4つの方法

 

 

 

 

テストステロン値が上がる

 

 

睡眠不足になるとテストステロン値が下がってきます。

テストステロンは男女関係なく気にしておきたいホルモンですね。

 

テストステロンには

 

  • 脂肪分解促進
  • やる気の向上
  • うつ症状の予防改善
  • アンチエイジング

 

などの作用があります。

 

ダイエット面から考えると脂肪分解は大切ですよね。

ですがやる気向上やうつ症状の予防までできるなんてかなり重要なホルモンなわけですよ!

 

うつになっている方はテストステロン値がめちゃくちゃ低いそうです。

運動などでテストステロン値を改善するとうつ症状も改善されることがあるとか。

 

テストステロンは睡眠不足が続くと下がってしまいます。

2日連続徹夜したら分泌量がほぼ0になってしまうようなので大変ですよね。汗

 

 

 

 

質の良い睡眠を心がける!

 

 

睡眠は時間だけじゃなくて質も大切です。

めっちゃ寝たのになぜか眠いというときは睡眠の質が良くないから眠いんですね。

 

逆に寝る時間あんまりなかったのにかなりスッキリしたというときは睡眠の質が良かったんですよ♪

睡眠の質はほんちょっとした気遣いで大きく変わってくるので意識的に変えていってみましょう!

 

 

睡眠を快適にするには?質の良い睡眠を得る9つの方法

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

寝るだけでダイエットが成功しやすくなるとしたら嬉しいですよね♪

巷ではたくさんのダイエット方法が紹介されていますが、実は寝るのが一番のダイエット方法なのかもしれませんね。笑

 

しっかり寝てストレスなくダイエットに成功しましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 睡眠