ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ダイエットを健康的に!体調を崩さず痩せる8つの方法

   

 

 

ダイエットは正しくやっていかないと体調を崩すことになりかねません。

これはみんなわかってるんですよね。

 

でも意外と正しいダイエットはできてないんですよ。

だからすぐに体調が悪くなったり、余計太りやすくなったり必要以上にガリガリになってしまったりするんですね。

 

 

今回はダイエットを健康的に進める方法を書いていきたいと思います

 

 

スポンサードリンク

 

 

ダイエットを健康的に進める方法

 

 

長期間のダイエット計画を立てる

 

 

健康を一番に考えた場合のダイエットは長期間を使って痩せていくのが良いです。

短期間で痩せる方法は色々ありますが、やっぱり健康的じゃないんですね。

 

たとえば食事制限をすれば簡単に体重は減りますが栄養バランスが整わないことが多くなります。

運動も毎日2,3時間とかすれば生活に支障があるかもしれないし、怪我のリスクも大幅に上がります。

 

その上運動のみで痩せるには運動の消費カロリーはそこまで多くないので「毎日あんなけ運動してるのに全然痩せない。」というダイエットをやめてしまう理由になってしまうので気をつけましょう。汗

 

長期間のダイエット計画を立てることで体への負担がほとんどかからなくなり、ストレスもたまらないのでドカ食いでのリバウンドやイライラすることも少なくなりますよ♪

 

一ヶ月で10kg痩せるのと一年かけて10kg痩せるのではどっちも同じ10kgですが一年かけた方がめちゃくちゃ簡単ですよね?

しかも短期間で痩せるには相当食事制限して運動しないといけないので辛いですが、一年で10kgだったらたいして辛さはありません。

 

一ヶ月に0.9kg痩せれば一年で10kg以上は落ちる計算になるので本当に楽なんですね。

一日250kcalぐらいずつ消費することができれば達成できることになるので気負いしなくていいんですよ♪

 

長期間のダイエット計画はしっかりと進めていくことでダイエットが習慣化されてどんどん健康的になっていくのでオススメですよ!

 

 

 

 

カロリー制限をしすぎない

 

 

健康的に痩せるために食事は必須です。

なので食事制限、カロリー制限はあまり極端にしないようにしていきましょう。

 

摂取カロリーを思いっきり削って痩せるのは簡単です。

ちょっと頑張ったら体重減りますからね。

 

ですが食事制限のやり方を間違えると体重が減った内容は筋肉量が落ちてほとんど脂肪は落ちてない。

ということがありえてしまうんですよ。

 

意味ないですよね?笑

 

どうしても食事制限でさっと痩せたい場合は絶対にタンパク質は減らさないこと!

むしろ多めにとるぐらいでもいいでしょう。

 

そこにプラスしてチートデイというドカ食いの日を作ることです。

チートデイはその時の自分の体脂肪率によっては必要ないときもありますが、個人的にストレス解消という意味で取り入れるのもありなんじゃないかなと思ってます。

 

ダイエット初期の方が食事制限でのストレスは大きいですからね。笑

 

 

 

ダイエットには必須?チートデイと取り入れ方は?

 

 

 

 

食べる順番を変える

 

 

食事制限はあまりしないならどうすればいいか?

食べる順番を変えるんですね!

 

何度か書いてますがこれだけで痩せる人は痩せます。

GI値が低いものから順に食べることで血糖値を上がりにくくし、インスリンの分泌をできるだけ抑えることで太りにくくするんですね。

 

インスリンには脂肪分解を抑えてしまう作用があります。

なのでダイエット中はできる限り意識してGI値の低い食べ物をとるか、GI値が低い食べ物から食べるようにしていく必要があるんですね。

 

ちょっとしたことですが食べる順番を変えるだけで数kg落とすことができた!なんてもこともありえるんですよ♪

今が食べ過ぎな場合は多少食事制限が必要ですが、それは栄養不足になるわけじゃないので問題ないです。笑

 

 

 

 

おやつも低GI値にする

 

 

ダイエット中どうしても腹減った!ってときは絶対にきます。

そういうときは低GI値の糖質が少ないものを食べるようにしましょう。

 

オススメはナッツ類ですね。

ナッツ類は低GIな上かなり栄養的にも良くて糖質も少ないです。

 

もちろん食べ過ぎは良くないですがおやつに軽く食べるにはちょうどいいんですね♪

 

水で我慢できる場合は水を飲んでごまかしましょう。笑

 

 

 

 

 

夜は少なめに食べる

 

 

食事制限をする場合は3食どの部分を減らせばいいんでしょうか?

 

一番いいタイミングは夕食です。

朝食は一日の始まりにしっかりと代謝を上げるのと朝の活動エネルギーになるので食べます。

 

昼食は昼からのエネルギーとしてある程度は食べたいですよね。

仕事や学校の途中で腹減ったって思ってたらどうしても集中できなくなって作業に支障が出てしまうこともあるでしょう。

 

ダイエットのために生活が崩れたらよくないので昼は食べるように!

 

ということは食事制限する場合夕食を減らすのがいいですね。

夕食での炭水化物を抜くだけで痩せる場合もあります。

 

夕食後に更に3,4時間とか運動や勉強をする人ってそこまで多くないですよね。

ということはそんなにエネルギー源は必要ないんですよ。

 

夜はホルモンの関係で太りやすい時間帯と言われています。

なので夕食は低GI値の食品でしっかりかためてできるだけ早い時間帯にする。

そして炭水化物を減らす!

 

夕食の炭水化物を減らすだけだとそんなに摂取カロリーは減らないんですが、元が相当カロリー過多じゃない限り体重は減っていきますよ♪

 

 

 

 

食べることに集中する

 

 

いつもテレビ観ながら食べてますか?

じゃあとりあえず食べ終わるまでは食べることに集中するようにしましょう。

 

テレビを観ながらとかゲームや本を読みながら食べると無意識のうちに噛む回数が減っています。

そうなると食事が終わった後に「あれ?なんか全然食べてないな、おかわりしよ。」ってなっちゃうんですね。

 

しっかりと噛まずに食べると食べるのが早くなるうえに全然満腹中枢を刺激できず、お腹いっぱいな気持ちになりません。

逆にしっかりと噛むことで早いタイミングでお腹いっぱいと感じられるようになるので食べ過ぎを防ぐことができるんですね。

 

他にも噛むことでで唾液がたくさんでます。

唾液に含まれているホルモンにはアンチエイジングの効果もあって、美容にもいいんですね♪

 

これはガムを噛むことでも得られる効果なので機会があればガム噛んでみましょう!

 

 

 

ダイエット中にガムを噛むのはめちゃくちゃいい!?ガムの4つの効果

 

 

 

 

 

夜はさっさと寝る

 

 

夜遅くまで起きてて何もいいことはないです。

 

睡眠不足だとグレリンという食欲を増すホルモンの分泌量が増えます。

なのでいつのまにかつい食べ過ぎたっていう可能性が出てきてしまうんですね。

 

それに夜遅くまで起きてたら寝る前にお腹空いてきますよね。

ちょっと小腹が空いてきたからって何かを食べると太る原因になります。

 

夜は早く寝るかお腹空いてきたなーって思ったときには寝るようにしましょう!

早く寝るだけで食べる量を減らすことができますよ♪

 

 

 

 

やっぱり運動です

 

 

カロリー制限をあまりきつくせずに痩せるためには運動が必要になってきます。

健康的にダイエットするには運動して筋肉を鍛えたり、体を動かして血流を良くしていくといいんですね♪

 

運動はストレス解消にもなるので精神的な健康をたもつためにもめちゃくちゃいいですよ!

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

健康的に痩せるためには食事と運動とある程度の睡眠が必要になってきます。

いっきに全部をうまく使いこなすのは難しいと思うのでひとつずつ自分のベストな方法を探していきましょう!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット