ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ダイエットで有酸素運動!時間はどれくらいやったらいいの?

   

 

体重を減らしたい、ダイエットしたいってなったらジョギングとかウォーキングの有酸素運動ですよね。

さあ、走るか!って思うのはいいんですが実際どれくらいの時間走ればいいの?って考えたことありませんか?

 

もし走る時間がダイエットの成功に関係するんだったらめちゃくちゃ気になりますよね。

実際時間は関係あります。

 

今回は有酸素運動はどれくらいの時間行えばいいのかについて書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

有酸素運動ってどれくらいの時間すればいいの?

 

 

目的によって変わる

 

 

有酸素運動をするといっても目的によって運動する時間は変わってきます。

 

たとえば体重、体脂肪を落としたいという場合は20分以上やるのが理想的と言われています。

ですがスタミナをつけてスポーツで長い間走れるようになりたいという場合だったら20分だと足りない可能性がありますよね。

 

スタミナをつけたい場合はもっとゆっくりと長時間走る必要があります。

走る速さも時間も目的によって全然違うんですね。

 

ダイエット目的の場合理想は20分以上で週4日は走れるぐらいの時間がいいでしょう。

毎日2時間走れる人なんてほとんどいないですよね。

 

自分ができる範囲でいいんですよ♪

 

 

 

 

20分以上しないと意味がないは嘘

 

 

ダイエット目的では20分以上が理想と書きましたが絶対に20分しないといけないわけではありません。

よく”20分は運動しないと意味がない”と言われていますが意味がないわけじゃなく効果が少し薄いってだけです。

 

ジョギングを始めて最初は糖質が多く消費されて脂質は少ししか消費されません。

運動を続けている間にだんだん糖質がなくなって脂質をエネルギーとして消費する割合が大きくなってくるんですね。

 

最初が糖質:脂質=9:1だったとすると運動を始めて20分がたつと2:8になってる

 

みたいな感じです。

これは例えなので極端な数字にしただけですが時間が経つごとに脂質の消費が大きくなるから”運動は20分以上”って言われるんですね。

 

確かに最初は脂質があまり使われないですが運動をすれば太る原因の糖質は消費できるし多少脂質も消費できます。

「あ、今日20分も時間ないから運動やめよう」ってなるのが一番いけないです。

 

 

一回3分とかでもいいので運動しましょう。

実際休憩中に少しだけ運動するようにしていて最近はまとまった時間動いていないんですが体型はキープできてます。

 

もちろん体力つけたいとかだったらがっつり追い込む必要がありますけどダイエットはそこまで頑張らなくて大丈夫です。

 

 

 

 

運動する時間は細切れでもいい

 

 

運動はいっきにできるならまとまった時間を作ってもいいですがまとまった時間がない人もいますよね。

だからって運動はしないって決めないでほしいんです。

 

運動する方法って考えれば色々あるんですよ。

休憩中にちょっとだけ運動するのを1日に何回も繰り返すとか、家事の間に「ながら運動」をするとか。

毎日のちょっとした運動で今後太るか体型をキープするのかが全然違ってきます。

 

ちりも積もれば山となる、ですね。

 

確かに一回の消費カロリーはめちゃくちゃ少ないですが、1年続ければ無視できないほど多く消費できてるんですよ。

 

1日通勤とか家事とか色々含めて100kcalだけ消費を増やしたとしましょう。

365×100=36500kcalです。

 

36500kcalって5kg以上あるんですよ!

すごくないですか?

 

もし1日たった100kcalの消費をしていなかったら1年後5kg太ってるかもしれないし、体型をキープできてないかもしれない。

普段カロリーオーバーしてない人だったらたったこれだけで5kgも痩せるんですよ。

 

わざわざ本気で食事制限してがっつり筋トレと有酸素運動しなくても痩せられるんです。

とりあえずカロリーオーバーせずに毎日100kcal消費すれば5kg痩せます。

 

まあ完璧にこうなるわけではないので誤差はありますが計算上は痩せます。笑

20分という時間に惑わされずに運動していきましょう!

 

 

ダイエット中にできる10個の簡単ながら運動まとめてみました

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

20分以上運動出来る時間があるならした方がいいですが、時間がなくても少しずつ頑張って運動する時間を作ってみましょう。

ほんの少しの差が後々すごく大きな差になって帰ってきますよ♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 有酸素運動