ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

運動で痩せるには継続が大切!続けるため7つの方法

   

 

ダイエットするには食事制限と運動をしなければなりません。

運動で痩せるにしても食事制限にしても一定期間は少なくとも継続しないといけませんよね。

 

でも運動を習慣的に続けるのってかなり難しいです。

実際一度「今日から運動しよう」って思ってそれが1ヶ月、半年、1年以上続いている人はどれくらいいるでしょうか?

 

ほとんどいないんですよね。

今回は運動で痩せるために続ける方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

痩せるには継続が大切!

 

 

同じ時間に運動する

 

 

毎日違う時間に運動をするとやる気出すのむずかしいんですよ。

なんとなく気向いた時間にやろうとずるずるして「あ、風呂の時間」で風呂入ったら汗かくし運動できないとか言って走れなくなります。

 

なのでまずは同じ時間に運動するようにしてみましょう。

朝会社や学校に行く前早起きして運動する習慣をつければ運動してから出勤したらすぐに思いっきり集中できるのでオススメですよ。

 

 

 

 

まずは運動だけ始める

 

 

何回も書いてるんですがまず運動をすると決めたら運動が習慣になるまでは運動だけ!って決めて始めましょう。

いっきに運動と食事制限をいっしょにはじめたり、筋トレとジョギングをしてみたりと色々なことを始めたら精神的にハードルが高くなりすぎてすぐにめんどうになってきます。

 

ダイエットを始めようとすると食事制限か運動を始めることになるんですがオススメは先に運動を始めることですね。

食事制限を先に始めると筋肉量をキープするのが難しく体力が落ちるのでまずは運動で体力と筋肉を増やしていくのがいいです。

 

 

 

 

違う道を通る

 

 

ウォーキングやジョギングを始めると問題になってくるのが道が同じになることです。

飽きてくるんですよね。

毎日同じルートで歩くのは景色が飽きて運動にも飽きてくるのでたまにルートを変えてみるといいですよ。

 

ルートを変えると今まで知らなかったお店とかあって楽しいんですよ♪

 

 

 

楽しい!と言う

 

 

最初楽しくなくても楽しかった!っていうようにしてみましょう。

 

脳は単純なので声に出して楽しい!って言ったら本当に楽しかったと勘違いしてしまうんです。

運動をするたびに勘違いさせていると本当にどんどん楽しくなってきて運動するのが苦しくなくなってきて楽しくなってきます。

 

運動自体が楽しくなってきたらもういつまでも続けられますよね。

 

 

 

 

最初は痩せない可能性もあると知る

 

 

食事制限より先に運動をした方がいいと書いたんですがそれは綺麗に痩せるためです。

ですが食事制限を全くしないで運動だけで痩せるのは結構難しいんですね。

 

なので最初運動習慣をつけて食事制限を始めるまでは痩せない可能性があります。

でも痩せなくても確実に中身は筋肉が増えて脂肪が燃えるので綺麗な体に近づいているので気にしないでつづけましょう。

 

運動習慣がついて食事制限を始めればどんどん体重が減って綺麗な見た目になってきますよ♪

 

 

 

 

日にちは決めない

 

 

毎日運動するのは難しいと思うんですが毎週何曜日に運動するとかは決めない方がいいです。

出来な日があるといっきにやる気がなくなってしまうからですね。

 

運動する曜日を決めてても急に予定が入る日はありますよね。

なので曜日を決めるんじゃなくて週に何回運動するかだけ決めておきましょう。

 

有酸素運動だったら4,5回がちょうどいいです。

 

 

 

 

家でできる運動も考えておく

 

 

運動し始めでまだ習慣になってないときに雨とかで走れない日があるとそのまま運動をやめてしまう可能性があります。

 

なので運動を始めると同時に家でできる運動も探してみるといいですね。

家で運動できるようにしておくと雨が降ったときは迷わずにその運動をすればいいです。

 

雨降ってから家でできる運動とか調べてたらめんどうでやらなくなりますからね。笑

 

 

家でできる有酸素運動で効果的にダイエット!9つの方法

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

運動は一回だけめちゃくちゃ長い時間やってもそんなに効果がありません。

週に一回運動よりも週4回ぐらい運動した方が健康にもいいんですよ。

 

できるだけ続けられるように工夫していきましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 有酸素運動