ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

筋トレの継続の仕方は?簡単な工夫9点

   

 

 

筋トレしてますか?

夏前になると水着きるから筋トレしよう!って思い始める人が多くなってきます。

 

特に男性だと多いですよね。笑

 

ですが筋トレを始めたものの一か月後に継続している人は何人いるでしょうか?

半分以上の人はやめてるんじゃないかと思います。

 

筋トレでもウォーキングでも継続が大切ですよね。

今回は筋トレの継続の仕方について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

筋トレを継続するには?

 

 

目標を決める

 

目標を決めることは何においても大切です。

 

目標を決めずに筋トレを始めてもいつの間にかやめてしまったり、続けてても辛くなってくるんですね。

頑張るためには目標が必要です。

 

勉強とかでも何をしたいから勉強するのか、スポーツでも何をしたいから練習するのか決めずにやってると全然成績は良くならないですよね。汗

 

筋トレもどうしたいのか?を考えながらトレーニングをする方が成長が早いですし、モチベーションをキープしやすくなるのでまずは目標を決めることから始めましょう。

 

体脂肪率は減らしながら体重をキープするというのもひとつの目標です。

もっと細かく体脂肪率は3%減らしつつ体重は2kg増やすとかだとよりよい目標になりますよね♪

 

 

 

 

理想の自分を想像する

 

 

毎日でもいいので自分は筋トレをしてどんな感じになりたいのか?を想像してみましょう。

毎日どころか数時間ごとでもいいぐらいです。

 

細マッチョになるとかモデル体型とか色々ありますよね。

 

理想像になった自分をイメージすることはめちゃくちゃ大切です。

イメトレを続けていると行動が気づかないうちにどんどん自分の理想に向かっていくようになります。

 

細マッチョになるなら筋トレして脂肪も減らさないといけませんよね。

その理想をイメージしまくっていると勝手に食事量を調整したり、筋トレが嫌じゃなくなったりするので想像の力は絶大です。

 

 

 

 

 

朝に筋トレする

 

 

筋トレをずっと続けていきたい場合は朝少し早く起きて筋トレすることをオススメします。

理由はめちゃくちゃ簡単で一番続けやすい時間帯だからです。

 

夜って急に飲み会入ったり友人から誘われて一定の時間にトレーニングするのは難しいですよね。

夜遅くに帰ってきて筋トレするのは相当意志が強くないといけないし、お酒を飲んでトレーニングをするのは危険です。

 

朝だったらほぼ邪魔は入らず筋トレメニューをこなすことができるので、運動をするなら朝が一番続けやすい時間帯だと思います。

トレーニングを行ってから会社や学校に行くと気分も晴れて一日が少し楽しくなりますよ♪

 

 

 

 

体型がわかる服装にする

 

 

お腹出てるからっていつもだぼだぼのシャツ着てませんか?

体型を隠しているとどうも危機感が沸きにくくなって、ダイエットをする気にならなくなってしまいます。

 

逆にちょっと自分にはピッチリした服装をしていると、「おいおい俺の腹やばいな、恥ずかしい!」ってなるので嫌でも頑張りますよね。笑

頑張ってお腹をへっこませる努力をするはずです。

 

服装を変えるだけでしっかりと筋トレなりダイエットしようって思えるなら得だと思いませんか?

 

 

 

 

 

楽しむ

 

 

せっかく筋トレやるんであれば、楽しみましょう!

楽しむためにはやはり目標が必要です。

 

もうひとつはとにかくトレーニング内容を工夫していきましょう。

たとえば大胸筋を鍛えるとしても色々な方法がありますよね。

 

ジムに通って重いバーベルでベンチプレスしたり、家で自重で腕立て伏せしたり。

ベンチでも腕立て伏せでもバリエーションがあるので飽きないようにいろんなやり方で工夫していきましょう!

 

 

 

 

期限を決める

 

 

もし重量とかで目標を決めた場合は期限も一緒に決めてみましょう。

3か月で~kg重量を増やすと決めてトレーニングを始めると一気にやる気が沸いてきます。

 

目標と期限によって相当トレーニングの内容は濃くなって集中力も増すのでオススメです。

 

 

たまには適当に筋トレ

 

 

ボディビルダーを目指すとか本気で筋トレしないといけない場合は別ですが、たいていの人の体作りはそこまでやらなくて大丈夫です。

なのでしっかりとトレーニングメニューを決めていたとしてもたまには「あ、今日は足より腕やりたいな」とか気分によって内容を変えるのもありでしょう。

 

スケジュールをがちがちに固めなくても程よい細マッチョになることは全然いけます。

むしろ細かく決めすぎてトレーニングが面白くなくなって続けられなくなったら意味ないですからね。汗

 

 

 

 

 

隙間時間でさっと鍛える

 

 

トレーニングはしたいけどどうしても時間がないという人に効果的です。

一日の中に隙間時間って3時間ほどあるそうです。

 

この時間をトレーニングに使うんですね。

もちろん使えない隙間時間もありますが、5分ぐらい自由な時間があれば筋トレしてみましょう。笑

 

家に帰って夕食を待ってる5分とかに腕立て伏せをすれば、人によっては十分終わります。

湯船にお湯をはってる間にもスクワットや腹筋できますよね♪

 

もちろんある程度時間をとってがっつり鍛えてプロテインをさっと飲んだ方が効果は大きいですが、時間がないからって何もしなかったら身体はどんどん衰えていくだけです。

 

ちょっとでも時間があったらトレーニングしてみましょう。

割と本格的に鍛えてる人だと昼休憩中にジムに行く人とかいますし。笑

 

 

 

 

友人と行う

 

 

一人でやったらすぐ挫折する人は友人を誘ってジムに行くなり、家でトレーニングするなり一緒にやりましょう。

そうすれば誘ったしやらないとってなるし、一人で黙々とこなすより楽しいですよね。

 

たまに1RMとか測ったりして目標を決めるのも補助がいればやりやすいです。

友人と一緒にトレーニングする場合はお互いに目標を宣言しあうといいですね!

 

~か月後までに重量~kg増やすみたいな感じで。

目標を立てて宣言することでかなり達成率が上がるのでオススメですよ♪

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

筋トレを継続するには工夫が必要です。

中にはトレーニングしてる自分いい感じとか、鍛えた後のパンプして張ってる感じがいいとか、それだけでモチベーションになる人もいます。笑

 

ですがみんながそんな感じではないのでしっかりと工夫をこらしてずっと続けていけるトレーニングをしましょう!

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 運動