ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

便秘の原因は運動不足も!?解消するための7つの方法

      2017/01/23

 

お腹痛いのに出てこない、常に張ってて辛い辛い便秘。

 

もう何年も便秘だから仕方ないと諦めていませんか?

原因を知ってしっかりと対処していけば便秘はどんどん改善されていくんですよ。

便秘は改善できます!

 

今回は便秘の原因について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

便秘の原因

 

 

食物繊維不足

 

 

食物繊維が不足すると便秘の原因になります。

 

食物繊維は水分を含んで便のかさ増しをします。

そもそも便の量が少なければ出てこないことも多くなるのでかさ増しするのも大切なことなんですね。

 

その他には腸内にある有害物質をくっつけてくれたり、ぜんどう運動を活発にする、善玉菌を増やす、などの働きをしてくれます。

ぜんどう運動とは腸が動いて便を外に向かって動かしていく運動のことでこの運動が弱ければ便が動かないため排便もなかなかできず便秘になってしまいます。

 

また食物繊維が少ないと便の水分が減ってしまい硬くなるのでどんどん詰まりやすい状態になるんですね。汗

 

 

 

腸内環境の悪化

 

 

現代は食事内容が欧米化して肉食が多くなったことや食物繊維の摂取が減ったこと、食品添加物が増えたことなどによって腸内環境の悪い人が増えました。

食物繊維は昔に比べて半分になったと言われてますしもはや野菜嫌いでほとんど食物繊維摂ってないという人もいるでしょう。

 

動物性のタンパク質の過剰摂取や食品添加物は腸内環境を悪くして便秘の原因となってしまいます。

 

 

腸内環境を良くする11の方法!日頃の積み重ねがめちゃくちゃ大切!

 

 

運動不足

 

 

運動不足は便秘だけでなくさまざまな体調不良の原因となります。

便秘になるのは運動不足になってしまうことでぜんどう運動がうまく働かないようになってしまうからなんですね。

 

ぜんどう運動ができなくてなかなか外でに出ていかない便は腸内にいている間ずっと水分を吸収されつづけます。

そうすることで便が固くなり水分がなくなる分量も減るのでたまっていってしまうんですね。汗

 

運動には自律神経のバランスを整えたり運動は激しい運動ではなく軽い運動でいいです。

激しい運動では交感神経が刺激され続けることになって余計に便秘になる可能性があるので気を付けましょう。

 

運動する時間がないという人の場合は”ながら運動”で短時間の運動を毎日していくだけでも効果がありますよ♪

 

 

 

腹筋の筋力不足

 

 

運動不足でぜんどう運動がうまくできなくなるのは腹筋の筋力が弱っているからというのが原因なんですね。

腹筋は運動不足というのもありますが猫背の人や座っている時間が長い人も衰えやすいです。

 

少しずつ運動をとりいれていきましょう!

 

 

水分不足

 

 

さっき言ったように水分が不足すると便の量が少なくなってしまってなかなか出てくれなくなります。

特にダイエットで食事制限している場合は食事からの水分が普段よりとれていないのでその分ミネラルウォーターなどを飲んで水分補給をしっかりしておきましょう。

 

ジュースは余計に便秘になる可能性もあります。

アルコールやカフェインには利尿作用があり水分補給としては効果がないので水を飲むようにしましょう♪

 

 

 

我慢しすぎる

 

 

トイレにいきたいと思っていても我慢することってありますよね。

人によっては学校でしたくないから家に帰るまで我慢する場合とかあります。

 

まあ以前は自分もそうだったんですが排泄を我慢するのも便秘の原因になります。

我慢しないで催してきたらすぐ行ってしまいましょう。

 

 

 

ストレス

 

 

腸の運動は副交感神経が活発に働いているとよくなります。

逆に交感神経が活発だと動きが鈍くなるんですね。

 

ストレスがたまっている人は交感神経の働きが活発になってしまっているので腸の運動が鈍いです。

便秘の原因がストレスにある場合はうまくストレスを解消してリラックスした状態を作ってみましょう。

 

リラックスには半身浴とかがオススメですね!

 

他の原因もある場合完璧に改善しないかもしれませんが少しずつましになっていきますよ♪

 

 

 

まとめ

 

 

 

便秘の原因が一つだけという人はあまり多くないと思います。

複数の原因が合わさっていることが多いと思うので焦らずに一つずつ改善していきましょう♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット