ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

コーヒーの効能は美肌にも!?コーヒーで得られる美容効果とは?

      2017/02/10

 

コーヒーにはたくさんカフェインが含まれていて飲み過ぎたら良くないということは言われていますよね。

カフェインも少量だったら色々いい効果はあるんですけどね。

 

そんな良いことも悪いこともあるコーヒーですがなんと美肌にも効果があるんですね!

コーヒー好きには嬉しい話ですよねー♪

 

今回はコーヒーの美肌効果について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 コーヒーが美肌に効く理由

 

ポリフェノールが豊富に含まれている

 

 

コーヒー1杯(約140cc)には約280mgのポリフェノールが含まれ、

これは赤ワインと同程度、お茶の約2倍に相当します。

 

 

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが豊富に含まれていてこれには強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用が強いので活性酸素によって傷つく細胞を守ってくれます。

 

クロロゲン酸はミトコンドリアへの脂質の取り込みを多くすることができるんですね。

ミトコンドリアは脂肪などを燃焼させることでエネルギーを作ります。

 

つまりクロロゲン酸をとる量が増えれば脂肪燃焼まで増えます。

ダイエットに効果的ですね♪

 

身体から脂肪が燃焼されれば痩せることができるのですが痩せている人の方が肌が綺麗ってことはよくありますよね。

 

 

 

カフェインが含まれている

 

 

カフェインには利尿作用があるので体内から老廃物を出す手伝いをしてくれます。

老廃物が溜まったままでは体にとって良くないですしだんだん体がだるくなってきます。

 

体がだるいと何もやる気がでませんよね?

なので老廃物もしっかり出してもらいましょう!

 

ただ利尿作用があるってことは体内から水分が抜けていっているということです。

水分不足なると良くないのでしっかり水も飲むようにしましょう。

 

カフェインで体内の水分が足りなくなったら水分不足なので血液の循環が悪くなって結局老廃物を体外に出せなくなってしまいます。汗

 

 

水分不足はダイエットの大敵?水の重要性を知ろう!

 

 

 

香りにリラックス効果

 

 

コーヒーの香りっていい匂いしてますよねー。

コーヒー好きは匂いが好きって人も多いと思います。

 

いい匂いを嗅いでいるとすごく落ち着きませんか?

 

朝にコーヒー入れながら気持ちを落ち着かせることもできます。

コーヒーの香りにはリラックス効果があるそうです。

 

リラックスしているとストレスも緩和されていくので美容にはとてもいいですよね。

 

 

 

脂肪燃焼効果

 

 

カフェインには脂肪を分解して脂肪酸として血中に出しやすくする作用があります。

つまり痩せやすい状況を作るってことですね。

 

痩せやすい状況にするだけなのでここで運動や筋トレをしないと痩せません。笑

脂肪燃焼効果といってもコーヒー1杯とかだとそこまでめちゃくちゃ上がるってわけではないですがないよりは全然いいですよね!

 

 

コーヒーにはダイエット効果が!?飲むと痩せる方法とそのやり方

 

 

 

砂糖は入れない

 

 

コーヒーに砂糖を入れて飲むと美肌効果は得られないです。

お菓子とかケーキを食べてたら次の日とかニキビいっぱいできた。という経験ないですか?

 

砂糖をとるとニキビってできやすんですね。

たしかにポテチとかコーラ飲んだ次の日はニキビできることが多いです。汗

 

今回は美肌効果について話していますが肌が気になる場合はブラックか砂糖なしでミルクを入れる程度で飲むようにしましょう。

どうしても甘い方がいいという場合はハチミツがおすすめです。

 

砂糖は体内での経路がビタミンCと同じなので砂糖で糖質を摂りすぎるとその経路を糖質が全部摂ってしまってビタミンC不足になってしまいます。

ビタミンCはストレスホルモンであるコルチゾールを抑制したりコラーゲンの生成には欠かせないので足りなくなると肌荒れの原因になったりするんですね。

 

 

コーヒーは美容に悪い!?

 

 

逆にコーヒーが美容に良くないと言われることもあります。

なんで真逆のことが言われるのか?ということなんですが、これはコーヒーを飲みすぎてるんじゃないかと思います。

 

コーヒーに含まれているカフェインを摂りすぎると胃を荒らしてしまうため消化機能が落ちてしまって栄養素をしっかり吸収できなくなってしまいます。

またカフェインによってビタミンやミネラルも排出されてしまうので摂りすぎるとどんどん栄養が流れていってしまうんですね。

 

なので飲みすぎも良くないわけです。

1日多くても3杯程度までにしておきましょう。

 

 

睡眠の質低下に注意!

 

 

コーヒーが美肌にいいとか言ってももっと大切なのは睡眠です。

ですがカフェインを遅い時間帯まで摂っていると覚醒作用のおかげで眠れなくなってしまい、睡眠時間と質の低下で睡眠不足になってしまうんですね。

 

寝不足はお肌の大敵と言われてるわけですから睡眠の質が低下するほど量を摂ったり遅い時間帯まで摂るのはやめましょう。

コーヒーは昼以降飲んでないけどお茶とかコーラは飲んでるというパターンがあるので、寝つきが良くない人はカフェインの入った飲み物自体をやめてみてください。

 

 

デカフェ(カフェインレス)では効果ない?

 

 

カフェインレスのコーヒーだと効果がなくなってしまうのか?というとそうでもないんですね。

美容にはカフェインも効果的ですがクロロゲン酸も美容面では優秀です。

 

カフェインレスコーヒーでもクロロゲン酸は含まれているので十分に美容効果を得ることができます。

ただクロロゲン酸自体は熱に弱いため沸騰してぶくぶくいってるお湯を注ぐと壊れてしまうので気を付けましょう。

 

60~80度だとクロロゲン酸は壊れにくいです。

 

 

 

タイミング

 

 

コーヒーは飲んでから吸収して効果が表れるまで30分程度と言われています。

なので自分が効果が欲しい30分ほど前に飲んでみましょう。

 

昼寝のあとすぐ目覚めたい場合は寝る30分前、ダイエットのときは運動する30分前って感じですね。

 

 

 

出がらしを使った美容方法

 

 

インスタントだと出がらしのコーヒー豆はないので使えませんが出がらしを使った美容方法というのがあります。

出がらしをスクラブにしてしまうんですね!

 

カフェインはセルライトに効果があると言われているためセルライト対策として使っていきましょう。

コーヒーを使って体の内外から綺麗になれるんですね♪

 

 

 

まとめ

 

 

カフェインはうまくとっていくと様々なメリットがあります。

しかし摂りすぎると依存症になったりしてしまうので気を付けて付き合っていきましょう。

 

 

よければ「カフェイン断ちを一週間してみたらどうなるかためしてみた!~カフェイン中毒からの脱却~」も合わせて読んでみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 栄養