ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ダイエットには必須?チートデイと取り入れ方は?

      2017/02/06

 

 

食事制限をしてのダイエットはなかなか辛いものがありますよね。

目標の体重になるまで制限し続けないといけない。

 

けれどだんだん減りにくくなってくるし、停滞期に入って体重が減らなくなったり目標を達成したからと元の食事量に戻したらいっきにリバウンドしてしまった。

 

こんな経験あなたはありませんか?

 

これは正しい方法でダイエットをしなかったから起こってしまったことなんですね。

 

もちろんダイエットを始める前の大量に食べている状態に戻れば相当運動しているアスリートの人たちでなければ太るでしょう。

では普通の人がうまく食事制限と付き合うにはどうすればいいのか?

 

今回はダイエットをするときに必ずやってくる停滞期の対処法であるチートデイというものについて書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

チートデイとは?

 

 

チートデイとはそのときの自分の体脂肪率に合わせて1~2週間に1回1日だけ好きなものを食べても良い日を作る、ということです。

 

チートデイを取り入れることによってめちゃくちゃ食べた日と次の日あたりは少し体重が増えますが、数日で元に戻りその後はまた減り始めるんですね。

 

チートデイをしない食事制限をずっと行うと停滞期が長らく続いて痩せにくくなります。

少ないエネルギー源でも動けるように代謝が下がってしまうんですね。

 

人間には今の状態に慣れようとする機能があります。

ホメオスタシスっていったりするんですね。

 

食事制限で毎日摂取カロリーが少ない状態だとその状態でもしっかり動けるように省エネな体になっちゃいます。

 

災害などで食事がとれないときにはとても役に立つことなんですが、今いつでもなんでも食べられるようなときでダイエットをしたい場合にはとても邪魔な機能です。汗

 

今までは2000kcalはないとうまく使えなかった体が1500kcalでも大丈夫になってしまうんですね。

 

これではせっかく我慢して辛い思いで食事制限をしているのになんの意味もないですよね?

そうならないためにチートデイを取り入れるんです。

 

チートデイに設定した日は基本的に何を食べても良いです。

 

ケーキもありです。

自分が食べたいものを食べたらいいですができれば健康的な内容がいいと思います。

 

あまりに普段とかけ離れた食事内容にしてしまうと次の日から節制がむずかしくなってしまいますからね。汗

焼きにく食べ放題とかいったりしますけど。笑

 

 

 

チートデイを行う頻度

 

 

チートデイにはだいたい行うまでの周期があります。

ではどれくらいでチートデイを取り入れるのか?

 

これは体脂肪率によって変わってきます。

 

 

 

体脂肪率25%以上の場合

 

 

基本的にチートデイは必要ありません。

しっかりと節制して体脂肪率を減らしていきましょう。

 

たぶんこの時期は食べ過ぎでがんがん太っていってしまっていると思います。

 

今現在太っていっている人はまず体重が増えないぐらいまで食事量を減らしていきましょう。

 

それでもまだ食べ過ぎだとは思いますが少しずつ慣らしていくのが良いです。

体重が増えなくなってきたら今度は体重が減るぐらいの量まで食事制限していきます。

 

まずは体脂肪率20%を目指しましょう。

 

 

 

体脂肪率20%前後の場合

 

 

多くて2週間に一度、もしくはなくてもいいです。

 

まだ全然体脂肪を減らしていける時期なので今どれくらいストレスが溜まっているか?などを考えて取り入れるか決めましょう。

 

チートデイにはストレス解消の効果もあります。

なくてもいいってことですがもし取り入れた場合はしっかりとチートしましょう。

 

ケーキ一個だけ増やす、とかはなしです。

 

半端にチートデイを行うと結局あまりしっかりとカロリーを摂れないので体は省エネ状態のままです。

それだと無駄なカロリーをとっただけになってしまうのでやらない方がましになってしまいます。

 

がっつりと食べて一時的とはいえ体重が増えるのは怖いと思いますが停滞期がこないようにするためなので取り入れてみましょう。

 

 

 

体脂肪率15%前後の場合

 

 

このあたりから本格的にチートデイを取り入れていきます。

だいたい10日に一回ぐらいですね。

 

しっかりとチートデイを停滞期がないか短期間で終わって痩せていくことができます。

 

 

 

体脂肪率が10%前後の場合

 

1週間に一回程度のチートをします。

 

ただ痩せたい人の場合ここまで体脂肪率が減る人はあまりいないと思いますが。笑

食事制限はストレスがめちゃくちゃたまると思うのでうまくストレス解消もしていきましょう。

 

 

ストレスで太る!?ダイエット中の6つのストレス解消法

 

 

こんな感じでチートをしていきます。

 

チートデイを行うことで身体的、精神的にかなり辛さがましになると思います。

もし今停滞期の人やこれからダイエットを頑張ってみようかと思っている人は参考にしてみてください。

 

 

 

 

チートデイ翌日の誘惑に気を付けて!

 

 

チートデイでは好きなものを好きなだけ食べてもいいと言いました。

もちろんOKです。

 

ですがその日が終わったら次の日はしっかりといつものダイエット用の食事に戻しましょう。

ここで二日連続がっつり食べればそれはチートデイではなく単なる食べ過ぎ。

 

翌日に食べ過ぎないようにするためには「チートデイで砂糖を摂りすぎない」ことです。

チートデイは基本的に何を食べてもいいんですが翌日のことを考えると砂糖は減らしたいです。

 

砂糖の依存症ってなかなか強くて一度食べると我慢するのが難しくなります。

お菓子を食べた次の日ってめちゃくちゃお腹すくんですよ。

 

そこでついついまたお菓子を食べちゃうと。

これで太っていくわけです。汗

 

なのでできれば砂糖が入っているものは避けるか少量にしておきましょう。

 

 

 

 

食事内容はどうすればいい?

 

 

食事内容はなんでもOKです。

ですがダイエットが成功しやすくなる方法と言うのはあります。

 

 

砂糖は少なめにする

 

 

さっきも言ったように砂糖を摂ると次の日もかなり空腹感に悩まされることになります。

ここに注意するだけでも結構違ってくるのでできれば意識していきましょう。

 

 

栄養バランスを整える

 

 

ダイエット中は栄養バランスが崩れたり不足したりしがちです。

なのでせめてチートデイだけでもしっかりと栄養を摂っておきましょう。

 

栄養バランスを整えることでダイエットだけでなく肌や気持ちにも影響が出てくるので栄養補給大切ですね!

 

 

中途半端なチートデイならやらない方がいい

 

さっきも言ったように中途半端なチートデイは絶対にやめましょう。

 

チートデイを取り入れることに慣れるまでは「本当に今日1日はたくさん食べてもいいの?」と思ってしまうことがあります。

結果ダイエット中の食事にしては多いけど十分な栄養素を摂れるぐらいは食べないというような中途半端なチートデイになってしまうようならチートデイを行わないようにしましょう。

 

チートデイは栄養素を時々しっかり摂って身体に「今は省エネモードにならなくても大丈夫」と勘違いさせつつ、ストレスの解消もする方法です。

時々食べてもいいと思えば後の食事制限も頑張れますよね。

 

慣れてきたらその日はしっかり罪悪感なく食べられようになるんですが慣れるまでは意識的に多めに食べるといいですね。

 

 

 

停滞期に入らなくてもチートデイは使ってもいい

 

 

 

チートデイは停滞期に入る前に使うことで停滞期を経験することなくダイエットを進めていくことができます。

でも停滞期に入るまでは食べ過ぎかどうかもわかりにくいので停滞期に入ってからチートデイを入れるというのもひとつの基準となるでしょう。

 

チートデイの使い方に慣れてきてから停滞期対策に使うといいですね♪

 

 

 

 

まとめ

 

 

チートに慣れるまで、特に初めてやるときは怖いと思いますが大丈夫です。

しっかり食べましょう!

 

そうすることで停滞期なく痩せていくことができるので問題ありません。

 

 

停滞期を脱出したい方は「ダイエットしたら停滞期きた!すぐさま脱出する方法は?」を合わせて読んでみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット