ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

夜眠れない人必見!寝付けない8つの原因

   

 

 

 

夜寝たいのに全然寝れないってありますよね。

夜眠れない原因って寝る直前だけにあるわけではないですよね。

 

朝起きたときから一日過ごしてる中に夜眠れなくなってしまう原因は色々あるんですね。

 

今回は夜眠れない原因について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

夜眠れない原因

 

眠れない原因は色々あります。

まずは寝られない理由を知りましょう。

 

 

眠れない時の9つの対処法!毎日スッキリ寝るために

 

 

 

朝起きる時間が遅い

 

 

朝起きる時間が遅いとその分夜寝るまでの時間が短くなってしまい寝付けないということはあります。

毎日朝10時に起きて夜は24時に寝てるという規則的な場合は別ですが、平日は毎日仕事で6時に起きてるのに休日だけゆっくりできるから10時まで寝てるとなると夜寝られないでしょう。

 

休日は特に体を動かすことがすくなく疲れにくいから余計ですね。

 

休日でも朝の起床時間はできるだけ変えないことで夜もスッキリ寝ることができます。

休みなんだから少しは長く寝たいという場合は1時間程度の寝坊にしときましょう。

 

それでも寝足りない場合は前日の夜早く寝るといいですよ♪

 

 

 

 

運動不足

 

 

デスクワークの人や受験生にありがちですが運動不足で体が疲れていないことも夜眠れない原因です。

朝から夜まで受験勉強して精神的にはめちゃくちゃ疲れてるのになぜか寝れないってことありませんか?

 

仕事でも同じですが座ってるだけじゃ肉体は全然疲労がたまっていません。

精神が疲れてるからものすごく体もだるいけど実はまだ体元気なんですね。

 

ある程度体も疲れてないとなかなか寝付けなくなってしまうので毎日少しずつ運動をしてみましょう。

忙しすぎて時間がない人はトイレを一階上に行くとか電車では立つとか座ったままできるトレーニングしてみるとか、隙間時間でできる運動が色々あります。

 

毎日合計20分も運動すれば少しずつ睡眠を改善できますよ。

 

 

 

 

夕食

 

 

寝る直前とかに食事してませんか?

夕食を食べ終わってすぐはお腹いっぱいで横になったら圧迫感すごいですよね。

 

できるだけ夕食は寝る3時間前に済ませましょう。

といっても帰ってきたらもう23時過ぎてるとかの人もいると思うので帰ってきたら夕食を食べて、その後にお風呂や明日の準備、ストレッチとかしてベッドに入るだけでも少し時間が空くので寝やすくなります。

 

毎日テレビを観る場合も先に夕食済ませてゆっくり観るといいですね♪

 

 

 

 

寝る前にカフェインをとっている

 

 

寝る1,2時間前にコーヒーとか緑茶などのカフェインの入ったものを飲んでいませんか?

カフェインには覚醒作用があります。

 

日中コーヒーを飲むことで眠気を覚ましたり集中力上げたりしますが、寝る前に眠気覚ましちゃったら眠れないですよね。

人によってカフェインの作用がどの程度効果出るか差があるので、カフェインの効果がしっかり出る人は特に夕方以降のカフェインは控えましょう!

 

 

 

 

朝日を浴びない

 

 

朝日を浴びることで人間は体内時計をリセットしているそうです。

体内時計は25時間と言われていて毎日1時間狂っていくのを調整してるんですね。

 

ですが朝日を浴びない生活をしていると少しずつ体内時計がずれてきて朝になってもめちゃくちゃ眠い状態になってしまいます。

体内時計がずれて外は朝でも体はまだ夜のつもりなんですね。汗

 

なので起きたらまずは朝日を浴びましょう。

わざわざ浴びる時間はないと思うので朝食を窓際で摂るとかできるならベランダで食事すると気持ちよくていいですね♪

 

 

 

 

生活習慣が乱れている

 

 

生活習慣の乱れによって夜寝れないということも多いです。

特に学生の長期休暇で多いことですが毎日休みだと何時に寝て何時に起きてもいいから夜更かしするんですよね。

 

でも学校始まったらまた朝には起きないといけない。

けど起きれない。

 

睡眠は運動や栄養も関係しているので最近運動不足じゃないか?栄養バランス偏ってないか?も考えてみましょう。

 

 

 

 

寝る直前まで光を浴びている

 

 

スマホやパソコンは睡眠の質を悪くします。

寝る前までテレビをみてたりパソコン見てたらなかなか寝付けなくなってしまうんですね。

 

夜ベッドにまでスマホを持ち込まずに寝る前は深呼吸したりストレッチした副交感神経を働かせて眠りやすくしていきましょう。

 

 

 

 

環境の変化

 

 

4月になって新しい会社や学校に行ったり今までと違う環境の場所にいくと緊張とか色々と慣れないことが多くなります。

夜寝る時になっても交感神経が働き過ぎの状態で眠れなくなってしまうんですね。

 

環境の変化は仕方のないことなのである程度我慢しなくてはならないです。

ですが過度の緊張をほぐしたり、自分の部屋を住みやすくするとか対策はあるので少しでも環境の変化に対応していきましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

夜眠れないのはダイエットにとって大敵です。

睡眠不足で疲れがとれなかったら運動もしなくなくなるし、成長ホルモンの分泌が乱れて脂肪を燃やしにくくなったりします。

 

原因がわからないときはひとつづつ色々試してみましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 - 睡眠