「体が冷える 」を解消したい!冷え性の原因と5つの改善方法

冷え性で悩んでいる人は多いですよね。

特に女性が多いと思います。

冷え性って全身だったり指先だけだったりと症状に個人差はありますが、部分的にめちゃくちゃ冷たくなっています。

冬で暖房つけてるから部屋はめちゃくちゃ暖かいのに、手と足の先だけめちゃくちゃ冷たいとか。

その症状だけでも辛い冷え性ですが、実は冷え性の人はダイエットも成功しにくいんです。

大変なことですよね!?

痩せるのはいろいろ我慢をしないといけないのに痩せにくいとか嫌です。汗

なので食事制限も冷え性の人に比べると厳しめにしないと同じような効果を得ることができません。

今回は冷え性の原因と解消法について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

体の冷えで痩せにくくなる理由

血行不良

冷え性になるとその部分がめちゃくちゃ冷たいですよね。

これは血液が上手く流れていないからです。

川とか見てみるとわかるんですが、川の端っこの方でなんかドロドローっとしたヘドロになってしまってるところがあります。

この部分と同じことが冷え性の体では起きているんですね。

うまく血液に乗せて老廃物を流せないし、新鮮な栄養素や酸素を運んでくることもできない状態です。汗

ということはその分全身に血液が回りにくくなるので、老廃物の回収ができなくなるし、脂肪もうまく運べません。

体温の低下

末端冷え性の部分的な冷えの場合、体温を全身くまなく同じにできないから冷えるんです。

体の深部を温めるのが優先されるんですが、自分の体では深部を温めることしかできず指先まで熱を届けることができないんですね。

基礎代謝が下がるということはそれだけ体温が下がっているということです。

1度体温が下がると基礎代謝は12%下がると言われているのでできるだけ下げたくないところ。

たとえば基礎代謝が1100kcalの人の場合12%下がると968kcalになります。

やばいですよね!?

1000kcalを切っちゃうんですよ!

そりゃ痩せにくいよ。汗って感じです。

ただ基礎代謝は自分で努力すれば上げられるので試してみてください

基礎代謝を上げて痩せる!6つの方法とその効果

冷え性の原因

食生活の乱れ

食生活が乱れることで栄養バランスが乱れます。

ポテチとかばっかり食べててメインの夕食が食べられない、とかだったら当然ですよね?

お菓子食べても夕食ちゃんと食べてるし!って場合も注意が必要です。

お菓子は砂糖など糖質がめちゃくちゃ多いんですね。

砂糖は体を冷やす作用もあって冷え性を改善したいときにはまずやめたいものです。

今ではたいていの加工食品に砂糖が含まれているので完全にやめるのは難しいですがお菓子など間食をやめることはできますよね?

また野菜を食べなければ食物繊維が足りなかったり、ビタミン、ミネラル類も不足してきます。

ビタミンにはエネルギーを使うために必要なものもあって足りていないと熱を作ることもできなくなってしまうんですね。

熱が足りなければ当然体の先に行くほど体温が届かなくなってしまいます。

運動不足

運動不足で冷えているという人も多いですね。

運動をしていないと必要のない筋肉がどんどん落ちてやせ細っていきます。

最近はデスクワークが多くなっていて1日中座っている言う人が多いので運動不足の人は多いんじゃないでしょうか?

筋肉が少なくなると体温は下がります。

体の熱の4割を筋肉が作っていると言われていて筋肉量が少ない人の方が体温は低くなってしまうんですね。

運動自体やっている最中は体が熱くなりますよね。

こういった一時的な体温の上昇も大切です。

ストレス

ストレスが溜まりすぎると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れることで体温調整が上手くいかなくなってしまうので冷え性になってしまうんですね。

現代ではストレスの原因がたくさんありすぎてすぐに自律神経のバランスが崩れてしまいます。

うまくストレスと付き合って解消していきましょう。

ストレスがたまってやばい!13の解消法

冷え性改善方法

運動する

運動することで体温が一時的ですがあがります。

それだとほとんど効果はないのですが継続して運動していくことで血行が良くなるのと筋肉がついていくことでだんだん冷え性が改善していきます。

運動不足が原因で冷え性の人は運動を普段の生活に取り入れていくのはめんどうだとかしんどいと言う場合が多いと思うので生活中の今している行動に足していく「ながら運動」がオススメです。

ながら運動は運動にわざわざ時間を使うことがないので時間がないという忙しい人でもできますしもう習慣になっている行動に運動を足していくだけなのでとても便利な運動方法です。

歯磨きをしている間にかかと上げ下げをするだけでも運動になります。

運動習慣がない人は少しずつながら運動から習慣をつけていきましょう。

筋肉量は下半身の方が多いので足を使う運動をするようにするといいですね♪

食べるものに気をつける

食べ物には体を温めるものと冷やすものがあるのは普段食べていてわかっていると思います。

冷え性の人はこの陽性の食べ物陰性の食べ物に気をつかってみましょう。

僕の場合はコーヒーやナッツが大好きなので陰性の食べ物を摂っている量がかなり多いと思います。

なので意識して陽性の食べ物を食べることで冷え性が改善されます。

水分を摂りすぎない

ダイエットなどをすると水分はしっかりととるようにと書かれていることが多いですよね。

でもこのしっかりと水分を摂るときの量は人によって違うので自分に合っている量にしましょう。

1日に飲む水分量は体重1kgあたり20~30mlだそうです。

たとえば体重は50kgの場合は50×30=1500mlとなります。

もっと身体が大きい人は水の量が増えますし、小さい人はもう少し少なくても大丈夫です。

半身浴をする

半身浴をすることで全身が温まり血行がよくなります。

半身浴をするときは20分は入っていないと温まってこないのでゆっくりと入りましょう。

また冬場の寒い時期の半身浴は肩にタオルなどを乗せておくとよいです。

何も乗せないとむしろ寒くなってくるんですね。

20分以上の半身浴となると長く感じますが、読書やマッサージ、スマホで調べものをしているとあっという間に過ぎますよ♪

半身浴はダイエットに効果的?6つのメリット

湯船につかる

半身浴をするためには湯船につからないといけませんね。

それだけでなく毎日シャワーだけですませていると血行が悪くなってしまいます。

どれだけ忙しくてもしっかり湯船につかるようにしましょう。

湯船は37℃程度であるすぎない温度がちょうど良いです。

シャワーで済ませるのと湯船につかるのとでは疲れのとれ具合が全然違ってくるのでオススメですよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人によって足りていないことが違うと思うので色々試してみてみましょう。

冷え性は辛いですよね。

でもそんな冷え性自体自分の生活習慣が原因でなってしまっているかもしれないなって思うことが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする