ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

砂糖禁止の効果は?おやつをやめることで得られる6つの効果

   

 

 

砂糖は普段食べている加工食品の中にはたいてい含まれています。

加工されたハムとかにも砂糖が含まれているんですよ。

 

なのでなかなか完全に砂糖を抜くのは難しいです。汗

 

チョコレートやケーキみたいな甘いものにはもっとたくさんの砂糖が含まれていますよね。

ダイエット中は甘いものは厳禁と言ってもいいレベルです。

 

実はこの砂糖、体には本当に良くないんですよ。

体調不良の原因は砂糖のせいじゃないか?って思うぐらいです。汗

 

ダイエット以外にも砂糖ってよくないんですね。

今回は砂糖を禁止することで得られる効果について書いていきたいと思います。

 

 

砂糖禁止で得られる効果

 

糖化を防ぐ

 

砂糖だけでなくGI値の高い食べ物の食べ過ぎは体の糖化を進めてしまいます。

糖化とは一種の老化ですね。

 

砂糖をとることで体内でタンパク質と結びつきどんどん糖化していってしまいます。

糖化したタンパク質が多くなればタンパク質は身体の元になってますし老化していきます。

 

糖化が老化の原因になるということは病気になってしまう可能性も高まってしまうので気を付けていきましょう。

 

 

糖化は老化の原因に?やっておきたい4つの対策

 

 

 

冷え性改善

 

 

砂糖の摂りすぎは体を冷やします。

白砂糖など精製されたものはGI値がめちゃくちゃ高いんですね。

 

GI値については以前書きましたがGI値の高い食品を摂ると食後いっきに血糖値が下がるタイミングがあります。

その時に血糖値といっしょに体温も下がってしまうんですね。汗

 

体温が下がることで眠気も起きやすくなるので特に昼食や夕方に砂糖の多いものを食べるのは避けていきたいところです。

 

食事ごとに体温が下がる生活を繰り返していると冷え性になります。

コーヒーにめちゃくちゃ砂糖入れたりしていませんか?

 

ついつい多く砂糖を入れてしまいがちな人は少し量を減らしてみましょう。

もしくははちみつに代えてみるとかすると結構違ってきますよ♪

 

 

体の冷えはダイエットの大敵!?冷え性の原因と5つの対処法

 

 

太りにくくなる

 

 

当然ですが砂糖をやめると太りにくくなります。

炭水化物である砂糖はタンパク質と脂質が多い肉よりも太りやすいです。

 

原因はGI値が高くなるということと体が冷えやすくなるということ。

また量が少ないのでつい使いすぎることってのもあると思います。

 

実際少しずつ太っていっている状態の時に炭水化物の量が多いものをとらないようにするだけで体重の増加はかなり抑えられますし痩せることもできます。

糖質制限ダイエットなんてその代表格ですよね。

 

 

 

肌荒れが改善される

 

 

糖分を摂りすぎると糖化が起こるということをさっき言いました。

糖化では肌が荒れたりたるんだりということも起こるんですね。

 

ニキビができたりかさかさになったりということも多くなります。

最近肌荒れてんなーって思ってるあなた、砂糖の多いもの食べてませんか?

 

確かに経験上菓子パンを食べたりおやつにケーキやお菓子を食べたりした日が続くとニキビが出てきます。

何も考えてなかった高校生の時とか毎日ジュースにお菓子やアイス食べてましたがニキビがない日の方が珍しいぐらいでしたね。汗

 

まあ高校の時期は思春期なので大人になってからとは違う原因もあると思いますが。

 

砂糖を完全じゃなくてもできるだけ少なくすることで肌荒れは改善されてきます。

全くとらないってのはめちゃくちゃ難しいですけどコンビニでジュースやお菓子を買わないようにしたりするだけで全然違ってきますよ♪

 

節約にもなりますし。笑

 

 

眠気がましになる

 

 

睡眠不足でも眠気がこないとかそんなすごい話ではないです。笑

 

ただ昼食後ってめちゃくちゃ眠いですよね。

 

あれは炭水化物が多い食事をすることで眠気が出てくるんですが砂糖がたくさん入ったものを食べることでも同じことがおこります。

3時ぐらいにおやつ食べた後眠くなってそのまま寝ちゃった。という経験はありませんか?

 

砂糖を禁止するとこういったことが起きなくなるので1日の生産性がとくに昼以降全然違ってきます。

 

今まで食後は眠すぎてなにもできなかったという人は砂糖や炭水化物の多いものを減らしてみてください。

めちゃくちゃ効果ありますよ!

 

眠気がましになることで午後の集中力も全然違ってくるので勉強や仕事の効率も段違いに良くなってきます♪

 

 

 

むくみが改善される

 

砂糖を摂りすぎているとむくみの原因になってしまいます。

 

むくむのは水分が多すぎてたまっているからなのですが、糖質を取り込むときに3倍以上の水分をいっしょに取り込んでしまうんですね。

3倍ですよ?

 

かなりの量なわけです。

そりゃむくんで当たり前だわって思いませんか?

 

砂糖が入った食べ物や飲み物を減らすことで糖質が体の中から減っていきます。

そのときに水分量も一緒に減っていくんですね。

 

むくみがひどい、太ったという場合は水分が必要以上に体にあるからかもしれません。

適量にまで水分を減らすことができればむくみも改善しますし、見た目は元に戻りますよ♪

 

変にダイエットを始める前に砂糖などの摂りすぎじゃないか考えてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

砂糖の害は思った以上に大きいです。

 

でも完全にやめるというのはめちゃくちゃ難しいですよね。

まずは一週間お菓子などのジャンクフードをやめることから始めてみましょう!

 

一週間でもかなり違いがあるとわかりますよ♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 健康