有酸素運動は毎日やってはいけない!?頻度はどれくらいの方がいいの?

以前もダイエットといえば有酸素運動という記事を書きました。

有酸素運動は靴と服さえあれば始められるのでめちゃくちゃやりやすく始めやすい運動です。

有酸素運動を始めるにはまずやり方を!10の方法をまとめてみました。

普段何も考えずに仕事や通学通勤でで歩いていたり自転車を漕いでいるのも有酸素運動になるんですね。

じゃあ毎日運動してるのに全然痩せないしダイエットに有酸素運動をとりいれる場合はどんだけやったらいいの?ってなる人もいるでしょう。

今回は有酸素運動は週に何回ほど行えばいいのか?という頻度についてかいていきたいと思います。

スポンサードリンク

有酸素運動は毎日やってはいけない!?

有酸素運動始めたのはいいけど毎日なんてできない、と思っている人も多いと思います。

でも大丈夫!

有酸素運動は毎日しなくてもいいんですね。

むしろ運動の強度によっては毎日しては効果があるどころかむしろマイナスになってしまう可能性もあります。

ではどうすればやりすぎかわかるのか?

やりすぎている場合はオーバーワークの状態なのでオーバーワークの症状がでています。

オーバーワークの症状

  • 食欲不振
  • 疲労がとれない
  • 睡眠が浅い
  • なんかずっとだるい
  • ちゃんと食べてるのに体重がどんどん減っている

こんな症状がある場合はオーバーワーク、頑張りすぎです。

ダイエットをしていて体重が減るのは嬉しいことだと思いますがオーバーワークで体重が減っているときは筋肉が落ちている可能性が高くなっています。

筋肉が減っていると同時に基礎代謝も下がってしまうのでリバウンドの可能性が高くなってしまうので気をつけましょう。

オーバーワークなぐらい頑張って運動で痩せている人は、運動をやめてしまうと前みたい体型に戻ってしまうんじゃないか?という怖さのせいで運動しすぎていることが多いです。

ですがそれで体調を崩してしまったりケガの原因になってしまうこともあるので気を付けましょう。汗

一度痩せてからは前みたいに食べ過ぎて毎日ダラダラと運動をしない状態にならなければ多少運動の頻度を減らした程度では太りません。

では有酸素運動はどの程度の頻度で行えば良いのでしょうか?

頻度

ジョギングなどの有酸素運動は週に3~5日程度がちょうどいい量になります。

と言っても頻度は自分がしようと思っている運動の強度によって変える必要がありますね。

筋トレと同時に行っている場合や1回のジョギング距離がめちゃくちゃ長い場合は、オーバーワークにならないように自分の疲労度と相談して有酸素運動の量と頻度を変えるようにしていきましょう。

オーバーワークになっている場合は少し有酸素運動か筋トレの頻度を下げてしっかりと疲労回復できるようにしていくと良いですね。

有酸素運動だけしかしていなくてウォーキングなどの軽い運動であれば週6日歩いて大丈夫です。

しかしランニングのように少し強度が高いものの場合は2日に一回程度にしておき疲労回復を優先します。

週6日以上は走らない

どれだけ多くても週5日にしましょう。

週6日以上頑張っても効果が労力に比べて圧倒的に下がってしまうんですよ。

ランニングは思っている以上に下半身、特に膝への負担が大きいです。

走っていて足が着地するときは自分の体重の3倍ほどの力がかかっているそうです。

週6日以上走ると疲労や身体の回復が追いつかなくなり怪我のリスクは跳ね上がるのに、成果はあまり出ないとなるとリスクが高いですよね。

怪我をしてしまうと治るまで何もできなくなってしまうのでそれだったら少し頻度は下げて無理のない範囲で頑張るようにした方がいいしょう。

有酸素運動は心拍数次第で効果が変わる

最大心拍数の

  • 40~50%→疲労回復
  • 50~70%→脂肪燃焼
  • 70~80%→心肺機能アップ

このように少しずつ違った効果があるのでダイエットをしたい場合だったら最大心拍数の50%程度で運動してみましょう。

強度が低すぎるとエネルギーを使う量が減るため効率よく脂肪燃焼できなくなりますし、きつすぎるとエネルギー源として糖質が優先されるようになり脂肪は後回しになってしまうため脂肪を減らすことを考えると微妙なんですよ。汗

と言ってもやはりダイエットの場合は消費カロリー>摂取カロリーが達成できれば痩せます。

朝に走るならBCAAを摂ってからにしよう

朝起きて朝食前にジョギングをすることで飢餓状態のため効率よく脂肪分解できると言われています。

しかしこれを信じて走りこんでしまうと筋肉もどんどん分解されてガリガリになってしまうんですね。

男性でも女性でも程よく筋肉が付いていた方が魅力的ですよね。

脂肪を分解しつつ筋肉の分解をできる限り減らした状態でトレーニングできるように寝起きに水と一緒にBCAAというアミノ酸を摂取してみましょう。

まとめ

今までほとんど運動をしていなかった人が急に週5日とか走ったりすると体への負担が大きすぎてケガの原因になってしまいます。

最初はウォーキングから初めて身体を慣らして少しずつジョギングやランニングをはじめていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする