ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

有酸素運動と脂肪燃焼の関係で知っておきたい5つのこと

   

 

 

痩せたいけど有酸素運動と無酸素運動どっちをすればいいかわからない。

ウォーキングって本当に痩せるの?って疑問に思ってる人も多いと思います。

 

だって周りで毎日歩いてるのに太ってる人いますよね。汗

もちろんその人の食生活が良くない場合も多いのでウォーキングだけのせいにはできませんが。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼させるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は有酸素運動と脂肪燃焼について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

有酸素運動で脂肪燃焼するには

 

 

ウォーキングの消費カロリーは大したことない

 

 

ウォーキングを体重50kgの人が早足で1時間行った場合260kcal消費します。

 

結構消費してるやん!って思いますか?

ですが1時間毎日歩ける人ってそこまで多くないですよね。

 

頑張って30分とかだと思います。

30分だと130kcalなのでちょっとカフェラテとか言って一本飲んだらもうチャラ。汗

 

ウォーキングって実はそんなぐらいでやらないよりは全然いいけど、劇的なダイエット効果はないんですね。

ただし運動初心者などにはちょうどいい運動になりますよ♪

慣れてきたら徐々に運動量を増やしていくといいですね!

 

 

 

ウォーキングってどんな効果あるの?オススメする理由と5つの効果

 

 

 

ジョギングはかなり消費カロリーがあがる

 

 

ジョギングの場合結構消費カロリーは多くなります。

 

ジョギングの場合は体重(kg)×走った距離(km)が消費カロリーになります。

 

50kgの人が10km走れば500kcalですね。

結構消費カロリー増えました。

 

ただ問題は10km走れるか?ってところだと思います。

運動不足の人や体重がかなり重い人はいきなり10kmも走ったら下半身痛めて運動できなくなる可能性もあります。

 

そうなったら意味ないですよね。汗

ですがジョギングの方が消費カロリーは多いのでどちらをしようかな?と悩んだときはジョギングでいいでしょう!

 

健康になりたい場合はウォーキングで充分です♪

 

 

 

 

有酸素運動をする前に筋トレをする

 

 

ジョギングに行く前に筋トレをしてみましょう。

筋トレと言えばスクワットとか腕立てとかですね。

 

筋トレは有酸素運動に比べて短時間でカロリーを消費できます。

そのかわり思いっきり筋肉を使うので長時間はできないんですね。

 

じゃあ最初の短時間を使って筋トレでカロリーを消費していくといいんですね。

運動を始めて最初の方はあまり脂肪燃焼の効率が良くないです。

 

始めに筋トレをして余分に摂りすぎている糖質をエネルギーをして使います。

20分程度筋トレをしてからジョギングに出ていくと始めてすぐから効率よく脂肪を燃やしてエネルギーにしてくてるんですね♪

 

ジョギングだけの場合よりきつくはなりますが、効率よくダイエットができるし走るだけではあまりつかない筋肉を鍛えることができます。

筋肉も鍛えることで綺麗な身体に痩せていくことができるんですね♪

 

 

 

筋トレにはメリットがたくさん!筋トレの良い点7つ

 

 

 

 

筋トレと有酸素両方するデメリット

 

 

やっぱり時間がある程度必要になってきますよね。汗

筋トレ20分有酸素20分でも40分は必要になってきます。

 

 

 

 

オススメの運動は?

 

 

やっぱり個人的にはダイエットをしたい場合筋トレからの有酸素運動をオススメします♪

理由はさっきも言ったように効率よく脂肪を燃やしつつ、筋肉もある程度つけることができるからですね。

 

ジョギングをする場合少し早めの速度で走るとさらに効率よく脂肪燃焼できますよ!

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

筋トレと有酸素運動を組み合わせることで効率的にダイエットできると言いました。

ですが「そんな時間ないからやっぱ運動しない」という選択は避けたいですね。

 

運動開始直後から脂肪もある程度は燃焼していっているので運動しないよりは圧倒的に痩せやすい状態になりますよ♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 有酸素運動