ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

腹式呼吸はめちゃくちゃいい!4つの生活を良くする効果

   

 

 

腹式呼吸はいいってよく言われますよね。

 

スポーツ選手が腹式呼吸をできるようにならないといけないって聞いたりしたことあると思います。

実はこの腹式呼吸スポーツをしている人だけじゃなくてもっと様々な場面で使うことができるんですね。

 

腹式呼吸を身に付ければリラックスできて今までだったら緊張で失敗ばっかりしていたような場面でも落ち着いて対処できるようになっていきますよ♪

 

今回は腹式呼吸の効果について書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

腹式呼吸とは

 

 

普段の呼吸では呼吸が浅くなりがちです。

意識してないからわからないんですが何かに集中したときとかは特に呼吸が浅くなりやすいんですね。

 

勉強してるとかゲームに集中してる場合はかなり浅くなってるでしょう。

 

 

 

呼吸が浅いのは良くないのか?

 

 

普段の呼吸は胸式呼吸と言われるもので交感神経が働きやすくなる呼吸法です。

この呼吸法だとリラックスしたくても交感神経がどんどん働いちゃってリラックスできないんですね。

 

夜寝る前とかリラックスできないと質のいい睡眠をとることが出来なくて次の日に疲れを持ち越してしまいますし、試合や資格試験だとうまく自分の実力を引き出せなくなってしまいます。

 

いやですよね?

本当は合格できる実力あるのに緊張で落ちてしまったなんて。

 

こういうときに役に立つのが腹式呼吸です♪

腹式で深呼吸を行うことで副交感神経の働きを良くしてリラックスできます。

 

 

 

 

腹式呼吸の効果

 

 

  • ストレスを減らす
  • 酸素が行き渡りやすくなる
  • ダイエット効果
  • 声量が増す

 

 

 

ストレスを減らす

 

 

腹式呼吸では副交感神経の働きが良くなります。

続けているとリラックスできるのでストレスを減らすことができるんですね。

 

逆に交感神経が働きっぱなしだと常に緊張していることになるので全然リラックスできません。

ずっと緊張してたらストレスも溜まりますよね?

 

そうならないようにしてくれるのが腹式呼吸なんです。

 

 

 

 

酸素が行き渡りやすくなる

 

 

普段呼吸は浅くなりがちです。

 

ということは当然酸素が体の中に少ない状態だということなんですね。

体内の酸素が少なくなると様々な問題が起きてきます。

 

まず酸素がないと脳は働いてくれません。

勉強でも仕事でもしっかりと頭が働かないと集中してこなすことはできないですよね。

 

なんかぼーっとするなーって時は酸素が足りていないのかもしれません。

腹式で深呼吸してみましょう。

 

 

 

 

ダイエット効果

 

 

酸素不足だとダイエットにも影響があります。

ダイエットって体から脂肪を減らそうってことですよね?

 

脂肪を燃焼させるには酸素が必要なんですよ!

なので酸素がないと脂肪を燃やすことはできません。

 

もちろん脂肪燃焼が0になることはないですが脂肪を燃やせる量が少なくなってしまいます。

 

 

 

 

声量が増す

 

 

腹式呼吸ができるようになれば声量が増してきます。

 

歌手になるとか歌が上手くなりたいという人は腹式呼吸ができないとダメだってテレビで言われてたりしますよね。

僕も一時期カラオケでもっとうまく歌いたいなーと思って検索してたら出てきたりもしました。笑

 

 

腹式呼吸を練習しているとずっと同じ量の息を出すことができるようになります。

逆に胸式呼吸だと一瞬で酸素を全部出してしまうんですね。

 

喋るときやカラオケえ歌う場合だと一瞬で全部出しちゃったらダメです。

カラオケで声はったら途中で息切れするみたいな感じですね。

 

吐き出す息の量を一定にできるようになれば通りやすい声になるので声量が増すんですね。

単に今より大きな声を出そうとおもったら肺活量を鍛えないといけませんけど。汗

 

 

 

 

まとめ

 

 

腹式呼吸はリラックスしたいときに出来るといいので緊張してるときは睡眠前に取り入れるといいです。

睡眠前とかじゃなくても常に神経を緊張させているとめちゃくちゃ疲れるので20分に一回など短期間に休憩を入れて毎回軽く腹式呼吸してみるとかでも毎日の疲れが全然違ってくるし脳の働きも良くなって効率も上がるので便利ですよ♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - ダイエット