ダイエット成功へのらしんばん

ダイエットについて運動、栄養、睡眠をメインに書いています。ダイエット方法など自分の経験も入れながら書いているので良かったら読んでください。

ダイエット中の食事制限は絶対じゃない!?食べないか決める4つの決め手

   

 

 

ダイエットと言えばまずは食事制限という人が多い中、食事制限って絶対にやらないといけないのかな?という疑問もあります。

 

食事制限って辛いですもんね。

そもそも太ってしまった原因は食べるのが好きだから、という人も多いはずです。

 

できれば食事制限はしたくない。

今回は食事制限はしないといけないのか?について書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

食事制限は必要か?

 

 

食事制限をしなければいけないかどうか?という疑問については「場合による」っていうのが一番多い回答だと思います。

 

なんだよ、結局「場合による」かよって思いました?

もう少しだけ聞いてください。

 

 

食事制限が必要な場合

 

大幅なカロリーオーバー

 

 

極端なカロリーオーバーって言うのは運動習慣がないのに一日3000.4000kcalとかを平気で超えた食事を摂っている人の場合です。

 

まだ学生で部活をやってて毎日かなり激しい運動をしている男子の場合3000kcalとかでも太りませんが、20歳を越えた大人がちょっとジョギングするぐらいの運動では全然消費しきれません。

 

ここまで極端にカロリーオーバーだと運動では消費しきれないので、食事制限が必要になってきます。

ただ食事制限といっても3食の量を減らすよりも、まずは間食をなくしてみましょう。

 

4000kcalとかを摂る人は間食も多いでしょう。

一日3袋ポテチ食べてるとかありえます。

 

この袋を一週間に1袋減らせば1袋3~400kcalなので3週間後には1000kcalもカロリー摂取を抑えられるわけです。

 

 

 

 

 

極端な運動不足

 

デスクワークや受験生で机の前からほとんど動かない人は極端な運動不足の可能性があります。

こういった場合はそんなにカロリーを消費できないので少し食べ過ぎが続いただけで太ってしまいます。

 

運動不足だと筋肉が落ちてきて基礎代謝も下がってしまいますし。汗

最近全然動いてないなーという人は食事制限をして体重をキープしてみましょう。

 

ただしタンパク質は減らさないように!

オススメは脂質もすくないササミですね♪

 

 

タンパク質はダイエット中も減らしてはいけない!?不足したときは驚きの影響が!

 

 

 

食事制限が必要ない場合

 

多少のカロリーオーバー

 

 

めちゃくちゃカロリーオーバーの場合は食事制限しないと痩せられないですが、ちょっとオーバーしている程度なら運動しましょう。

運動で消費できる範囲、一日2.300kcal程度だったら問題ないです。

 

逆に必要以上の食事制限をして健康を損ねたり、筋肉量が減ったりするといいことがないので運動で健康的に痩せる方がいいですよね♪

運動が大嫌いだという人は食事制限で太らない程度まで減らすのもありですが。

 

 

 

 

 

自分は太ってると勘違いしている

 

 

最近の特に若い女性に多いですが必要以上に痩せようとしている人の場合ですね。

そんなに痩せなくて大丈夫です。

 

すでに痩せているのに更に痩せたら見た目も全然綺麗じゃないし、免疫力が落ちて病気にもなりやすいです。

元々ダイエットしようとした理由は何ですか?

 

綺麗になりたい、可愛くおしゃれしたい、とかですよね。

あまりにも痩せると自分の理想からも遠ざかってしまうのでやりすぎは厳禁です!

自分ではまだ太いと思ってても周りから「細すぎ!」って言われた辺りですでに頑張りすぎなので少し太るぐらいがちょうどいいですよ。汗

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

食事制限が必要かどうかは生活習慣や運動習慣、普段の摂取カロリーによって変わってきます。

2500kcal以上とってる場合は消費しきれない場合の方が確実に多いので少し食事制限、それ以下なら運動を始めるということでいいでしょうね♪

 

運動を始めるメリット5点!運動はダイエットに最適!?

 

特に自分が太ってると勘違いしている女性は多いです。

食事制限を始める前に周りに親とかにダイエット宣言して「痩せる必要なんかないよ」って言われたら、運動しましょう。

食事制限はいらないです。

友人だとお世辞を言ってくるので判断できないですしね。笑

 

自分の習慣がどの状態かを考えて食事制限をするか決めましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - ダイエット